Index
月の動き 
月の動き 

このページをご覧になったみなさん、ぜひご感想を掲示板やメールにてお聞かせ下さい。


月の一日の動き --- 上弦の半月の場合

宇宙から見下ろした様子 地上から見た場合
地球の自転に伴う月の動き 地球の自転に伴う月の動き

上弦の半月は、日が沈んだ頃に南の空に見える身近な月です。この半月はいつ頃東の空に現れ、どのように動いてゆくのか、地球の自転をもとに考えてみましょう。
 左の図は地球を北極側から見たもので、いつも右側から太陽の光が当たっています。下のセレクトボックスで時間帯を選ぶと、図が変わり、解説を表示します。

時間帯:
解 説:

満月を考える場合には月を地球の左側に、下弦の半月を考える場合には月を地球の下におけば、同じように考えることができます。 なお、この図は上弦の半月の動きを大まかに表したものであり、地軸の傾きや、月の運動などは省いてあります。



月の見え方 (VRML)



 このCGをご覧になるにはプラグインのインストールが必要です。左のメニューにある青いバナー「CORTONA」からダウンロートサイトにリンクしています。

おもな操作方法

操作ボタンの中から“view”の左右にある三角印のボタンをクリックするか、 またはキーボードから[PageUp][PageDown]キーを押すと、 満月や半月など、あらかじめ設定しておいた 月の満ち欠けがよく分かるような視点に瞬時に移動します。