旅行・地域

本日のルート

  1. 東京駅1階 沼津 魚がし寿司 
  2. キャラクターショップ散策 (NHK、ジブリなど)
  3. カフェ・コムサ で クリスマスケーキを食す
  4. THE STUDY ROOM で 「地球ゴマ」購入 
  5. 丸ビル散策 クリスマスプレゼントを買う < ミハエル・ネグリン
  6. oazo内の丸善へ VRML本を探すが見あたらず くじで2等が当たる
  7. 東京ミレナリオ見学 1時間以上行列に並ぶ
  8. 有楽町ビックカメラ VRML本、やはり無し

6について。仕方なく「ジパング21巻」「ガンダムオリジン11巻」を買う。どちらも何巻まで続くのかだんだん不安になりながらも、帰りの電車で読み終えてしまう。

自宅近くの居酒屋で忘年会をして帰宅、これを書き込む。満足な一日。

東京ミレナリオ

millenario01  今年で見納め、という言葉に反応してしまい(実際は一時的な休止らしいが)、またまた苦手な大行列&大混雑の中へ。今回はひさびさに手強かった。

東京駅からミレナリオが飾られている通りまでは、普通に歩けば5分とかからない。しかし、いくつもの地下鉄駅からやってくる観光客を一方通行にするために、いったんは正反対の方向へ、迂回路を1時間以上かけて歩かなくてはならない。

毎度のことながら、おばちゃんにごりごり背中を押されたり、ひっきりなしにおしゃべりする隣人に耳をふさいだりと、やっとの思いでミレナリオが見えるところまで到着。でもその不愉快さを忘れさせてくれるくらいの美しさがあった。たかが電飾、と侮るなかれ。

millenario02  これは出口。三方向にアーチが作られていて、最後にクライマックスがあったという感じ。 あー、寒かった。

秩父夜祭り

PICT1581e PICT1589e

 久しぶりに5年間暮らしたまちへ。R299のほうが混むだろうと寄居周りで向かうも、最後は大渋滞。なんたって人口7万あまりの街に31万人が訪れたというのだから、街のメインストリートはどこも押しくらまんじゅう状態だ。

 8時からの花火大会は10時過ぎまで轟音をとどろかせ、澄み渡る冬の夜空にこれでもかと大輪を咲かせていた。いつもながら花火を写真に撮るのは難しい。三脚は車に積んでいったけれど、もみくちゃになると危険なので持ち歩かなかった。

 露出は3~5秒、ISOは低感度(50)にして、絞りもf8ぐらいまで絞ってみた。ノイズリダクションをオンで撮ったが、低感度にしたしオフにしてもよかったかも。

 それにしてもやはり秩父は星空がきれいだ。この空の下で5年も過ごしたのだから、もっともっと写真を撮っておくのだったと今更ながら思う。

 とんぼ返りだったけれども、当時お世話になった方々とお会いすることもできて、渋滞と睡魔を乗り越えて行ってきた甲斐があった。

よいちさん、こんばんは。

ブログの方にお邪魔しました。私も初めて「秩父夜祭」に行ってきました。山車はあまりよく見れなかったのですが、花火は最高でした。冬の花火は空気が澄んでいて、ホントきれいでした。正直、意外とショボイと思っていたのですが、大きく予想を裏切られ、少し涙が出るくらい感動しました。私も写真を撮ろうと思ってデジカメを持っていったのですが、三脚は持っていかなかったので、デジカメの動画機能でいくつかの花火とスターマインを撮影しました。
また来年も行ってみたいと思います。いやぁ、しかし埼玉の山奥でこんな素晴らしい祭りがあるとは知りませんでした。。。

こんにちは、茂麻呂さん。コメントありがとうございます。ずいぶん冷え込んできましたね。

あの日、茂麻呂さんも出かけられたのですね。ものすごい混雑でしたよね。車で行かれましたか?

HP拝見しましたが、ちょうどいいタイミングで花火を撮影されてますね。ムービーもいい感じで、あのときの感動がよみがえってきます。

ひょっとしたらあの混雑の中でニアミスしていたのかも知れないと思うと、面白いなと思います。

おばんざいでバンザイ

DSCF0745e DSCF0759e 

 左は、嵐山のおばんざいバイキング「ぎゃあてい」。制限時間50分ということもあって、ぱくぱく食べてしまいました。相席になった親子が「味、うすいねえ」としきりに言ってたけど、それほどでもないかな。いいにおいがしたのでカレーまで手を伸ばしてしまったのは失敗。おなかがはち切れそうでした。

