映画・テレビ

学校へ行こうMAX

好きな番組の一つ。

バレリーナを目指す中学生を、海外の第一線で活躍する日本人に会わせに現地まで連れて行ったり、英語を勉強する児童生徒にハリウッドスターのインタビューをさせたりと、すばらしい経験をさせてやっている。

ニュースでは少年犯罪が取り上げられるだけだし、バラエティーは品がないものがひしめき合ってるだけに、こういうものでメディアを中和していってほしい。

すごいな、ストリングラフィ

たくさんの糸電話で音楽を奏でる、ストリングラフィ

完全な楽器だし、演奏の様子はまさにパフォーマンス。

音の授業の時に紹介したい。

『パイレーツ・オブ・カリビアン2』

うーん、来春公開予定のパート3の前編的な話しだった。

会場が笑いに包まれるシーンも、涙を誘うシーンもあったけど、

いかんせん長すぎる。

そして、「あらあら続くのね」的な終わり方。

彼らに再会できたことはうれしかったけど、

正直なところ、1作目で完結していてもよかったかな。

『M:i:III』

面白かった。シリーズ中で最高、というのは頷ける。

ネタばらしはしないけど、

一度こいつは怪しい、と思うと、

どんどんその人の怪しさを立証するかのように、

人というのは様々な状況を理解しようとしてしまう、

そんな怖さがあるなあと思い知らされた。


で、状況証拠だけで軽々しく犯人扱いするものではないなと思いつつも、

秋田の児童殺害事件などは、どうみたっておまえが怪しいだろう、と

思ってしまう。

この辺の判断が難しい。

日テレ アンテナ22 『実録!真夜中の少女たち』

出会い系、援助交際、動画チャット…、毎日イヤというほど迷惑メールが届くので存在は知っていても、そこで働く(という表現が正しいかどうかは別として)女の子たちの実態、考え方に触れようとしたこの番組には、いろいろと考えさせられるものがあった。

この番組を子どもたちと一緒に見て、いろいろと話し合ってみたいと思ったが、刺激が強すぎるだろうか。

番組とは直接関係ないが、こんなことを思った。

もし人生がもう一回あったら、また生まれ変わっても、もう一度やってみたいと思うことを、今の人生でやるべきだろう。

逆に、もう一度人生があったら今度はやらないでおこう、と思うことは、今の人生でもやらない方がいいだろう。

好きなものだけ食べたい NHKスペシャル

もう絶句の連続

朝食を食べてこないこと(欠食)が問題かと思っていたら、食べてきていればいいというわけではなかった。

信じられますか、こんな朝食。

  • ハンバーガー1個
  • スナックと炭酸飲料
  • コンビニのおにぎり2つだけ
  • カップラーメンとベビースター

どれも小学生です。

その結果、10人に1人が高脂血症だったり、肥満だけでなく、やせ形も急増しているようです。

さらに驚いたのは、そういう食事をさせている家庭が取材を受け入れ、本人も親もあっけらかんとしていたところ。

あとは、番組では肥満の子どもたちを集めた入院プログラムが紹介されていましたが、私だったらこうするな、と思ったことをあげてみます。

基本的に、農村留学

  • 朝は日の出で起床、夜は8時就寝
  • 午前中は家畜の世話と昼ご飯作り、午後は畑仕事や薪割りと夕ご飯作り
  • お昼と夜は自炊。お昼ご飯はバーベキュー、夜はシチュー類
  • 白米は1週間の量が決められており、食べ過ぎるとなくなる
  • 飲み物はお茶類
  • 電気はライトのみ、コンセントは無し

「働かざる者食うべからず」合宿

こういう合宿があったら、自分が行ってみたい。命が洗われるだろうと思う。

日本がもし100人の村だったら

どうなるんだろうと検索してみたら、ありました。ただし、100人ではなくて1000人ですが、とても参考になりました。

上のサイトでは載っていない項目で興味があるのが、

  • 新聞購読者数
  • 未成年の子どものいる世帯数
  • 小中高校生の人数 (このあたりはすぐに調べて計算できるかな)
  • 選挙権があって、この1年で投票に行った人
  • たばこを吸う人
  • 自動車運転免許を持っている人
  • 入院している人
  • 教職員

