Index 23 Feb. 99
星食(せいしょく)

月は新月から満月、そしてまた新月へと形を変えながら、毎日少しずつ西から東へと星座の中を動いてゆきます。その途中で月の通り道にある星が隠されるこを「星食」といいます。ここでは、99年2月23日におうし座の一等星アルデバランが半月に隠される様子を紹介します。間隔をおいてデジカメで撮影した画像から、アニメーションGIFファイルを作成しました。

潜入から出現まで 22:00〜23:30

画像の東西南北は、夜空を肉眼で見上げた状態と同じで、右が西で左が東、下が南になっています。月は約2時間でこんなに移動していたんですね。
 東京での潜入予定時刻は22時23分だったので、22時から5分おきに撮影していきました。潜入直前の5コマ目は22時22分に撮影したものです。この直後に見えなくなりました。
 出現予定時刻は23時21分と約1時間後だったので、この間に撮りためた画像をいったんPCへ転送し、風呂を済ませました。そして23時10分頃に再び庭へ出てみたら、なんと月が隣の家の軒先に隠れてしまっていたのです。あわてて望遠鏡を移動しセッティングが終わったのが出現予定2分前、ギリギリセーフでした。
 [撮影データ:20cmカセグレン f=6.3、SP15mm(84倍)、コリメート撮影]

出現の様子 23:20〜23:23

出現する位置はあらかじめ分かっていたので、少し倍率を上げて待機していました。潜入が東京の予定時刻の約1分前だったので出現も1分前から15秒おきにシャッターを押していましたが、月の淵からアルデバランが再び現れたのは東京での予定時刻と同じ21分でした。
 左の動画は約30秒間隔で撮影したものです。アルデバランは1等星と夜空では明るい星ですが、視野にある月の光が強いためにカメラは自動的に露出時間を短くしてしまいます。そのため、各コマともアルデバランの部分だけあとから画像処理で明るさを強調してあります。もちろん着色はしていません。
 [撮影データ:20cmカセグレン f=6.3、LVW8mm(158倍)、コリメート撮影]


Index Top