Index GuestBook Oct.29
月の世界へ part2 
月の世界へ part2 

10/28の夜7時頃に撮影した、月齢8、ほぼ半月に近い月です。南部と北部、2枚に分けて撮影したものを、レタッチソフトで合成してあります。望遠鏡で見た像は、周囲にいくほど歪んでいるので、合成するのは大変でした。どの辺で貼り合わせたのか、分かりますか? レイアウトを、縦にしようか横にしようか迷ったあげく、普通はあまりしませんが横にしました。
月齢8
この日は朝からずっと快晴だったのですが、夕方から薄雲が出てきてしまいました。写真には撮れませんでしたが、木星を見てみたら、衛星(おそらくカリスト)が木星本体に黒い小さな影を落としていました。デジカメを接眼レンズに押し当てて撮影するには、接眼レンズののぞき口が大きい方が視野が広くて写しやすいのですが、高倍率のアイピースはのぞき口が小さくなるのでとても大変です。これを解決するために、いつかバーローレンズを購入しようと思います(10/28現在。この後11/05に購入、木星と土星の拡大画像あり)。バーローレンズは、望遠鏡の焦点距離を延長するもので、そのぶんだけ低倍率の接眼レンズでも倍率を上げられるからです。
もう少し撮りためたら、天体写真の部屋を独立させようかなと考えています。しかし天体写真といっても星雲などは撮れないので、ほとんど月と惑星だけになりそうですが…。

撮影データ

撮影日時98年10月28日夜7時頃
望遠鏡MEADE LX200-20 口径20cm, f6.3
減光用に星雲観察用フィルターを使用
デジカメCASIO QV-770
撮影法接眼レンズにカメラのレンズを押し当てて撮影。
露出はオート。
画像処理Photoshopにてアンシャープマスク処理。

Index Top