Index 23 Nov.'99
太陽の周りにできる暈(かさ) 
太陽の周りにできる暈(かさ) 

上空にうっすらと雲があるときなど、太陽の周りに暈(かさ)が見えることがあります。また、太陽の左右少し離れたところに虹色の光が見えたりすることもあります。そんな現象を集めてみました。

幻日(げんじつ)

幻日
2004年6月2日 午後6時10分頃 Nikon COOLPIX5000
梅雨前線が北からの高気圧によって押し下げられ、それまでの真夏の陽気から秋のように涼しくなったこの日、空には朝からたくさんの巻雲が見えていました。


幻日 幻日
1999年11月17日 午後3時50分頃 QV-8000SX

西高東低の冬型の気圧配置になり木枯らし一番が吹いた翌日、日が傾いた西の空に美しい絹のようなすじ雲がたくさんたなびいていました。こういうときには幻日が見えることがあるんだよなぁと思っていた矢先、太陽の左側の少し離れたところに鮮やかな虹色の点を見つけました。
 車を道の脇に止めて急いでカメラを取り出しましたが、みるみるうちに薄くなってやがて消えてしまいました。下の写真はその後の空の様子です。PL(偏光)フィルタを装着するとコントラストが上がり、雲の微細な構造が分かりやすくなります。

幻日
QV-8000SX, PLフィルタ

暈と幻日

幻日 幻日
ここで紹介するのは97年2月に長野県の志賀高原へ行ったときに見られたもので、暈と幻日が一緒に見られた例です。コンパクトカメラで撮影したものをスキャンしました。
 暈の両脇(写真では左脇だけ)に、短く横にのびた光の濃い部分が見えます。右の写真で枠で囲った部分、これが幻日です。枠の上にもう少し明るい部分がありますが、これはカメラのレンズによるゴーストです。
カメラのゴーストと幻日とは虹色の並び方の違いから区別できます。幻日は暈と同じように太陽に近い方(内側)から、赤・白・青と少し色づいていますが、カメラのゴーストはその逆に太陽に近い方から青、白、赤となっています。また、写真に写っている太陽から左下にのびた光線も、実際には見えなかったのでカメラのゴーストだろうと思われます。

上端接弧(じょうたんせっこ)

暈と上端接弧1 暈と上端接弧1
暈と上端接弧2 暈と上端接弧2
上の写真は上端接弧と呼ばれる珍しい現象です。通常の暈(実線)の周りにもう一つ大きな円弧(点線)があり、それが一点で接しているのです。大小二つの暈が同心円状になったものはたまに見かけますが、このように一部で接しているものを見たのは初めてで、この時以来見たことはありません。なお外側の円弧は円周すべてが見えるわけではなく、その一部分だけが明るく見えています。
 この現象はスキーのリフトに乗っているときに気がついて、頂上でリフトから降りてすぐにカメラを取り出してあわてて撮影しました。周りにいた人たちも一体何があったのかと、一緒に上空を見上げていたのを覚えています。


Index Top