グルメ・クッキング

残念、UNDER GROUND RAMEN

川越市今成のUNDER GROUND RAMENへ。

頑者や光ラーメンの系列らしいけど、修行用、練習用の厨房なのかな、味は普通でした。

「ガンジャラーメン」

「辛みそラーメン」

「ガンジャラーメン」は豚骨ベース。『頑者』で出てくるラーメンとは味も麺も全然別物。このネーミングはどこから来たんだろう。豚骨ではあるけれど、塩ラーメンに近いさっぱり感があります。豚骨臭いのが好きな人には物足りないだろうし、それが苦手な人にはオススメと言えば聞こえはいいけど、つまりどっちつかずな味。麺は細ちぢれ麺。

辛みそラーメンは野菜やニンニクのトッピング増量や、麺の大盛り、特盛りも無料サービス。他のラーメン、つけ麺類が大盛りは100円増しなのを考えると、あんまり人気がないのだろうか。麺は「ほうとう」を思わせる太くて固い麺。川越高校近く「みどりや」の焼きそばを思い出す。

チャーシューは分厚く、1センチぐらい。ただ、チャーシューは節系のスープで煮込んであるので、味噌ラーメンだと味が混濁してしまう感じ。「ガンジャラーメン」の卵は半熟ではなかった。

一番人気のつけ麺を食べればまた違った評価になったのかも。他の人が食べていたのを見ると、つけ麺の麺は平たくて透明感のあるように見えました。

2009年夏、2回ほど行く機会があった。

油そばと辛みそラーメン。辛みそラーメンを食べたことがあることを忘れていた。

どちらもボリュームたっぷり。食が細くなったわけではないと思うのだけど、並盛りで腹一杯になる。

隣で「特盛り」とか頼んでいる人がいてビックリ。よく食べ切れるなあ。というか、食べ始めによくこぼさずに食べられるなあ、と。

おいしいパン屋を探して 「パンのかほり」@川越

なんかおいしいものばかり探しているようですが、相方の散歩につきあって近場をほっつき歩いているうちに、とうとう車で出かけてみることになってしまいました。

これまで見つけたのは、鶴ヶ島は松が丘の交差点にある「momonga(ももんが)」。ここのは固いフランスパンにありがちな「ガリッ」ではなく、サクッとしていてとても食べやすいです。そう、ラスクのような感じかな。

もう一つは川鶴商店街の「pumpkin(パンプキン)」。こちらは色んな種類の味パンがあって、飽きさせません。日替わりなのか、抹茶バナナボートなどもあったりします。

で、肝心な「パンのかほり」はどこにあったかというと、川越の東端、総合運動公園の向こう側。
バターにはよつ葉バター、伯方の塩などの厳選素材を用いて、カスタードクリームやジャムなど、具材はすべて手作りだそうです。もっちりとしたパンが好きな方にオススメ。私はホワイトシチューパン150円がおいしかったです。

お店のHP
http://www.kahori.net/

トライシクル 洋食屋@川越

"三輪車"という名前の洋食屋さんです。川越市は菅原町、マインの裏を南に歩いていくと見えます。居酒屋「バッカス」の少し向こうの道向かい。

実はここは私の親類が住んでいてよく遊びに来たところなので、思い出深い場所です。

そんなお店で、玄米のワンプレーとランチ(相方)とパスタランチ(私)。相方のには豚肉のオレンジ煮がのってましたがこれがとても柔らかく、いい香りでおいしかったです。私のはサーモンクリームで、こちらも濃厚なソースとアルデンテなパスタの相性がばっちり。

それと特筆すべきは、ソフトドリンクの「ジンジャーエール(辛口)」。甘口もあったのだけど、どんなものか試してみたところ、ショウガ湯を冷やして炭酸にしたというか、一味唐辛子でも入っているのかなというか、風邪に効きそうでちょっと癖になりそうな味。

もし訪れたならばぜひお試しを。

お店のHP
http://www.user.kcv-net.ne.jp/~tricycle-cafe/index.html

おいしいケーキ屋さんを探して

不二家が不祥事を起こしたからと言うわけではありませんが、このところ相方と一緒に近所でおいしいケーキ屋さん探しをしています。

   

