デジカメで天体写真 
デジカメで天体写真 

フィルムを使ったカメラと同じように、デジカメを使って星座や月、惑星などの天体写真を撮ることができます。デジカメならば撮ったその場で写り具合が確認できるし、失敗していてもフィルム代や現像にかかる費用を気にすることなく何枚でも撮り直すことができます。(電池の保ちや記録メディアの容量などの制限はありますが。)
 撮影対象によって、撮影方法やデジカメに求められる性能などが異なってきます。

対象
難易度
撮影方法デジカメに求められる性能や機能、
必要な器具など
星野写真
(固定撮影)

カメラを三脚に固定明るいレンズ(F2前後)
長時間露光(30秒以上)
感度アップ(ISO 200〜400)
星野写真
(ガイド撮影)

★★
カメラを赤道儀に載せ、星の動きを追尾して撮影
星景写真
(固定撮影)

星野写真と同じ要領で、地上の風景を入れたもの
太陽
望遠鏡から投影板に映した像を撮影カメラと投影板の距離が近くなるので、30〜50センチぐらいのところでピントが合うもの。
月面
★★
望遠鏡の接眼レンズにカメラを押しつけて撮影(手持ちでも可) デジカメアダプターで接眼レンズとデジカメが固定できれば安定する。

接眼レンズはハイアイポイント設計(※)で、デジカメはレンズ径の小さな、コンパクトデジカメぐらいのものが撮影しやすい。

※眼鏡をかけていても見やすいように、レンズの表面から瞳までの距離(アイレリーフ)が大きくなっても視界全体が見渡せるようになっているもの。
星雲・星団
★★★
カメラに望遠レンズをつけて撮影
または望遠鏡にカメラを接続して撮影
長時間露光(数十秒〜数十分間)
明るいレンズ
デジカメアダプタ、赤道儀
惑星
★★★★
望遠鏡の接眼レンズにカメラを固定して撮影 シャッタースピードの細かな設定
デジカメアダプタ


拡大撮影(コリメート法) / ガリレオ衛星 / 二重星 / Nikon COOLPIX5000について / アクセサリ

撮影データ中の記号について


星野(せいや)/ 星景(せいけい)写真 (固定撮影)

一般的に、星空を写した写真のことを星野写真といいます。 その中で、地上の風景を意図的に取り入れたものを星景写真と呼びます。 短い時間だと星は点状に写りますが、長い時間露出すると線状になります。

マウスを写真の上に載せたとき、手の形になるものは、クリックすると星図が現れます。




火星の動き

KONICA MINOLTA DiMAGE A200, F3.2, ISO200
ダーク補正、レベル補正[SI]




カシオペア〜ペルセウス:クリックすると別ウィンドウに星図が現れます
カシオペア〜ペルセウス
アメリカ グランドキャニオン付近にて
2004/08/17 03:00 3min.
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO400
レベル補正[PE]




熱帯夜に昇る火星
熱帯夜に昇る火星
2003/08/03 21:45 20sec.
Nikon COOLPIX5000, F3.1, ISO200
レベル補正[PE]



火星と流れ星:クリックすると別ウィンドウに星図が現れます
火星と流れ星
2003/06/30 02:30 1min.
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO200
レベル補正[PE]



熱帯夜のサソリ:クリックすると別ウィンドウに星図が現れます
熱帯夜のサソリ
2003/06/20 23:10 1min.
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO200
レベル補正[PE]



昇るオリオン '03:クリックすると別ウィンドウに星図が現れます
昇るオリオン '03
2003/01/04 20:07 5min.
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO200
レベル補正[PE]



昇るオリオン '01
昇るオリオン '01
2001/12/15 8sec.
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO100
レベル補正[PE]



北斗七星
北斗七星
2003/01/04
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO200
レベル補正[PE]


シリウス
シリウス(おおいぬ座)
2003/01/04
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO200
レベル補正[PE]


