SPACEWARP

SPACEWARP

美しい白いレールの上を、銀色の小球が緩急をつけながら滑らかに転がり落ちてゆく。1983年に発売された人気商品の21年ぶりの復刻版だそうですが、私は知りませんでした。今ですら一日中眺めていても飽きないくらいですから、もし当時出会っていたらばきっとその虜になってしまっていたことでしょう。

中学3年生の理科の授業で位置エネルギーと運動エネルギーが登場するので、そのときの導入に見せたりしていますが生徒たちにも好評です。2005年8月現在、“5000”と“3500”の2種類が販売されており、ここで紹介するのは5000です。秋には“10000”が登場するという話しもあります。


全体の動き

組み立てには4時間ぐらいかかりました。夏場に汗をかきかき作り上げましたが、冬場だと部品に力を入れたときに割れてしまうこともあるようです。とりあえずコースができあがってもなかなか球はちゃんと1周してくれません。うまく巡回するようになっても数日経つとまた調整が必要になります。でもそこが楽しいのです。


2重ループ

このキットの最大の見せ場がこの2重ループです。狭いところに手を入れて何度も調整し「シャシャ」と球が2周したときは小躍りしてしまいました。


射出部と分岐部

螺旋エレベーターによって上に運ばれたボールはレールに押し出されていきます。このエレベーターの音がちょっとうるさく、ボールが転がってゆく音の邪魔をしています。できればボールが転がっている間はスイッチを切ってボールの音を楽しみたいものです。

Top