東武東上線川越市駅から西武新宿線本川越駅へ向かう道の途中にある「RICHE:リッシュ」というお店。相方がネットで見つけました。

開店6周年を迎えるらしい店構えは町のケーキ屋さんという感じだったけど、最近食べたケーキの中ではいちばんおいしかったです。甘さもしつこくなく、ふんわりとした口溶け。

ちなみに私はここしばらくサバランにはまっていて、しみ出してくる洋酒に顔がプルプル。

北海道展 '07初春の陣

けっして北海道展専門のブログではないのですが…

これは札幌豊平館のタラバガニサンド。札幌の本店は完全予約制のレストランだそうです。まさに高級な味パン。カニかまでは真似できない味でした。

おいしいバームクーヘンで有名な北菓楼が意外なことに今回初出店。そしてこれは「夢不思議」という名前のシュークリーム。甘すぎず、でもミルク感は濃厚なカスタードクリームがたっぷり。手の大きさと比べても分かるように、食べ応えも十分です。

こちらは菓子工房フラノデリスの焼きチーズタルト。最近はこれでもかとチーズの味を前面に押し出してズッシリとしたものが多い中、素朴で軽めの食感でした。一つまるまる食べられてしまいそう。

もちろんやめておきましたけども。

自宅にいながら北海道展

  

おいしいバームクーヘンがあるという話しをしていたところ、偶然相方が職場の人からそのお菓子をおみやげにもらって帰ってきた。食べてみたところ、なるほどとてもおいしい。

一切れしかもらってこなかったのであっという間になくなり、これはもっと食べたいぞ、ということでネット注文してしまいました。これまで私が注文することが多かったのに、今回は相方が自らクレジット決済。

というわけで、北菓楼のバームクーヘンと、「果樹園の6月」。これは果物かケーキか、というキャッチフレーズの通り、アップルパイのような風味なのだけどチーズケーキのようで、でもしつこくないという絶妙な味。

うまい、うますぎる、北菓楼。

北海道展も、開催されればまた出かけていってしまうのだろうけど、これからは自宅で北海道展というパターンになってゆくかも知れない。

北海道展 06年秋の巻

4月30日以来ですが、もう何回通っているか分かりません。

今回は、来週に控えた引っ越しに向け、冷蔵庫の中身を整理しているところなので、そんなに大量には買えません。

それでも、アフタヌーンティーの保冷バッグを持参し、ぎゅうぎゅう詰めにして帰ってきたのでした。

さて、まずはフラノデリスで、カフェフロマージュ1,260円。最近のチョコレートケーキはガトーショコラのように味の濃いものが多い中、こちらはほんのりふんわりとした優しいチョコケーキです。口当たりが軽いので、ぺろっと食べられてしまいます。

 

同じくフラノデリスで、いつも長蛇の列ができる、”ふらの牛乳プリン”。今回は通常の倍の大きさのものが各日限定100本であったのだけど当然売り切れており、通常サイズのこれを買うのにも20分ぐらい並ばなければなりませんでした。最後尾は催事場のフロアから階段を下って、ずーっとずーっと70~80mぐらい先でした。

次は、札幌市から「洋菓子きのとや」で、”スペシャルきのら”3個入り、945円。チラシではこれの5倍くらい栗が入っているのだけど、でもとても美味しくて、口にほおばった瞬間はマルセイのバターサンドのような洋酒の効いた香りがしました。

 

おなじみのロイズからは、”ガトーガナッシュ”。6個入り1,050円。ロッテのチョコパイのようだけど、中身がぎゅっとしていて濃厚な味。

 

