**歴代のデジカメ

&aname(A200);
-KONICA MINOLTA DiMAGE A200
#ref(http://saikyo.la.coocan.jp/a200.jpg)
2005年1月購入。E5000の登場から3年。他社からは800万画素で広角28mmから200mmまでカバーする機種が続々と現れるも、Nikon製品は広角タイプ(E8400)と望遠タイプ(E8800)に別れてしまった。そんな中、話題の手ぶれ防止機能を搭載したコイツが登場。決め手はなんと他社製でありながらE5000のバッテリーが流用できること。小型軽量でバリアングル液晶モニタ搭載など、これがE8800の真の姿だったのではないかと思わせるつくり。
#clear
RIGHT:
[ 800万画素, 28-200mm, F2.8〜F3.5, 30秒バルブ ]

&aname(E5000);
-Nikon COOLPIX 5000
#ref(http://saikyo.la.coocan.jp/pc/e5000.jpg)
 2001年12月購入。下のQV-8000SXから2年たち、本格的な天体写真用にQV-3000か4000かと悩んだ結論は、Nikonの"5000"。最長5分間のバルブ、広角28mm、そして500万画素。唯一悔やまれるのは、発売日がしし座流星群に間に合わなかったこと。 
#clear
RIGHT:
[ 500万画素, 28-85mm, F2.8〜F4.8, 5分間バルブ ]

&aname(QV8000);
-CASIO QV-8000SX
#ref(http://saikyo.la.coocan.jp/pc/qv-8000sx.jpg)
 1999年9月購入。「64秒露出」「40〜320mmズーム」「1センチマクロ」「フィルタ取り付け可」…『望顕写』というコピーがぴったりな自然派デジカメ。星夜写真にはちょっと感度不足だったが、コリメート撮影に威力を発揮。131万画素。父に譲渡。 
RIGHT:
[ 131万画素, 40-320mm, F3.2〜3.5, 64秒バルブ ]