カシオペア
カシオペア
2003/01/04
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO200
レベル補正[PE]


オリオン
オリオン
2003/01/04
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO200
レベル補正[PE]



星野(せいや)写真 (ガイド撮影)

星の動きを追尾する専用の架台(赤道儀)にカメラを載せて撮影したもので、星は点状に写ります。    [ 冬の星座マップを開く ]



冬の大三角
冬の大三角
2003/01/30 22:13 2min
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO400
レベル補正[PE]



オリオン座
オリオン座
2003/01/30 22:05 2min
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO400
レベル補正[PE]



ふたご座とぎょしゃ座
ふたご座・ぎょしゃ座
2003/01/30 23:10 2min
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO400
レベル補正[PE]



おうし座
おうし座(ヒアデスとプレアデス)
2003/01/30 21:48 2min
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO400
レベル補正[PE]



おおいぬ座
おおいぬ座
2003/01/30 22:50 2min
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO400
レベル補正[PE]



木星とかに座(プレセペ星団)
木星とかに座(プレセペ星団)
2003/01/30 22:41 2min
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO400
レベル補正[PE]


カシオペアとアンドロメダ
カシオペアとアンドロメダ
2000/12/16 20:30-20:50, 48sec×10枚
CASIO QV-8000SX
コンポジット[LE]


月面


月齢4.8
月齢4.8
2006/12/25, 1/8sec×5
KONICA MINOLTA DiMAGE A200, F3.2, ISO100
Meade LX200 20cm f6.3, MEADE SP32mm
コンポジット、ウェーブレット処理[RegiStax]、ウィナーフィルター[SI]



月齢6.8
月齢6.8
2006/12/27, 1/30sec
Nikon COOLPIX5000, F4.7, ISO100
Meade LX200 20cm f6.3, Nagler type2 20mm
カラー写真をRGB分解してGのみ利用、ウィナーフィルター[SI]



月齢7.9
月齢7.9
2006/12/28, 1/60sec×3
Nikon COOLPIX5000, F4.7, ISO100
Meade LX200 20cm f6.3, Nagler type2 20mm
コンポジット後、RGB分解してGのみ利用、ウィナーフィルター[SI]



月齢8.8
月齢8.8
2006/12/28, 1/30sec×5
Nikon COOLPIX5000, F4.7, ISO100
Meade LX200 20cm f6.3, SP32mm
コンポジット、ウェーブレット処理[RegiStax]、ウィナーフィルター[SI]



月齢11
月齢11.6
2006/12/02, 1/30sec×3
KONICA MINOLTA DiMAGE A200, F3.2, ISO50
Meade LX200 20cm f6.3, Vixen LV20mm
コンポジット、ウェーブレット処理[RegiStax]、ウィナーフィルター[SI]


月に接近した惑星

月と惑星は、星空の中を西から東へと互いに近いところを通って移動してゆくので、毎月のように接近したり、ときには月が惑星を隠す「掩蔽(えんぺい)」が起こることもあります。


月と火星
月と火星
2003/09/09 20:30 1/15sec
Nikon COOLPIX5000,
3倍テレコン+電子ズーム3倍, F6.0, ISO100
ウィナーフィルタ[SI],レベル補正[PE]



月と木星
月と木星
2001/12/30 22:50 1/250sec
Nikon COOLPIX5000, 3倍テレコン, F5.4, ISO100
レベル補正[PE]



土星食
土星食
2002/03/20 20:02, 1/4sec
Nikon COOLPIX5000, F4.8, ISO100, ワイド端
Meade LX200 20cm f6.3, Vixen LVW 8mm
レベル補正/RGB分解・再合成[SI], アンシャープマスク[PE]



月と土星の接近
月と土星の接近
2002/01/25 02:00:56, 1/15sec
Nikon COOLPIX5000, F3.2, ISO200
Meade LX200 20cm f6.3, Vixen LVW 8mm
レベル補正/ウィナーフィルター[SI], アンシャープマスク[PE]


