Index Jan. 6 '01
月の世界へ 
月の世界へ 

2001年1月、それまでのQV-770で撮影したものから、QV-8000SXのものに差しかえました。

98年の秋、私は初めて望遠鏡にデジカメを押し当てて月を撮影してみました。月を撮影するにはシャッタースピードや絞りなどを細かく調節する必要があります。当時のデジカメはそれらの設定ができませんでしたが、それでも期待した以上によく写りました。その後、画質もよく、シャッターも自分で細かく調節できるデジカメが登場し、撮影後の画像処理のしやすさなどもうけて、今では多くの人がデジカメで月面写真を撮るようになりました。

海の名前

マウスカーソルを月の上にのせてみてください。
豊かの海
神酒の海
静かの海
晴れの海
雨の海
危難の海
雲の海
蒸気の海
01/01/05の月
50〜60倍にして望遠鏡をのぞくと、月が視野いっぱいに広がって見えます。

月には、むかし溶岩が流れ出してできた「海」と呼ばれる黒っぽい部分と、隕石の衝突によってできたたくさんの「クレーター」があります。海やクレーターには1つ1つ名前がついていて、海の部分には天気にちなんだ名前が、クレーターには天文学者の名前がつけられています。

ウサギの右耳は「豊かの海」、左耳は「神酒の海」、顔の部分は「静かの海」、胸が「晴れの海」、お腹の部分が「霧の浅瀬」から「雨の海」へと続いています。また、顔の右にある海は「危難の海」というのだそうです。他にも、「雲の海」「蒸気の海」が見えています。

日本では「海」の部分を「杵と臼で餅をつくウサギ」に見立ててきましたが、これは国によって違ってきます。お隣の中国では「ハサミを振り上げた大きなカニ」に見えるのだそうです。確かに飛び出た目玉までちゃんとついていますね。このように中国や日本では、月を逆さまに見た状態でイメージを考えていますが、ヨーロッパではこのままの状態で「右上を見つめる女性」に見えるという国が多いのだそうです。これまた、とっくりのセーターを着て、鼻とあごがつんととがった女性の横顔に見えるから不思議ですね。

クレーター

エラトステネス
ティモカリウス
ランバート
ピュテアス
オイラー
コペルニクス
プラトン
ラインホルト
ランスベルゲ
ブッリアルドゥス
ティコ
ロンゴモンタヌス
クラヴィウス
ヴィルヘルム
カプアヌス
プトレマイオス
アルフォンスス
アルケザール
マギヌス
プールバッハ
アルバテグニウス
ウェルナー
アリアケンシス
ヴァルター
ラングレヌス
ペタウィウス
ケプラー
アルキメデス
アリスリュッロス
アウトリュコス
エウドクソス
アリストテレス
ヘリコン
ルヴェリエ
W.ハーシェル
アルペトラギウス
セービト
アグリッパ
ゴダン
マニリウス
エラトステネス
ティモカリウス
ランバート
ピュテアス
オイラー
コペルニクス
プラトン
ラインホルト
ランスベルゲ
ブッリアルドゥス
ティコ
ロンゴモンタヌス
クラヴィウス
ヴィルヘルム
カプアヌス
プトレマイオス
アルフォンスス
アルケザール
マギヌス
プールバッハ
アルバテグニウス
ウェルナー
アリアケンシス
ヴァルター
ラングレヌス
ペタウィウス
ケプラー
アルキメデス
アリスリュッロス
アウトリュコス
エウドクソス
アリストテレス
ヘリコン
ルヴェリエ
W.ハーシェル
アルペトラギウス
セービト
アグリッパ
ゴダン
マニリウス

有名なものでは、 地動説 を唱えたポーランドの天文学者、コペルニクスや、 デンマークの天文学者ティコ・ブラーエといったものがあります。 惑星運動の3法則 ( 楕円軌道の法則 面積速度一定の法則 調和の法則 )  を導き出した ティコの弟子ケプラーでは、ちょうど今、夜が明けて日があたりだすところです。

このほかクレーターについて

以下のページで、このほかのクレーターの位置を解説しています。

撮影・画像処理データ

撮影日時01年1月5日 午後5:30 / 自宅玄関先にて(秩父市内)
望遠鏡MEADE LX200-20 口径20cm, f6.3
接眼レンズVixen LV 20mm / MEADE製デジカメアダプターに装着
デジカメCASIO QV-8000SX ( 130万画素 )、 絞り F4.8、 露出 1/125秒、白黒モード
彩度、コントラスト、ホワイトバランスは標準
画像処理ステライメージ3にて、4枚の画像をコンポジット後、最大エントロピー法で画像復元
( PSF半径:0.9、ノイズ:0.003、最大繰り返し回数:10 )
その後Photoshop LEでアンシャープマスク ( 適用量:300%, 半径:0.2, しきい値:0 )


Index Top