書籍・雑誌

包帯クラブ/天童荒太

この夏の課題図書にオススメ。

発表から半年近く経ってしまい、買ったまま本棚にしまっておいたのが悔やまれるくらい面白かった。

健康診断の待ち時間に読み始めたけど、ラストを知りたい衝動に駆られ、その日のうちに読んでしまった。こんな気持ちで小説を読んだのは久しぶり。どんでん返しを期待しながら映画を見ているような感じだった。

映画といえば、最近は同じストーリーを映画とドラマの2本立てでやるのがはやってきているようだけど、そんな無駄なことをしている暇があったら、こういう良質のものをドラマ化してほしい。

ただしキャスティングには気をつけて。でないと『東京タワー』みたいになっちゃうからね。

『くさいはうまい』 小泉武夫

発酵学でおなじみの先生が書いた

先日、TOKIOのメンバーが臭さをはかるセンサーをもって、世界中から集めたくさい食べ物に挑戦するコーナーがあったけど、そこに登場したくさややシュール・ストレンミング、臭豆腐や韓国のエイの漬け物などももちろん収録されています。

読み進むうち、これはちょこっとかじってみたい、というものもあれば、これは説明を聞いただけで勘弁、というものまで様々。でも、人間の飽くなき探求心というか、偶然の産物というか、文化というのは面白いものだなあとつくづく思います。

巻末の哲学者中村雄二郎さんとの対談もなかなか面白いです。


認知症と『アルジャーノン…』

40代半ばで発症した妻と、彼女を支える夫。

だんだんと字が書けなくなっていく彼女の日記を見て、『アルジャーノンに花束を』を思い出した。

最初は大人らしい字を書いていたのが、やがて漢字が書けなくなり、ひらがなでも誤字脱字が目立ってくる。ついには、本当にひらがなを練習し始めた子どものような字になってゆくのである。

それはまさに、脳の発達を逆再生して見ているようで、いろいろと考えさせられた。

大学図書館にて

今年は聴講生として大学に来ているわけで、

図書館で本を読んでいたら、目の前にこんな学生が。

髪型はインコかオウムか、結構手の込んだ茶髪、というより金髪。

大きなバッグをどさっと机においたかと思うと、小さな文庫本読み始めました。

タイトルは、

 『女が歓ぶ「口説き」の法則』

 ・・・

ほぇ~。

どんな内容なんだろう、と私も興味津々。

しかし、しばらくすると、すーすー寝息を立て始めました。

おもしろくないのかな。

バイトでホストでもやっているんでしょうか。

それとも家庭教師?

まあ、どちらにしろ、いろいろ挑戦できるのは今のうちだけだものね。

その本に書いてあるかどうか分からないけど、

女を口説くときもカウンセリングマインドが大事だぜ。

きっと。

--------

こんな文章を書いたら、へんなTBがたくさんつくかな。

『他人を見下す若者たち』

このところ新書がブームなんだそうで。

昔から文庫本よりも新書を好んだ私からすると、確かにこのごろは読者受けする軽いノリのものが増えてきたなと思います。

で、話題のこの本を読んでみました。自分もそういう面が多々あるなと思いつつ、でもこのくらいの内容ならば今夜も居酒屋でみんな話してることだよな、とすでに見下しモード(^^;

本書の中で触れられていなかった点で、私がこのような風潮に影響しているなと思うのは、「ジョジョ」に代表される全能キャラクターがマンガに登場したことではないでしょうか。

ウルトラマンも仮面ライダーも確かに強かったけれど、他人を見下したセリフは言ってなかったと思います。それが、いつの頃からか「強くて生意気」な主人公が登場し、それがヒーロー像として定着してしまった感じがします。

また、「カリスマ」とか「セレブ」とか、本当はなかなか近づけない、至高の人であるはずの代名詞が軽々しく扱われ、なんだかだれでもカリスマやセレブになれるような錯覚を生み出している、言葉の濫用も影響していると思います。

よく「我以外皆師なり」と言いますが、私はまだこの言葉を座右の銘にするほどの人格者にはなれていません。世の中にはとるに足らないものもたくさんあって、本物を見極めながら師を見つけなければな、と思っています。