などなど

なんだか、タモリの笑っていいとも!で、ゲストがスタジオ参観者に向かって、こういう人は1人ぐらいしかいないだろう、という質問をするコーナーを思い出してしまった。

こんなのを選択社会か何かで、調べ学習としてやらせてもおもしろいかもね。

世界がもし100人の村だったら

パート4が放映されました。

厳冬のロシアでエイズと闘いながら物乞いをする少年

カカオがチョコになることも知らず、一日中農場で働かされる兄弟

親に捨てられ13で出産、15で第2子を産むも男に逃げられる少女

今、この瞬間にも彼らは生きている。

その現実が、なんとも切ない。

一方で、彼氏さえいれば世界はハッピー、美しくなれると

”布教”していた昨夜の番組がなんとも空しい。

ところで、世界の人口を100人に圧縮し、

どのような境遇の人が何人いるかというこの企画。

もし、日本人全員を100人に圧縮したらどうなるだろう。

実は均質そうに見えて、日本人の中でもいろいろな状況がある。

この企画は、いろいろな問題を生み出すかもしれず、

調査、集計をしたとしても、公表はされないかもしれない。

とすると、だ。

世界の人口を100人に圧縮して考えてみる、という発想には、

どこかに「私たちはよかった」的な、欺瞞があるまいか。

ともあれ、

教室の前に、「みんな違ってみんないい」なんて色紙よりも

彼らの写真を貼った方が、よっぽど教育的だろうと思う。

倖田來未 おまえもか!

(金スマ見てます)

あーあ。

「『水は答えを知っている』って知ってますか?」 !!!

水に「すき」という字を見せると結晶が!

「きらい」という字を見せると汚い結晶が!

女子高生たち、もう完全に洗脳されてますから!

ノリのいい大阪弁で、共感してしまう話をする彼女。

もう立派なセールスレディーです。

『海猿』

俺ならエンドロールはこうする~(「鉄拳」風に)

  • 大塚寧々が赤ん坊をあやしている~(でも名前は大介じゃない~)
  • 吹越満が娘と再会する~
  • 佐藤がアメ車を乗り回している~
  • 伊藤と加藤の結婚式で同僚が潜水服で登場~

そのぐらいかな。おもしろかったですよ。飲み会の後に観たら、途中で脈拍が200を超えて、あやうく要救助者になるところでした。

テレビのジャンル

むかし、英会話教室で「どんなテレビがすき?」というテーマで話したことがあった。

その時、私は「ドキュメンタリー」という言葉が思いつかなかった。というか、思い浮かばなかった。スポーツ、バラエティー、ドラマ、グルメ、クイズ、ニュース、天気予報、アニメ、そんなことを言ったあと、じゃあ先生は?と尋ねたら、「ドキュメンタリーだ」と返ってきた。

そっか、ドキュメンタリーがあったか。知的な回答でいいなあと思った。フィクションもおもしろいけれど、ノンフィクションの方が好きな割に、この言葉が出てこなかった。

医療刑務所を取材した、TBS「報道特集」をみながら、そんなことを思い出した。

人体再生スペシャル2

昨夜放映されていた番組。

  1. 事故で腕を失った男性が、腕の神経を胸にうつして、その信号を読み取って動く、義手をつけて生活しているという話。
  2. 生まれてまもなく脊髄損傷を起こし、下半身が動かなかった少女が、親の必死のリハビリで、今では歩行器を使いながらも、立って歩けるようになった話。
  3. 事故で視力を失った男性が、脳に電極を埋め込んでカメラの画像を直接、脳に電気信号で送るという手術を受けたが、最終的には使わなくなってしまったという話。
  4. バックトゥーザヒューチャーなどでおなじみのマイケル・J・フォックスの、パーキンソン病であることをカミングアウトするまでの話。同じく、日本人でパーキンソン病とたたかう男性の話。
  5. 交通事故で脳に損傷を負い、短期記憶とともに悩むこともなくなってしまったが、それは幸せなことなのかどうか、という話。

