デジカメで天体写真

  • 高価な一眼レフタイプでなくても、感度を上げてシャッターを数十秒のあいだ開けっ放しにできるものであれば、デジカメを夜空に向けるだけで星座の写真が撮れます。
  • 望遠鏡をのぞくチャンスがあれば、接眼部にデジカメを押し当てて、月や惑星の拡大像を撮影することもできます。
デジカメを使うメリット :)
フィルム代、現像代がかからない。
撮ったその場で写り具合を確認できる。
デメリット :(
寒いところでは電池が早く消耗する。
暑い時期は、画像にノイズが発生しやすい。

天体写真の種類と、必要な機材・難易度

 
対象
難易度
撮影方法デジカメに求められる
性能、必要な機能
星野写真*1
(固定撮影)
カメラを三脚に固定明るいレンズ(F2前後)
長時間露光*2(15秒以上)
感度アップ(ISO*3 400以上)
星景写真
(固定撮影)
星野写真と同じ要領で、地上の風景を入れたもの
星野写真
(ガイド撮影)
★★
カメラを赤道儀*4に載せ、星の動きを追尾して撮影
月面
★★
望遠鏡の接眼レンズにカメラを押しつけて撮影(手持ちで可)特になし(シャッタースピードもオートでOK)
星雲・星団
★★★
望遠鏡の接眼レンズにカメラを固定して撮影(要赤道儀)
長時間露光(30秒以上)
明るいレンズ
デジカメアダプタ
惑星
★★★★
シャッタースピードのマニュアル設定
デジカメアダプタ

*1 「せいや」写真、と読みます。
*2 シャッターを開けっ放しにしておくことで、露出と同じ意味です。マニュアルなどでは一般的にバルブと書かれています。
*3 かつてはASAとも言いました。
*4 地球の自転による星の動き(日周運動)を追尾する架台