 右は錦通り「京野菜 かね松」 の2階にある食事処、「やお屋の二かい」にて。白和えに煮浸しに、こちらも素材の味が生かされており、とても美味しかったです。

 錦市場通りは見るだけでも楽しい。整然と並べられた漬け物、お総菜、海産物はとても色鮮やか。

和の味を求めて

 本当はある国宝展に行ったのですが、うちらだと結局こうなります。

nishinsoba naracake1 naracake2 naragokoku 

 左はにしんそば。なるほど、確かにこれは想像できない味ではないけれど、そばの出汁に身欠きにしんが合うのを実感。誰が考えたんだろう。

 次はくずを素材にした和菓子屋さんのクリームロールケーキ。スポンジの部分にくずが使われているそうでしっとりしており、たまごの風味と相まって懐かしい味がします。

 3つ目はそのまんまくず餅。できたてほやほやにきな粉がのっていて香りも豊か。

 一番右は五穀米でウニやシジミの漬け物などを包んだおにぎり。五穀米はヘルシーだけれど、ここまで1時間以内という食べ方はヘルシーではありませんな。

sushimasa  夕飯はこちらで。 京野菜、おでん、そして寿司、どれも絶品でした。美味しいってこういうことなんだ、と納得。リーズナブルというと日本語では質がよくて安いもの、と言う意味で使われることが多いけど、これは本来の意味でリーズナブル。

どこへ行っても食い倒れ

一泊二日のあわただしい旅行でしたが、天気に恵まれて目もお腹も満腹です。

yoichi otaru hotate 

1日目

  • 上左:今回の旅行で撮りたかった写真No.1。
  • 上中:おなじみ、運河と煉瓦倉庫。
  • 上右:ホタテのしょうゆバター焼き300円。美味。

hatudai 6ice yadokara 

  • 上左:池袋東武にも出店した(けど行けなかった)「初代」の新メニュー、白しょうゆ。でもオーソドックスに醤油にしておけば良かったかな。
  • 上中:一人では食べきれなかった6段アイス。
  • 上右:宿からの眺め。ちょうどいい時期でした。

2日目

tokeidai hokkaidoutyou toilet38t

  • 上左:「余り期待しないで」といわれた時計台。私はそんなことないと思う。
  • 上中:旧北海道庁。趣があります。
  • 上右:札幌駅の駅ビル展望台にあるトイレ。しているときの気分は最高。ただし入場料大人700円。次の予定が詰まっていて展望台には10分もいられませんでした。

このあと、サッポロビール園にてジンギスカンとかにの食べ放題。1時間1本勝負~。手についたカニのにおいと、髪の毛についた焼き肉のにおいは家につくまで取れず。

boys hituji younyuice 

  • 上左:ご存じ、「少年老い易く学成り難し」…じゃなかった、「少年よ、大志を抱け」。
  • 上中:大志なんて我感せずという雰囲気の羊たち。
  • 上右:そのお乳でできたアイス。あっさり目。

このあと空港へ。新千歳空港は商店街が思いのほか広く、目的の商品を探すのも一苦労。下で書いたとおり、見つけたと思ったら品切れだったのが残念。

ビールチョコ

051024_11380001.jpg

一番絞りのゼリーが入っているそうだよ。お楽しみに(^o^)

追記(10/25)

ゼリーの味が微妙。ビールの味がするのかどうか、チョコの風味が強くてよく分かりません。

本店へ

先の物産展で好評を博した洋菓子の本店へ。
日持ちのしない生チョコは明日、空港にて購入予定。
本日は寿司の中いち、ラーメンの初代、ホタテの炭火焼き、五段ソフトなどを食す。

新宿へ

紀伊国屋に行ってみた。 うーん、これならわざわざ新宿まで行かなくてもジュンク堂でいいかな。

いろいろ買ったけど、英語で書かれた理科のテキスト(物理)が面白い。書いてある内容は中学生レベルだから、選択理科あたりで読ませてみるのもいいかも。それともますます理科嫌いが増えるかな。

あとは岩波新書で『ドキュメント屠場』と『翻訳と日本の近代』。本当は『翻訳語成立事情』を探していたのだけど、なぜかどうしてもこのときは書名が思い出せなかった。ちゃんとメモしておくべきだった。

『~屠場』のほうは、まえに道徳の時間に『いのちの食べ方』を取り上げたので、その延長として紹介したい。ジュニア新書もそれはそれでいいけれど、岩波新書を手に取る中学生がいてもいいと思う。

PICT1145e  その後スタバでお茶してこんな写真とったりして、FLANCFLANCで雑貨を見て、夕方相方の弟くんと合流して居酒屋へ。

結婚式に

出席するので久しぶりに秩父まで出かけてきた。若い新郎新婦はスポットライトが無くともキラキラ輝いていた。どうか末永くお幸せに。

CA250004e  その帰り、長瀞にちょっと寄って久々に岩畳の上を歩いてきた。先日、テレ東の「アド街ック天国」で秩父や長瀞が紹介されていたので夏休み中なら混んだだろうけど、今日は夕方ということもあって散歩するにはちょうどよかった。

