18 Sep.'98
ペットボトルロケット 
ペットボトルロケット 

左の画像は、ペットボトルロケットの発射の瞬間です。
 先日、台風4号が通り過ぎた日には、どのクラスも全体の半分近い生徒が欠席していました。その中で予定通り授業を進めるわけにもいかず、どうしようか迷っていた時に理科室の隅にあったこれが目に入ったのです。以前から、いつか時間があったらやってみたいと思っていたので、台風一過の空の下に生徒達を連れ出して、中庭で飛ばしてみることにしました。ロケット自体は選択物理の時間に生徒が作ったもののようで、これには500ml入りのコーラのペットボトルが使われています。聞くところによると、炭酸飲料のペットボトルの方が強度があるらしいです。

 では、いくつか注目していただきたい点をあげてみます。まず、発射後、発射台がロケットの反作用で後ろへパタリと倒れます。一番最後のフレームでは、発射台から3,4メートル後ろで撮影していたカメラのレンズまで、水しぶきが飛んできています(これは台風のあとの強い南風の影響もあります)。またよく見ていると、ロケットに詰めた水が全て出きってしまう瞬間に、画面中央より少し上で、最後の水が空中で小さな輪になって広がっていっているのですが、お分かりいただけるでしょうか。ロケットは水を全部噴射してしまうまでに十分な加速をつけ、そしてその勢いで飛んでゆきます。


発射の瞬間のコマ送り写真

さて、この発射台はかなり本格的なものです。ここ数年で、ペットボトルロケットは大会が開かれたりするるほどポピュラーになったこともあって、様々な装置や器具が発売されているようです。今から6,7年ほど前に、私が初めてペットボトルロケットを試してみた頃には、ゴム栓がいつ外れるか分からないまま空気を詰めるので、ゴム栓を押さえている発射担当者は発射の際に必ずびしょぬれになったものです。今は、自転車のブレーキを応用した切り離し装置があるので、数メートル離れたところから安全に発射させることができ、ロケットが飛んでゆく方向の真後ろにさえ立ってさえいなければ、まず水を被るようなことはありません。ムービーを見ていると分かりますが、ロケットは発射台の角度そのままの方向には飛び出しいっていません。発射直後に少し頭を下げ、発射台よりも後ろへかなりの水が噴射されています。最初、このことに気付かない生徒が何人か犠牲になりました。

なお、画面の両脇にある大きな木はメタセコイアです。


Top