20 Jan. '05
自己紹介 
自己紹介 

作者近影 現住所 埼玉県川越市
年 齢 '71年生まれ
職 業 教員(中学理科)
趣 味 エレクトーン、昼夜を問わず空を見ること
よく使うソフト Photoshop-E, TeraPad, FFFTP
望遠鏡 MEADE LX200-20 (20cm シュミットカセグレン)
愛 車 MAZDA ATENZA SPORT WAGON

歴代のパソコンたち

Panasonic CF-W2 "Let's note W2"
年度末の忙しい中、突然下のG4が入院してしまい途方に暮れる。今後のことを考えて…というより前からほしかった、軽量小型・長時間駆動ノート。G4の復帰後もメインマシンとして活躍中。しかし'06の冬(いつもこの時期!)に液晶が真っ暗になって2週間入院すると、液晶以外にも色々な部品が新しくなって帰ってきた。
[ Pentium M-1GHz, 40GB, 512MB, 1,024×768 ]
TOSHIBA DynaBook G4/U17PME
“軽・薄”から“重・厚”へ、またしてもダイナブック。B5を2枚並べて編集できる広大な画面とハイスペックで10年は使える!と思っていたが、'03の冬の朝、再起動しなくなって1ヶ月の入院。液晶の端からシミが出始めているが、現在は望遠鏡のコントロールやCCD画像の撮像、画像処理に使用。
[ Pentium4-1.7GHz, 40GB, 512MB, 1,600×1,200 ]
TOSHIBA DynaBook SS DS60P
3年連れ添った下のポーテジェを父に譲り、3たび東芝ダイナブック。薄型軽量ボディーにハイスペックを詰め込んだ待望のマシン。ただしバッテリーの保ちとアキュポイントの操作性は今ひとつ。父に譲渡。
[ Pentium III-600MHz, 12GB, 192MB, 1,024×768 ]
TOSHIBA DynaBook PORTEGE300
東芝のポーテジェ300。液晶は横1,024×縦600のワイド画面。これが回転して縦になってくれたら、ワープロとかブラウザとか見やすかったと思う。ヒンジが貧弱で、開け閉めしているうちに壊れてしまった。
[ MMX Pentium-133MHz, 1.5GB, 64MB, 1,024×600 ]
TOSHIBA DynaBook SS450
就職を期にデスクトップ(98RX2)と別れを告げ、初めて買ったノート型、東芝ダイナブックSS450。ラッシュアワーの埼京線でハードディスクを圧死させたこともあったが、修理したりアップグレードしたりして使ってきた。しかしある寒い冬の朝、突然うんともすんとも言わなくなり、別れを告げた。
[ 80486DX2-50MHz, 340MB, 16MB, 640×480 ]
HEWLET PACKARD 200LX
400グラムのDOSマシン。電車の中などで通信ログを読むのに便利だった。星座早見版や、現在時刻から一番近い列車が表示される、便利な時刻表ソフトなどがインストールしてあるが、今は机の中。
[ 80186-16MHz, 40MB, 6MB, 640×200 ]

歴代のデジカメたち

拡大画像
Meade LPI (Lunar Planetary Imager)
2006年12月購入。ビデオチャットなどで使うウェブカムの同類でパソコンにつないで使いますが、レンズはついておらず、接眼レンズの代わりに差し込んで直焦点撮影を行います。同梱のソフト(Autostar Suite:オートスタースイート)が良像を自動的に判断して1枚ずつ保存したり、撮像と同時進行で重ね合わせたりしてくれます。
[ CMOS 30万画素, 1/1,000 〜 15秒 ]
KONICA MINOLTA DiMAGE A200
2005年1月購入。E5000の登場から3年。他社からは800万画素で広角28mmから200mmまでカバーする機種が続々と現れるも、Nikon製品は広角タイプ(E8400)と望遠タイプ(E8800)に別れてしまった。そんな中、話題の手ぶれ防止機能を搭載したコイツが登場。決め手はなんと他社製でありながらE5000のバッテリーが流用できること。小型軽量でバリアングル液晶モニタ搭載など、これがE8800の真の姿だったのではないかと思わせるつくり。
[ 800万画素, 28-200mm, F2.8〜F3.5, 30秒バルブ ]
SANYO DIGITAL MOVIE C1
2003年12月購入。動画を撮影したいがビデオカメラは大きすぎる…と思っていたところに、512MBのSDカードで最高約2時間、高画質でも30分間(MPEG4)撮影できるコイツが登場。デジカメとしても320万画素、約6倍の光学ズームでグイグイ寄れる。
Nikon COOLPIX 5000 (E5000)
2001年12月購入。下のQV-8000SXから2年たち、本格的な天体写真用にQV-3000か4000かと悩んだ結論は、Nikonの"5000"。最長5分間のバルブ、広角28mm、そして500万画素。唯一悔やまれるのは、発売日がしし座流星群に間に合わなかったこと。
[ 500万画素, 28-85mm, F2.8〜F4.8, 5分間バルブ ]
CASIO QV-8000SX
1999年9月購入。「64秒露出」「40〜320mmズーム」「1センチマクロ」「フィルタ取り付け可」…『望顕写』というコピーがぴったりな自然派デジカメ。星夜写真にはちょっと感度不足だったが、コリメート撮影に威力を発揮。131万画素。父に譲渡。
[ 131万画素, 40-320mm, F3.2〜3.5, 64秒バルブ ]
CASIO QV-770
1998年4月購入。こちらは機能やスピードなどなかなか優秀なデジカメ。
QV-100と同じ35万画素だが、居酒屋でもフラッシュ無しでOK。顕微鏡や望遠鏡に押し当てて撮影できることを発見。
CASIO QV-100
1996年8月購入。ベストセラーQV-10の後継機種として期待して買ったが、電池の持ちや感度、画質など正直言って期待はずれのデジカメ。居酒屋ぐらいの明るさでは写らないのが致命的。