惑星

惑星は、望遠鏡の接眼レンズにデジカメを押し当てて写すことができますが、微細な模様を捉えるためには、何枚も撮影した画像を重ね合わせ(コンポジット)をするなど、画像処理が必要になってきます。


2年2ヶ月ぶりの火星
2005/11/07 23:30 1/8sec×8枚コンポジット[SI]
Meade LX200 20cm f6.3, Vixen LV 4mm
Nikon COOLPIX5000, ISO200, 光学3倍+電子ズーム2倍
レベル補正/ウィナーフィルター[SI]



火星大接近中:クリックすると別ウィンドウでこのときの火星のシミュレーション像が現れます
火星大接近中
2003/08/04 01:33 1/8sec×4枚コンポジット[SI]
Meade LX200 20cm f6.3, Vixen LVW 8mm
Nikon COOLPIX5000, ISO100, 光学3倍+電子ズーム2倍
レベル補正/ウィナーフィルター[SI]



06/12/23の土星
2006/12/23 03:27
Meade LX200 20cm f6.3, 2倍バーロー
MEADE LPIカメラ 露出0.357秒×20枚
コンポジット,ウェーブレット処理[RegiStax]
レベル補正[SI]

00/01/20の木星と土星
2002/01/20 0〜1時頃
Nikon COOLPIX5000
Meade LX200 20cm f6.3,Vixen LV 4mm
木星1/4sec×3枚, 土星1/2sec×3枚, F4.8, ISO200
レベル補正,コンポジット[SI], アンシャープマスク[PE]


00/11/23の木星00/11/23の土星
2000/11/23
CASIO QV-8000SX
Meade LX200 20cm f6.3,Vixen LV 4mm
コンポジット, アンシャープマスク[SI]


98/11/7の木星98/11/07の土星
1998/11/7
CASIO QV-770
Meade LX200 20cm f6.3, MEADE SP6.4mm
コンポジット, アンシャープマスク[LE]

太陽

太陽は天体写真というイメージから遠いかもしれませんが、黒点などの日々変化する表面の様子を追ってみるのも面白いですし、たまに起こる日食や内惑星の通過など、シャッターチャンスは逃せません。


水星の日面通過
2006/11/09 8:59:52
KONICA MINOLTA DiMAGE A200
Meade LX200 20cm(5センチに絞る)f6.3, Nagler type2 20mm
下の写真のように、左手で紙に太陽を投影し、右手にデジカメを持って撮影


上の写真を撮った時の様子。太陽の写真を撮る時は、望遠鏡にデジカメを接続するのではなく、このように白いものに投影したものを撮影した方が安全です。


2006/11/09 9:09:04
撮影方法などは上と同じ

画像中央の左寄りにうっすらと小さな黒点が2つ、縦に並んで見えています。


星雲・星団

オリオン大星雲
オリオン大星雲
2001/12/26 23:00-23:30, 30sec×5枚
Nikon COOLPIX5000, F2.8, ISO400
Meade LX200 20cm f6.3,Vixen LV 20mm
レベル補正/スターシャープ[SI], アンシャープマスク[PE]


拡大撮影(コリメート法)

デジタル天体写真というと、これまで専用の冷却CCDカメラやかなりのテクニックが必要と思われてきました。でも、デジカメを使った天体写真はいたって簡単です。初期の35万 画素 のデジカメでも十分に楽しむことができます。すでに望遠鏡を持っている方や、公開天文台などに行く機会のある方はぜひ試してみてください。そのあまりの簡単さ、手軽さに思わずニンマリしてしまうことでしょう。