3.の、デジカメからの電気信号を直接脳に伝える手術を受けた方の話は、先日のNHKでも放映されていましたが、NHKはサイボーグ技術の進化という視点だったのに対し、こちらはその技術がまだ不完全で、この方を幸せにするものではなかったという視点で、対照的でした。

脳に電極を埋め込んで電気信号を送るとものが見えたり、胸に腕の神経を埋め込むと、胸を触られているのにひじを触られているような感覚がしたりと、人間とは、脳とは何なのだろうと、考え込んでしまいました。

チーター で エンカウンター

ロンドンブーツの二人が司会をしているクイズ番組、チーター。

見ていてふと、これってクラス開きのときとか、友達作りなどでよくやるエンカウンターのひとつとして使えるかも、と思いました。

残念ながら、今年度私は現場を離れているのですぐには試せませんが、多少アレンジして、司会役と5人の回答者というグループでやらせてみたり、あるグループを前に出して、どんな意見をしあうのか周りで観察してみたり、あとでチーターに指名された人に感想を聞いてみたり、けっこう面白いんじゃないかと思います。

だれかきっと同じようなことを考えている先生がいると思うので、実践報告をしてもらえないかな。

チーター

もう、忘れたころの更新で、おまけにテレビネタと食べ物ネタしかなくて恐縮ですが・・・。

ロンドンブーツが司会をしている番組って、いわゆる「よろしくない」番組ばかりかと思っていたら、このたび深夜からゴールデンタイムに移ってきたというクイズ番組「チーター」はなかなか面白かったです。

ブログの女王、眞鍋かをりに至っては、自分が誤解されたことで泣き出す始末。ああ、子どものころ、こういう子っていたよなあ、と彼女の性格の一端が垣間見えた気がしました。

ただ、自分が「きっとこの人がチーターだ」と直感的に思った人がことごとく外れ、「え、この人だったの!?」ということが多く、こりゃ何かあったときに直感で人を疑ったらまずいな、と反省させられました。

前に、お酢とりんごジュースを用意して、「お酢を飲んだのは誰だ」というタイトルで、演技することに挑戦してみようというのをやってみたけど、一口とはいえ、りんごジュースが飲みたいという気持ちでクイズそっちのけになってしまい、あまりうまくいきませんでした。

読み聞かせや紙芝居とかでもいいのですけど、体全体を使った演技に挑戦させるって、中学生ぐらいの子たちには難しいんだなあ、と思ったものでした。

ゴリエダンス大会

少し前の話になりますが、テレビでゴリエ杯を見ました。

実は私もちょこっと練習したことがあって、ゼイゼイハアハアいいながら「ゴリエはすごい!」と感心したものですが、ちびっ子はさらにすごい。どこにそんなエネルギーがあるのか、お前たちは光子エネルギーなのか!?(「プルートゥ」より)

泣く子も黙る厳しい練習、インストラクターや親との絆、なんでもそうですが、一生懸命がんばる姿は本当に美しい。心から拍手を送りたくなるし、ジーンときますね。

個人的には「ガムQ」が技能・面白さとも抜群かと思いましたが、パワフルエンジェルズも将来が楽しみ。どういう中高生時代を経てどんな大人になっていくんだろうなあ。

地震雲?飛行機雲?

昨日、日本テレビで放映された、もしも東京直下型地震が発生したらというドラマ。冒頭、テレビ局員が専用モニターに映った飛行機雲を見て、
「これって地震雲かなあ」
「そういう説もあるけどよく分からないらしいよ」
などと言うやりとりの直後に地震が発生。