CA250007e その後、これまた久しぶりに焼き肉屋の山田ホルモンへ。秩父にいた頃は何かにつけてみんなで行ってたけれど、こちらに来てもう1年以上行ってない。

牛肉のレパートリーが減ってしまったのが残念だけど、牛カルビや豚レバー、知床鳥などがおいしかった。二人で飲んで食べても3千円。なかなかこちらではこの値段でこれだけの質のものは食べられない。

ジョッキに目盛り in 欧州

ドイツでは、ビールのグラスやジョッキの上の方に、量をごまかさないようにと線が引いてあった。ビールやワインが水代わりという国なので、酔っぱらって絡まれないためだろうか。

そもそもビールはジョッキからあふれるくらいにして客に出すのが作法かと思っていたので、本場ドイツでこんなふうになっていたとはちょっと意外。でも規格とかにうるさい工業国らしさがあっていいかも。

ビールといえば、フランス最後のレストランで出てきたのはジンジャーエールで割ったような味がした。日本でもシャンディーガフだったか、そういうカクテルがあるけれど、それにとても近かった気がする。

それから、帰国してから飲んだびっくりドンキーのベルギーチェリービール、これはなかなかいける。

馬車はいいけど…

道には踏んだら毛、じゃなくてPICT1781e 糞だらけ。

中でもノイシュバンシュタイン城に続く山道はものすごかった。アスファルトで舗装されている道のど真ん中にスコップ2,3杯分もの馬糞が、ドン!と鎮座ましましている。

そして馬車の車輪で踏みつぶされ、ずーっとずーっと黄土色の2本の轍がのびてゆくのである。もはやさけて歩くことは不可能に近い。においはさほど強くないけど、くさいことには変わりない。ただ、はえがブンブン飛び回っていないのは不幸中の幸い。(しかしレストランの中には結構いる)

中世の面影を残す町ではほとんど同じ状況である。盛り土かな、と思うと馬糞。なんで石畳の間に枯れた芝生があるのだろうと思ったが、それくらい辺り一面に散らばっているのだ。

馬と共存している町では、これが当然なのだろう。

よいちさん、お久し振りです。maniです。
遅ればせながら、Blog開設おめでとうございます。

馬糞と言えば、隠岐も凄かったです。
牛馬が放し飼いにされている区域では、
道という道に馬糞・牛糞が。
で、車で通ると滑るんですよね。にゅるっと(TT)
きっとバイクで突っ込んだらコケて大変なことになるでしょうね~(^^;

……って、初コメントがこんな話題でスミマセン。

こんにちは、maniさん。お久しぶりです。
何人かの友人がblogを開設しているのを見て、私も勢いで開設してみましたが、早速ここ数日ブランクができてしまいました(^^;

隠岐の話もすごいですね~。車がスリップするなんて!バイクでこけたらもっと怖い。

日本の観光都市ではちょっとまねできないでしょうね。

スイスで洪水

車に乗ってラジオから流れてきたニュースがいきなりこれ。えー、と声を上げてしまった。

2つの湖に挟まれたインターラーケンでは湖があふれて市内一面が水浸しだとか。一方、山岳地帯では旅行客が山から下りられずに軍用ヘリコプターが食糧を輸送しているらしい。

おー、あぶないあぶない、間寛平、じゃなくて間一髪だった。確か今週も同じコースのツアーが催行されているはず。大変だろうなあ。

落書き in 欧州

日本でも、よく橋の下とかでみかける大きな落書き。あれはいったい何が書いてあるのか分からないんだけど、欧州にもあった。とくにフランスは都心部へ行ったからかもしれないけれど多かった気がする。

まず書いてあるところがすごい。TGVの車両基地周辺の壁には一面だったし、高速道路の壁の内側だったり、地下鉄の駅と駅の間だったり、いつ、どうやって書いてるんだ?と、地下鉄をどうやって地下に入れたかという話ぐらい不思議になってしまう。

で、どこの国の落書きも何が書いてあるのか分からない。少なくとも意味のある単語ではないようだし、暴走族のグループ名なのか、ヘヴィメタのバンド名なのか、あの落書きについて解説してあるサイトってあるのかな。

フランスでは電車にもでかでかと落書きされていたのを見た気もする。そこでふと思った。最近、山手線が電車いっぱいに広告を貼って走っているのは、あれは落書きを予防しているんじゃないかと。

日本では商店街のシャッターとかにもばんばん描かれてしまっていて悲惨なところもあるけど、とりあえず中世の町並みを残すドイツではそういうことはなかったので一安心。

紳士の国?

