Index 21 Nov. '01
しし座流星群 '01 
しし座流星群 '01 

デジカメでは流星は写せないと思っていましたが、今回の大出現ならばきっと…と期待して、98年以来3年ぶりに再挑戦。夜露と戦いながら120枚近く撮影しましたが、肉眼では数え切れないほど流れていたものの、やはり感度不足とレンズの暗さから写っていたのは数フレームでした。それでもデジカメで流星が撮影できたことに感激。


北斗七星付近

北斗七星付近

2001年11月19日 午前5時14分
QV-8000SX
北斗七星をかすめた3つの流れ星です。画面中央左上に見える流星は、流れているちょうど途中でデジカメの露出が終わってしまったのか、点が明るくなりながら流れているように見えます。緑から黄色、そして赤という風に、色の変化もかろうじて見ることができます。

オリオン座付近

オリオン座付近

2001年11月19日 午前4時15分
QV-8000SX
とても明るい流星が流れたのに、残念ながらアングルに収まりきれずに飛び出てしまっています。ほかにオリオン座の左に一本と、右腰のあたりを右下に向かって薄い線が見えるような気がします。じっと見ているとほかにもたくさん写っているような気がしてくるのですが、あまりにもたくさんの流れ星を見てしまったので錯覚でも起こしているのでしょうか。

銀塩カメラによるオリオン座付近

オリオン座付近

2001年11月19日 午前4時頃
カメラボディー:ニコンEM、レンズ:タムロン28-300mm の 28mm、F3.2
露出約10分、フジカラーズームマスター(ISO800)
 デジカメと平行して銀塩カメラで撮影していたものです。写真屋さんで現像したものをスキャナで読み込んで画像処理をしてありますが、露出時間が長い分、オリオン座の左側を流れる冬の天の川が雲のように写っています。しかし、カメラのレンズの明るさはF3.2とデジカメと変わらないため、高感度のフィルムを使ったにもかかわらず、流星はそれほど明るく写ってはいません。
 上の明るい星は木星で、カメラのレンズによるゴーストが発生しています。

共通撮影データ

Index Top