Index
VRMLでみる原子・分子 
VRMLでみる原子・分子 

 VRMLを使って分子のモデルを作ってみました。VRMLとは、仮想空間内においた様々な形状の物体を、近づいたり回転させたりと自由に眺められるようにするためのソフト(言語)です。

 このCGをご覧になるにはプラグインのインストールが必要です。左のメニューにある青いバナー「CORTONA」からダウンロートサイトにリンクしています。

おもな操作方法

参考文献・サイト

  1. 広内哲夫著 『Web3Dグラフィックス VRMLで創るバーチャルワールド』 ピアソン・エデュケーション
  2. VRML コンピュータグラフィックス Web3D(福岡工大情報工学部情報工学科荒屋研究室)
  3. 本間善夫、川端潤共著 『パソコンで見る 動く分子辞典』 講談社ブルーバックスB1266
  4. 理科ねっとわーく(科学技術振興機構)より、「高校生」→「化学」→「物質の構成」→「三次元画像理科教材集」
  5. 数研出版 『フォトサイエンス 化学図録』(高校生用資料集につき一般には販売されていません)