目的の星を視野に入れます デジカメを接眼レンズに押し当てます デジカメならば写り具合がすぐに確かめられます

  1. 目的の星を視野に入れます。
  2. デジカメのレンズを望遠鏡の接眼部に近づけます。接眼レンズの種類にもよりますが、必ずしもピッタリ押し当てる必要はありません。この方法は「コリメート法」あるいは「拡大撮影法」と呼ばれています。この状態で、デジカメの液晶を見ながら望遠鏡のピントを合わせます。
  3. デジカメならば、写り具合をその場ですぐに確認できます。
また、絞りを一段絞ると像がシャープになりますが、私が使っているカセグレン式反射望遠鏡との組み合わせでは、副鏡の像が邪魔になることもあります。

木星とガリレオ衛星

9/16のガリレオ衛星 98/09/16 / QV-770
9/20のガリレオ衛星 98/09/20 / QV-770

約90倍で木星とその周りを回るガリレオ衛星を視野に入れました。ガリレオ衛星とは現在発見されている木星の16個の衛星のうちの、1610年頃にガリレオが手作りの望遠鏡(約30倍)で発見した4大衛星(1:イオ、2:エウロパ、3:ガニメデ、4:カリスト)を指します。彼はこれらの衛星の発見、観察から、地球も太陽の周りを回る惑星の1つであるという、コペルニクスによって唱えられていた地動説に確信を持つに至ります。
『天文年鑑』の「木星の衛星の運動図」によると、16日夜の写真では、木星の左側に外側からガニメデ、エウロパ、カリストと並んでおり、木星の右側に見えているのがイオとなっています。

番号 名称 軌道半径
(木星の半径=1)
公転 周期
イオ
Io
5.905 1日18時間27分
エウロパ
Europa
9.397 3日13時間13分
ガニメデ
Ganymede
14.990 7日03時間43分
カリスト
Callisto
26.370 16日16時間54分
天文年鑑より

20日に観察してみたところ当然ながら衛星はそれぞれ位置を変えていました。特に1番のイオは、観察を始めた9時頃には木星本体と重なっていて見えませんでしたが、しばらくすると木星の左側から現れて、2時間くらいの間にこんなに離れてしまいました。

ガリレオ衛星の運動

ガリレオ衛星を約3時間にわたって15分おきに撮影し、Spin PhotoObject という、デジカメに添付されてきたソフトを使って動画(アニメGIF)にしてみました。こういうことができるのはWebならではないでしょうか。下の図はガリレオの衛星の軌道と、この写真の撮影した時間帯に移動した量を表したものです。

11/08のガリレオ衛星 98/11/08 19:00-22:00 / QV-770
11/08のガリレオ衛星

木星の左側に第2衛星のエウロパ、右側に内側からイオ(1)、ガニメデ(3)、カリスト(4)と並んでいます。衛星はすべて時計の針と同じ方向に回っていますが、木星に一番近いところを回っているイオは、ちょうどコーナーを回って右向きから左向きに転向するところです。そのほかの衛星は、エウロパ、ガニメデ、カリストと、木星を回る軌道の半径が大きくなるに従って、運動する速度が遅くなっているのが分かります。上の表に 公転 周期を載せましたが、この関係を「ケプラーの第3法則(調和の法則)」といいます。これは木星とその衛星だけでなく、太陽と地球などの惑星の間でも成り立っています。
ガリレオ衛星は刻一刻とその位置を変えますが、タイミングを見計らえば木星の前を衛星が通過したり、木星が宇宙空間に伸ばしている影の中に衛星が隠れたりするシーンをとらえることもできるかも知れません。

アルビレオ

アルビレオ
99/9/16 QV-770
アルビレオの位置
明るい二重星を狙ってみました。アルビレオというのは、はくちょう座の十字の形をした中で、一番南側の、星座絵でいうと白鳥の頭にあたる星の名前です(矢印の先)。はくちょう座では、こと座のベガ、わし座のアルタイルと結ぶ夏の大三角形の星の1つである、1等星のデネブ(星座絵では白鳥のお尻の部分に相当)が一番明るく見えるので有名ですが、アルビレオは全天の中でも最も美しい2重星の1つとして知られています。
肉眼で夜空を見上げたときには1つにしか見えませんが、望遠鏡で覗くとオレンジ色の主星ブルーの伴星が寄り添っているのが見えます。光度はそれぞれ3.9等と5.1等、角距離は34"です。またこの付近は天の川の近くなので、双眼鏡で覗くと小さな星がたくさん見えて、本当に「星空散歩」といった感じで楽しいものです。