PCを捨て、カフェに行こう

変なタイトルですが、「書を捨てよ、町へ行こう」のパクリです。

PCというのはパソコンだけじゃなくて、テレビやケータイなどのマスメディアを含む情報ソースを指したいと思います。

1日中、テレビやインターネットからの情報に触れていると、すさんだ事件やニュースばかりで気持ちが滅入ってしまうことがあります。そもそも、1日中そんなことをしているのが間違っているのですが、そういうときはスタバとか、人通りの多いカフェに行ってみるのが一番いいような気がします。

といってカフェに行ってみると、そこでパソコンを開いている人もいますね。私もやったことがありますけど。イヤホンをして勉強している(ふり?の)人もいたりしますが、それはカフェの有意義な利用法じゃないんじゃないかな、と思います。

コーヒーの香りを楽しみながら町をゆく人々を眺める。いろんな人がいるなあとぼーっと眺めているだけで、いろいろと世の中に問題があるけれども、まず自分が何をしなければならないか、ふと我に返ることができます。いわゆるリセット。

なんて事を書いてみたものの、実は寺山修司がどんな人だったのか、一つも著作に触れたことがなかったし、今さら感化されてどうこうなることもないと思うので、何か読んでみようかな、と思っています。

まんげつのよるに

ネタバレはありません。安心してお読み下さい(^o^) mangetunoyoruni

先日から公開が始まった『あらしのよるに』の原作の続編。原作は6巻まであり、大人でも涙してしまう感動の結末だったのだが、新聞で第7巻が出ると知ってドキドキしてしまった。

さて、その7巻の感想はというと…。

まあ正直なところ、大人としては6巻で終わっていてもいいかな、でも子ども向けにはこの方がいいかなという展開。途中ちょっとハラハラするけれども、「本当は怖いグリム童話」ではないので、それなりの結末を迎えます。

このシリーズを使って子どもたちに読み聞かせの練習をさせたいと思ってきたけど、彼らもどうやら小学時代に読み聞かせられたらしい。放送委員に、お昼の放送で読ませてみるかな。

映画を見に行きましたよ。原作まったく知らなかったので「ともだちだけどおいしそう」というコピーがコメディっぽく感じて楽しみにしていたのですが全然違うんですね。絵が綺麗でしたよ。(^_^)

 こんにちは、とりさん。お久しぶりです。どうですか、涙腺はゆるみましたか?

 私は絵本コーナーでひとり涙をこらえていた人間なので、ちょっと自信ありません。というか、絵本のイメージを大事にしたいので、今のところ観ないでいます。

 きっと6巻で映画は終わっていると思うので、ぜひ7巻を手に取ってみて下さい。

涙腺はゆるみました。(笑)
ハンカチ必要ですね~。
たぶん、映画は7巻まで入っていると思います。
あの結末は賛否両論でしょうね。私は川に落ちたところで終わってもいいと思ったのですが。(^^ゞ

 なるほど、映画でも7巻に相当する「その後」の話があるんですね。

 絵もかわいいし、きっと親子連れで見に行く方が多いと思いますが、子どもはともかく親がぼろぼろ泣いてしまうでしょうね。

 そうか、映画だと川に落ちるんですね。原作だと雪崩となって…ですけれど、私もそこで終わった方が、寂しいけれど全体としては丸く収まるだろうと思います。

雪崩もあります。(笑)
逃亡前に川に飛び込む場面があり、そこで終わって、2人のことはみんなに語り継がれる・・・というのでもいいのでは?と思ったのです。(笑)
子供にはちょっと退屈かもしれないですね。単調な部分がありますし。
雪崩で終わってもいいけど、雪崩の後があったほうが安心できます。(笑)
うまくいかないことも多いけど。いいことだってある、と思えるほうが安心できます。生きていくうえで。(^^ゞ

 2005年は「生きる」ことをテーマにしたドラマや映画が目立ちましたね。このトレンドはもうしばらく続くのでしょうか。

 かつて、タイタニックの続編ができるとかという話が出ましたが、ああいう終わり方をすると必ず続編を希望する人が出てくるし、かといってハッピーエンドにすると訴えかけるものが弱くなる気がするし、難しいものですね。