これでは「そういう説もあるらしいよ」もなにも、まるで地震雲の存在を肯定してしまってはいないだろうか。

確かに解明されていない分野だけれども、少し前には全国紙の新聞にも写真が載ってしまったり、マスコミとしては地震雲は「アリ」だと思っているようだなあ。

劇的ビフォーアフター

なんかテレビネタの続く今日この頃…。

昨日は、細い路地の先端の、なんと鋭角18度という三角形の土地8坪に建つ、大正から続いているという鶏肉屋さんのリフォーム。

感動しました。ただただ狭い土地を有効活用するだけでなく、老夫婦のために愛情いっぱいの工夫を凝らしたリフォームに、こういう設計士さんがたくさんいたら日本は暮らしやすくなるのにな、と思いました。

あまりの素晴らしいリフォームに、若大将が始めるつもりだった焼き鳥の焼き場に、引退しようと思っていたおじいちゃんが意気揚々と立って焼き始めてしまったのが微笑ましかったです。

スタジオのゲストも「一度行ってみたい!」と言ってたけど、私も行ってみたいな。

アスベスト問題で時々スペシャルでしか放映できなくなってしまうのが残念ですが、良質な番組の1つですね。

左手の法則

が、東京ガスの「ガスパッチョ」で登場したと思ったら、ガムのCMでも堂本剛くんがなんかいろいろやってる。何で今、左手の法則なんだろう。

きっと、インパクトはあっても3本の指がそれぞれ何を表しているのか全然覚えてない人が多いんだろうな。

電、磁、力、だからなに?みたいな

そういえば、ガスパッチョのCMでフレミング役で登場する外国人男性、最近違うCMでもなんかレーサーの格好をして登場している気がする。

女王の教室 特別編

昨日今日と2夜連続で放映されていましたが、私は本編のドラマは全然見ていませんでした。というより、基本的に学校を舞台にしたドラマは見る気がしません。現実を無視しておちゃらけているか、問題点を誇張しすぎているかのどちらかで、見ていて胸くそが悪くなるからです。

なんて言いながらも、しゅう君の熱演が光った最後の金八先生シリーズは見てしまったりするのだけど、今回この女王の教室を見てみたいと思った理由はただ1つ、そのサブタイトルがスターウォーズを思い起こさせたから。

真矢先生はアナキン・スカイウォーカーみたい。夢や希望に満ちていた時代から、愛するものを失って鬼と化してゆく。あの黒装束はきっとダースベーダーを意識していると思います。そんな彼女が登場するときの音楽はダースベーダーのテーマがぴったりなんじゃないかな。そして鼻息は「コーーッ、フォーーーッ」って。

それにしても都教委の再教育センターの指導主事が石原良純というのも面白い。まじめな話、彼なんかが教師になったら面白いんじゃないかな。

それから、いじめられ役の男の子が、なんだかお笑いの塚地に似ていた気がするのは私だけ?

『ミュンヘン』

私を含め、70年代とはフォークソングの時代だと思っている方は、こちらで予習してから観ることをおすすめします。

スピルバーグ監督作品は好んで観ていますが、今回の作品は『シンドラーのリスト』の不条理さと、『プライベートライアン』の緊張感を足して2で割るところを2倍にしたような余韻が残りました。

パレスチナ側にもイスラエル側にも生身の人間がいることを描いたこの作品は、ちょっと道徳的すぎると賛否両論を巻き起こしているようですが、近隣諸国との関係がぎくしゃくしつつも平和ぼけしている日本人にとってはちょうどいい「課題図書」のような気がします。

ガスパッチョ

東京ガスのCM、いいですよね、織田信長編も、ガリレオ編も。好きです。

ガリレオ編は、ちょうど今、天体の授業を行っていて、天動説や地動説の話しをしているので、話題に使わせてもらってます。でも、子どもの見ている番組の合間にはあまり流れていない様子。

で、ガスパッチョってもともとはスペイン料理の名前なんですね。野菜スープのようです。で、色々見ていたら、どうやら火を使わなくてもできる料理、なんて書いてあるじゃないですか。東京ガスさん、なんか矛盾してないか…?

