Index 10 Sep.'99
虹の麓へ 
虹の麓へ 

99年9月8日、突然の雷雨の後、久しぶりに虹を見ました。普通の虹の外側にもう一本大きな“副虹”も見えていました。また普通の虹の方もよく見てみると…。

主虹と副虹

主虹と副虹

内側の明るく見える方の虹を主虹、外側の少しくらい虹を副虹と呼びます。七色の順番が主虹と副虹では逆になっています。

主虹の多重構造(過剰虹)

主虹と副虹

主虹の方をクローズアップしてみます。よく見てみると、まるでシャボン玉の表面を見るように虹の七色が何回も繰り返されているのが分かるでしょうか。肉眼ではもっとよくはっきりと見えました。



さて、虹の麓はどこだろう…と考えたりしたことはありませんか。この日は建物の3階から見たのですが、地面から立ち上る水蒸気によるものでしょうか、生徒たちによるとテニスコートの中にまで虹が続いて見えていたそうです。遙か彼方の理想郷を思い浮かべる虹の麓は、意外と自分たちの足下にあるのかも知れません。

Index Top