SANY2406e  シャルル・ドゴール空港にて。少々年季は入っているものの近未来的なつくりで格好いい。乗り換えまでに少し時間があったので、吹き抜けから見えた下の売店に行きたくなったのだが、こんな風なチューブ式のエスカレーターが上にしか伸びていない。

SANY2404e  不思議だ。確か喫煙者たちは添乗員さんに連れられて下に行ったはず。そこで係員の男性に声をかけてみた。

「下に行く方法を教えてもらえませんか?」と英語で丁寧な表現をしたつもりだったが、返ってきたのは

「ジャンプすれば?」

は?なに冗談言ってるんだよ。フランス語で聞かなかったらそういう返事しかしてくれないのか? 何か言っているが頭に来たので踵を返したら、近くを歩いていた女性が分かりやすく英語で教えてくれた。やりとりが聞こえていたのだろうか。ここは到着ロビーなのでいったん上に出て、下の出発ロビーにエレベーターで下りればいいのだそうだ。

現地のガイドさん曰く、フランスはとても紳士の国で、泥棒もご婦人に丁寧に挨拶をしていたところで捕まってしまったという話しがあるくらいなの、とか言っていたけど、すると彼はフランス人ではなかったか。

フランスへの印象をますます悪くする私であった。

トイレ事情 in 欧州

欧州では飲み水に金を払うのはよく知られているが、排泄にもお金がいるとは知らなかった。

だいたい30~50セント。サービスエリアの公衆トイレのようなところだと、入口でコインを入れるとゲートが開くところが多い。市街地だと電話ボックスのように移設トイレのようなのが立っていて、お金を入れてはいる。しかし長い間入っていると室内の自動洗浄がはじまり、全身泡まみれにされるそうなので注意。

極めつけはこちら。座りっぱなしだと体がくるくる回転しそう。日本でもあるのかな。 「VCLP2465.MP4」をダウンロード

PICT1694e ちなみに欧州では小便器の位置が結構高い。身長160cmぐらいからかな。この辺にも大人と子どもの間に一線を引く姿勢が感じられる。ちなみに子供用の小便器があったところでは、便器の中に写真のような的が貼ってあった。

奇妙な日本語 in 欧州

旅行中に見かけた奇妙な日本語表記。

スナックのコーナーに「霰」と書かれた袋があった。漢方か何かかと思ったら中身は米菓の「あられ」だ。こう書くのか、と勉強になった。なんでも漢字は彼らにとって字ではなく、一種の絵、デザインなのだそうだ。そして「鬱」とかやたらと画数の多いものを好む傾向があるらしい。

バスで移動中、通りに面して「竹中弁当」とという旗を掲げた家があった。しかしそこは弁当屋でもなんでもないらしい。「竹」「中」という字にシンメトリーな美しさを見出した家主の趣味だそうだ。きっと腹を空かして立ち寄った日本人が聞き出したのだろう。

サービスエリアの売店で、レジのところにライターが並んでいた。どれにも大きく漢字1文字と、その意味を表す英語が書かれていたが、その中に「胆」というのがあった。英語ではSPIRITと書かれていた。

スイスでも大音量で走る車を見かけた。世界どこでも同じなんだなと思っていたら、後ろのガラスに大きく「受」の又の部分が「友」というステッカーが貼られていた。おそらく「愛」と書きたかったのだろうが、肝心な「心」が抜けていた。惜しい!

オルセー美術館でもこんなのがあった。SANY2633e日本語を美しく見せるために縦書きにしたのだろう。しかし長音記号が横棒のままだ。パソコンで日本語を縦書きするときは注意だ。惜しい!

でも、そもそも「上階への直通エスカレーター」というのもよく分からない。実際にこれは最上階へ通じるエスカレーターで、各階で乗り換えるが途中のフロアには出て行かれないというもの。だったら「最上階直通エスカレーター」でいいのではないか。

この類の誤植は愛・地球博の外国館でもけっこう見かけた。日本人が監修していないとしても、誰か言ってやった方がいいと思う。

本館にて ライン河クルーズ記録

PICT1547e本館に「欧州紀行」と題して、旅行の写真をアップし始めた。とりあえず日程順にライン河クルーズから。正直、あんまりうまくとれていないのが残念。偏向フィルターをつけたときの露出や、ズームと広角の使い分けがいまいち。構図も相方の方が上手かも。

昨日の午後は時差ぼけがつらかった。ちょっと机に伏せたつもりが体が鉛のように重く感じられた。起きあがろうにも腕立てをするぐらい力を入れないと起きあがれない。呼ばれて返事をしたくても口から泡を吹くだけで、まぶたを指で開かれるという最悪な夢を見た。

本物めぐり

mh01  無事、帰ってきました。今回はドイツ、スイス、フランスと巡ってきたけど、自然や芸術など、有名なものの実物を見て回って来られたので、順次紹介できればと思います。

写真はスイスのマッターホルン。好天に恵まれ、ハイキングしながらの撮影。

さて、明日から仕事だ。時差ぼけがつらいだろうな…。