Nikon COOLPIX5000について

2001年12月、Nikonより発売されたCOOLPIX 5000(E5000)は、広角28mmからの3倍ズーム、500万画素、そして5分間露出という、天体写真ファン注目のスペックで登場しました。
 これまで使ってきたQV-8000SXは最長64秒までの露出が可能でしたが、ノイズリダクションが強めなのか、特に星座の写真で星の色が出づらいのが難点でした。また感度が固定されていたのと、ズームレンズの宿命でFが3.2と暗かったため、Fが明るく感度アップできる機種で十数秒露光した写真のほうがよく写っているのを見て少なからぬショックを受けました。
 E5000のレンズはF2.8とF2.0に比べると若干暗めですが、感度アップと長時間露出でQV-8000SXでは難しかった星座や淡い星雲の写真がねらえそうです。

Nikon COOLPIX5000CASIO QV-8000SX
画素数500万131万
レンズ28〜84mm 光学3倍、デジタル4倍ズーム
F2.8〜4.8
40〜320mm 光学8倍、デジタル4倍ズーム
F3.2〜3.5
感度調整ISO 100, 200, 400, 800なし
長時間露出1, 2, 4, 8秒固定
5分までのバルブ(シャッターボタンを押し続ける必要あり)
1, 2, 4, 8, 12, 24, 32, 64秒固定
ノイズ除去on/off 切り替え可能強制処理
画像記録方式JPEG, TIFF(無圧縮:FULLおよび3:2モード時のみ)JPEG
画像サイズFULL(2,560×1,920)、UXGA(1,600×1,200)、
SXGA(1,280×960)、XGA(1,024×768)、
VGA(640×480)、3:2(2,560×1,704)
SXGA(1,280×960)、VGA(640×480)
長所 ・上下左右に回転できる液晶画面
・QV-8000EXの回転レンズ部分を除いた大きさ
・マイクロドライブ使用可能(書き込み時間は△)
・シャッターボタンを離しても長時間露出可能
・プレビューが快適
・電池が長持ち
短所 ・ズームボタンの位置が悪く、不意に押してしまう
・ボタンを押しながらダイヤルを回す操作がしづらい
・汎用の電池が使えない
・ノイズリダクションのon/offが設定できない
・感度調節ができない


アクセサリ

アイピースの紹介 (左から)見かけ
視界
倍率バーロー
レンズ
使用時
用途
アイピース SP 6.4mm57度197394惑星用(QV-770)
SP 15mm57度197394月面用(QV-770)
LV 4mm65度315630惑星用(QV-8000SX, COOLPIX5000)
LVW 8mm65度158315月面用(QV-8000SX, COOLPIX5000)
ナグラータイプ2
20mm
82度63星雲、月面用(COOLPIX5000)
のぞき口
瞳径とは接眼レンズののぞき見口の直径のことです。QV-770のようなレンズの直径が小さいカメラの場合、写真(左:SP15mm, 右:SP6.4mm)ような瞳径の小さなアイピースでもカメラを押し当てるだけで撮影できます。しかしQV-8000SXのようにレンズの大きなデジカメの場合はVixenのLVシリーズのようにもっと瞳径が大きく、かつ アイレリーフ の長いアイピースが必要になります。
フィルター
左のオレンジ色のフィルターは、木星や土星の模様を見やすくするもの。
右のは、星雲観察用の光害カットフィルターですが、緑色をしているために月を撮影するときの減光用にも使えます。木星の縞模様のコントラストをあげるのにもいいようです。
Index Top