Index 31 Jan.'99

 「雪は天からの手紙である」…雪の研究に一生を捧げた中谷宇吉郎(なかや うきちろう)博士の言葉です。雪の結晶には、ひとつとして同じ形のものはなく、すべてにそれぞれの顔があります。ここでは、長野県の志賀高原で採集した雪の結晶の写真を紹介します。

いろいろな形の結晶

ここにあげた写真のスケールは約2倍です。初めてみたときは、意外と大きいことに驚きます。

 雪の結晶は実は1枚の平面ではなく、ミシンで使うボビンのように、2枚の結晶が「工」の字のように貼り合わさって出来ています。上下とも6本の腕が揃っているものもあれば、3本と3本が交互になっていたり(これが片方だけがはがれると三花)、4本と2本のものが重なっているもの(片方がはがれると四花になる)もあるのです。
 上下とも6本とも揃ったものが、少しだけ角度がずれて重なると十二花ができます。ちょうど、両手をあわせて少しずらすと、指が10本あるように見えるのと同じです。しかし十二花はとてもめずらしく、4年間でひとつしか見つけられていません。

撮影方法

 雪の結晶の写真を撮るには、マイナス10度を下回る寒さの中、開けっ放しにした山小屋で雪が解けないうちに顕微鏡写真を撮る方法と、レプリカを作っておいて後から写真を撮る方法があります。
 ここで紹介している写真はすべてレプリカにしたものです。そのために精細さはありませんが、プレパラートに雪の型が残っているので、後々いつまでも手にとって観察することが出来ます。

 レプリカを作るにも、やはり寒い小屋の中で作業をしなければなりません。小屋の外で、降ってくる雪を布を張った紙板で受け止めた後、息を吹きかけないよう注意しながら極細の筆を使ってプレパラートに並べます。その上から、フォルムバールという溶剤にプラスチックの粉を溶かした薬品を一滴垂らし、一晩かけて乾くのを待ちます。フォルムバール溶液も氷点下になっているので、雪が解けることはありません。
 雪の水分は、高分子であるフォルムバールのミクロの隙間から、ゆっくりと昇華してやがて蒸発してしまいます。

なぜこんなことを…

 私が在籍していた大学の研究室は、気象と天文を扱っていました。志賀高原へスキー・・・ではなく雪の観察に行くのは研究室の恒例なのです。昼間はスキーを楽しみ、夜は舞い降りてくる粉雪の観察と、雪三昧の合宿です。反省会で飲む水割りに使うのも、もちろん窓の外の雪。
 昼間のスキーで疲れ果て、雪の水割りを飲んでぐっすり寝込んでしまうと、翌朝には寝不足の観測者達のひんしゅくを買うことになります。

 関東の平野部に降る雪はいわゆる「ベチャ雪」で、降ってくるまでに解けて丸まっていたり、くっつきあっていたりして、虫眼鏡で見ても結晶の形を見ることは出来ません。なので、空からクルクルとあの六角形が回転しながら、本当に「舞い降りてくる」のを見たときの感動は忘れられません。


Index Top