おきにいり

邦楽小田和正、槇原敬之、広瀬香美、宇多田ヒカル
洋楽TAKE6、シセル・シルシェブー、ジョージ・マイケル
絵画マッス・スティユ、クリスチャン・R・ラッセン
コミック安彦良和、逢坂みえこ
アニメ『オネアミスの翼』、『彼女の想いで』、『On Your Mark』
映画『ショーシャンクの空に』、『シンドラーのリスト』、『パイレーツオブカリビアン』
ゲーム『A列車で行こう』、『タワー』、『シムシティー』

りれきしょ

年代 所属 おもいで
'70前半 小学以前
母と夕空を見上げ父の帰りを待つ。エレクトーンを始める。
なぜか筒を覗くのが好きで、トイレットペーパーやラップの芯、果ては自分の背丈よりも大きな「いかやき」と書かれた赤い筒(盆踊りの時の出店用)まで大事にしていたこともあった。
'70後半 小学校低学年
テレビでは宇宙関係の番組が多かった。ボイジャーからの映像や、アニメでも「ヤマト」「999」など、テーマ曲も良かった。YMOに憧れる。電子ブロックがほしかった。
街の眼鏡屋さんで望遠鏡のカタログをもらったが一番安い望遠鏡で3万。毎月の小遣いを貯めても5年かかると知ってガックリ。
'80前半 小学校高学年
父が知人から望遠鏡の鏡筒を譲り受けてきてくれて万歳。赤道儀を買い足し、家の前や近くの畑に担いでいって月や惑星を見る。犬を散歩している人に見せてあげたこともあった。
天体写真の取り方や、星雲・星団図鑑などを読みあさる。勢いで天文計算の本を買うも、sinだcosだの訳わからず。このころ天文ガイドは380円。
'80半ば 中学時代
父にBASICを教わり、電気屋さんの店頭に並んでいたパソコンで実習。スペースシャトルの航跡を見上げて感激。
ラジオをいじっていたら海外からの放送と出会う。短波ラジオを買ってもらい、BCLにはまり、ベリカードを集める。つくば万博に連れて行ってもらったが、英語が通じなくてショック。
'80後半 高校時代
中学の延長の陸上部でも、地学部でもなく、音楽部で男声合唱の日々。エレクトーンをやめる。星からも徐々に遠ざかる。高2の冬休みに「平成です」。進路は天文学科か航空宇宙学学科かと悩むが、それ以前の問題で教育学部へ。
'90前半 大学時代
入学祝いで念願のパソコン(PC-9801RX2)を手にする。かつてBASICで組んだプラネタリウムソフトをC言語に移植。大学に40cmの望遠鏡があり、卒論はそれで変光星を観測。徹夜で観測し、コンピュータでデータを解析。天文学者気分を味わう。
'90半ば 20代前半
ソフトウェア会社に就職。ボーナスで憧れの望遠鏡(MEADE LX200-20)を手にする。
ウィンドウズ時代になり、ノートパソコンに買い換え、パソコン通信を始める。デジカメが登場する。
'90後半 20代後半
教員に転職。デジカメで顕微鏡写真が撮れることに気がつく。
だめもとでデジカメで天体写真に挑戦、意外な出来映えにホームページ開設。秩父地方に配属され、きれいな星空を満喫する。
'00前半 30代前半
アテンザと出会って車の楽しみに目覚める。結婚して市街地に移り住んだため、星から少し遠ざかる。
'00後半 30代後半
家を建てるがドームは断念。画像処理でやっとRegiStaxが使えるようになり、長時間露光の必要がない月面と惑星に再挑戦し始める。



Top