Index
月の満ち欠け 
月の満ち欠け 

98年末、デジカメ(CASIO QV-770:35万画素)を望遠鏡に押し当てて、月が満ち欠けする様子を晴天が続く年末年始に一気に撮り集めてみました。コメント欄にデジカメの機種名が書かれていないものがQV-770で撮影したものです。

上段には新月から満月までの上弦の月(月齢0〜15)が、下段に満月から新月までの下弦の月(月齢16〜29)を並べているので、右へスクロールしてご覧下さい。クレーターはちょうど欠け際にあるものが光線の具合によってはっきりと見えます。また同じクレーターでも日の光の当たる角度によって見え方が違うことが分かります。

月齢 2.5 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14   
  月齢2.5 月齢3 月齢4 月齢5 月齢6 月齢7 月齢7.9 月齢8.8 月齢10 月齢11 月齢12 月齢13 月齢14
撮影日
98/12/21 99/10/12 98/11/23 06/12/25 99/01/23 01/12/22 06/12/28 06/12/29 98/12/29 06/12/02 98/12/01 99/01/30 99/01/01
コメント  西の空低いため、大気の揺らぎの影響をかなり受けています。下にこの日に写した地球照の写真があります。  久しぶりに月面写真を追加。QV-8000SXによる  DiMAGE A200による。  E5000 による  E5000 による  E5000 による  右の写真と比べると、秤動によって月の南側(上側)が地球に向かって傾いているのがわかります。  DiMAGE A200による。拡大画像  雲が多かったがシーイング良好。  シーイングが悪いと、このように全体的にぼやけた画像になります。

月齢 16 17 18 20 21 22 23 24 25 26
  月齢16 月齢17 月齢18 月齢20 月齢21 月齢22 月齢23 月齢24 月齢25 月齢26
撮影日
98/12/05 99/01/04 99/01/05 99/01/08 99/01/09 99/01/10 99/01/11 99/01/12 99/01/13 99/01/14
コメント 十六夜月 立待月 居待月
 満月を過ぎると月が昇るのも日に日に遅くなり、この月の撮影時刻は23時頃です。この季節になると「居て待つ」のも大変です。
欠け際の拡大写真あり
宵待月 下弦の半月
透明度・シーイングともに良好。通常の倍の倍率で撮影した画像から作成した欠け際の拡大写真あり
コペルニクスの夕暮れ
早起きして撮影しています。

地球照

地球照とは、地球が照り返した太陽の光によって、月の影の部分がぼんやりと照らし出される現象です。
 月が地球と太陽の間に位置する新月から半月までの間によく見えます。 (撮影日:98/12/21)


Index Top