フーコーの振り子

Foucault 私にとってはとてもタイムリーな書籍。

夏にパリで本物を見てきたので生徒たちに紹介し、その後のテストで問題に出したら不正解が続出。せっかく動画まで見せたのに、とちょっとムッとしたので彼のことを調べてくるようにと宿題に出したら、中にはウィキペディアなどでよく調べてきたのでびっくり。

そんなこんなしていたらこのような本が出版されたと知り、子どもたちだけでなく、お前も勉強しろよといわれているような気がして、手に取りました。

ガリレオの頃ならいざ知らず、1855年といえばもう科学全盛なのかと思いきやさにあらず。まだまだ教会と科学の確執があったというのだから驚き。いや、進化論など今でもアメリカなどでは根強く続いているのかも知れない。

「地球の自転を見に来られたし」 くぅ~、格好いい! この時代に地球が自転していることを疑う人はいないだろうけど、じゃあそれを証明してみてよと言われてできる人もいないだろう。それを万博でやってのけた彼の名前を忘れてはいけないね。

下流社会

karyu  最近のもやもやをすっきりしてくれる面白い本を見つけた。

「ニート」と「認知症」はほぼ同時期に登場した新語だと思うが、子どもたちの間での「ニート」の浸透はすごい。すごいが彼らはその意味するところを本当にわかっているのかというと疑わしい。 

さて、食料品は段ボールをあけたものを並べるスーパー、衣料品はユニクロ、雑貨は100円ショップ、医薬品はドラッグストア、これだけあれば商店街もデパートもいらない、そんな町が増えてきているように思う。

しかしこれは一見便利なようで、本当に欲しいものは手に入りにくい。いい例が書籍で、近くの書店に行っても売り場面積は広いのに流行のものと雑誌とマンガしかない。これは書籍以外にも言えることで、もしかしたら私たちは知らず知らずのうちに質の悪いサービスを受けているのかも知れない。

痛快なのは、この下流社会化を促進しているのは「自分らしく」「個性を大事に」という教育であるという下り。まさにその通りだと思う。教育も安かろう悪かろうの公立教育と、エリート養成の私学に分かれてゆくのは必然のようだ。注意をすれば殴ってくる小学生、どうしたらいいんでしょうね。

それにしてもお隣さん、もう11時過ぎてるんですけど幼稚園は明日はお休みなのですか?毎晩子どもがはしゃぎまわっていますけど…。

アーロン・ラルストン奇跡の6日間

book080809  書店で立ち読みしていて、貧血で倒れるかと思った本。

単独登山中に事故で岩に腕を挟まれて、自分で腕を切断して下山するか、そのまま息絶えるか、究極の選択を迫られたという話し。ううう、こう書いているだけでも恐ろしい。

そういえば昔もこんな本があった。検索してみたら…これだ、これだ。

『ミニヤコンカ奇跡の生還』 松田宏也 1983年

7,500mを超す山に登るも、凍傷で両手の指と両足のくるぶしから下を失ってしまう。当時自分は12歳。親が買ってきて読んでいたが、初めてページをめくるのが恐ろしいと感じた本だと思う。 彼のプロフィールはこちら

死を見つめた人の手記はどれも鉛のように重い。

テレビでやっている。

…本当に気を失ってしまいそうだ。

ぐぶぅ…

33歳ガン漂流LAST EXIT

33gan  『五体不満足』以来、久々に立ち読みしながら涙をこらえられない本に出会った。著者は自分と同い年。YMO、ガンプラ、スターウォーズ、アンダーワールドなどは私も好きで、同じ時代を生きてきた仲間だなと思う。

NHKでドキュメンタリーが放送される前日ぐらいに新聞広告で彼のことを知った。そして番組を見て、本を手にとって、何とも言いようのない空しさ、切なさで胸がいっぱいになった。

思わず誰かに何かを伝えられずにいられなくなる、そんな本だ。読書感想文にもぴったりかと。