まあそれはいいとして、今後どんな人を過去から連れてくるんでしょう。子どもに考えさせてみたら、次はアウストラロピテクスだそうです。果たして妻夫木くんと会話になるんでしょうか。というわけで、またまた授業から脱線してしまったのでした(^^;

みなさんならば誰を過去から登場させますか?ちなみに私は、風呂に入ってひらめいて裸で街中に飛び出した、アルキメデスですかねぇ。

吹奏楽の旅SP

テレビネタの続く今日この頃…

音楽を通じて人間的に成長するとはどういうことか、子どもたちに知って欲しくてこの番組を見るように伝えたのだけれど、どれくらい見てくれただろうか。

現在、合唱祭に向けて朝昼夕と校舎のあちこちから歌声が聞こえてくる。どのクラスも一生懸命でレベルも結構高いのだけど、中にはどうしてもやらされていると感じている子も少なくない。

文化部は運動部に比べて生ぬるいと思っている生徒もいるようなので、ぜひこの番組を見て、スポーツも芸術も感動を与えてくれるチームは日々真剣勝負なんだということを知って欲しい。

それにしてもいつ見ても彼らはすがすがしい。あんな頃があったかな、としみじみ思う。

リアルに描きすぎ!

『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』を見ています。

右足切断のシーン、血の気が失せた。こういうときは目を覆うのがいいのか、耳をふさぐのがいいのか。失神した人もいるんじゃないか。

こんな現実が自分の身に降りかかったら…

生きるとは…

生まれたからには、生きるしかない。生き抜くしかない。

スーパーサイズミー

先日、新宿に行った際に相方がスーパーサイズミーというDVDを買った。

少し前、アメリカで肥満の原因はマクドナルドだと訴えたという話しがあったけど、それを見た監督が自分で1ヶ月のあいだ毎食毎食マックを食べ続け、どうなるかという暴挙に出たという話し。

なんだか自分の不健康さを指摘されているようで、ラーメン大好き小池さん的な生き方も変えなくちゃと思ってしまった。

これは保健や食育教育にももってこいだ。民間が参入したブッフェ方式の給食の行き着く先など、本当に日本はアメリカが失敗したことをわざわざ10年後に同じ轍を踏んでいる気がしてならない。

食生活って大事だからねぇ。
僕も休みの日の小池さん生活改めないと(^^;

そういえば中3の時の担任が、小池先生で、
あの小池さんそっくりなんですよ。本人曰く、
「あの小池さんのモデルは僕なんだよ!」

でも、何だか信じてしまいそう。
それくらい似ていました(^^)

ども、いよいよ万博も千秋楽だね。

ラーメンといえば、新宿の桂花に連れて行ってくれたのはtakashiくんだったっけ。今でも時々池袋店に行きます。

小池先生のようなユニークな先生は、きっと何年経っても友達の間で話題になるし、きっとシナイの学校をまわっているだろうから地域でも有名人になっているかもね。

『アイランド』

前回、『宇宙戦争』を見てがっかりしていたのでその口直しのつもりで見に行ったけど、期待を上回る作品だったと思う。予告編でかなりストーリーは読めてしまっていたが、それでも単純明快かつスリリングな展開を楽しむことができた。SFとしての面白さは『タイムライン』に近いかな。こちらも難しい考証は抜きにして単純に楽しめた。

さて、派手なカーアクションをよく見ていると、キャデラックのコンセプトカーなど現存する高級車が多数登場し、ロスで見たインフィニティFXやRX-8もちらりと見えた。それらの高級車を惜しみなくボッコボコにするあたりは何とも痛快(あー、もったいない)。

近未来SFということで『マイノリティ・リポート』(これは面白かった)を彷彿させたり、ホバートレインやスクーターの音はスターウォーズからのサンプリングかなと思わせたり、映画監督も大変だなあとそういう面でも楽しめる。

クローンに関する考察はいろいろ議論になっているが、あの後のクローンたちはどうなるのだろう。一見ハッピーエンドだけれども、ここからが本当の「アイランド」を求めて苦難の道かも知れない。

この日の予告編では『ハリーポッターと炎のゴブレット』、『チャーリーとチョコレート工場』が紹介されていた。『ハリー~』の方では3人の成長の様子がフラッシュで映し出され、さながら西洋版の『北の国から』のよう。