頑者 カップラーメン

 川越(本川越駅前)にある、つけ麺で有名な「頑者」。

先日、初めて行列して食べたのですが、今回はそのカップラーメンが登場したので紹介。

結論。スープは、まあがんばって再現していると思います。でも、麺はどうしてもカップ麺の限界があるようで、食感は沖縄そばに近いかな。

で、本当のお店の味はどうかというと、つけ麺は、確かに数あるつけ麺屋さんの中では、お手本となる味だと思いますが、ラーメンならば近喜屋さんのほうが好きです。

しろいんげん

TBSで紹介された、しろいんげんダイエット。まめをよく煎らなかったのか、嘔吐などの症状で苦情を訴える人が後を絶たないらしいですね。

実は私たちも炭水化物が大好きで、おまけに体を動かすのが苦手。早速試してみようと、川越にある「まめ屋」に行ってきました。

小雨の降る日だったのですが、しろいんげんは飛ぶように売れていて、店員さんもびっくりしていました。でもこのお店でおいしいのは、フライビーンズのわさび味や、ココアをまぶしたチョコ風味のものです。

さてさて、その足でミルサーまで購入し、帰ってきてさっそく粉にしてみました。番組で紹介されていたとおり、さっと水で洗い、よく拭いて、フライパンでちょっと焦げ目がつくくらいまで煎ります。

大きな豆だと10粒ぐらいでもミルサーには負担が大きいらしく、少しずつやらないと、結局、粉の中に大きな粒が残って歯に挟まってしまう羽目になります。

さて、ご飯にかけてみた感じは、あっさりしたきなこのようで、粉っぽくはなりますが、コーヒースプーン2杯ぐらいならパサパサにまではなりません。

牛乳にも入れてみたところ、まさに豆乳の風味。少しコーヒーを混ぜると飲みやすいです。ただ、大きな粒が残っているとカップの底にたまってしまいます。

炭水化物の吸収を抑えるというしろいんげん豆、果たして私たちに効果は現れるのでしょうか・・・。

 今夜は冷やし中華。ゴマだれだったのですが、これにしろいんげんの粉をかけたところ、風味が増してとても美味しくなりました。

 しかし、相方が食後に体調不良に。嘔吐まではいきませんが、気持ちが悪いと言って寝込んでしまいました。

 豆のせいか、疲れなのか、ちょっと心配。

白いんげん豆ダイエットの決定版です。
白いんげんの毒性を無効化したものなので安心してダイエットに取り組めますよ!!
詳しくは下記まで・・・
http://www.age.to/~chance/womanlife/

手打ち麺

鶏ガラの醤油スープと相まって、ワンタンを思い出させます。

夜にも別の店で佐野ラーメンを食べてみたところ、やはりこのお店は行列ができるだけあっておいしいと言うことが判明。

やっぱり行列

佐野のアウトレットへ。せっかくだから佐野ラーメンを、と足を伸ばして、雑誌に載ってる店に来てみたら、この行列。
50人ぐらいでしょうか。店構えはふつうの、どちらかと言えばひなびたラーメン屋さん。
きっと、地元の人からしたら異様な光景なんだろうなあ。

美味しいことを期待して、列ぶのを我慢しよう。

和食バイキング

大宮のステラタウンに行って、和食バイキングのお店で食事をしてきました。

自然派バイキング わらべ

中華のバイキングだと脂っこくて胃にもたれてしまう感じがするけど、和食のバイキングは京都のおばんざい屋さんみたいでなかなかいいですね。

平日だと1,280円、混雑時は70分の時間制限があります。70分というのは、料理を取りに行ってたりすることを考えると、ゆっくり話をしながら食べていると、一通り食べられないでしょう。(別に全種類食べる必要性はないのですが)

ランチは午後3時半でオーダーストップ、4時に一度お店が閉まり、5時半からディナーの部が開店しますが、15分ぐらい前から店の前に10人ほどの行列ができていました。でも、店内は十分広いのですぐ満席になる心配はありません。

北海道展 スイーツ

というわけで、恒例の撮影会(今回はすべて相方が撮影)

柳月(りゅうげつ)の「十勝高原フロマージュ」

DSCF0931 DSCF0936

(でもこれって、パッケージから中身まで、ルタオのドゥーブルフロマージュとそっくり)

ロイズのチョコパウンドケーキ、「アソートメント・ガトー」

DSCF0937 DSCF0940 DSCF0942

これもロイズでバームクーヘン

DSCF0945 DSCF0956

六花亭の「おふたりで」

DSCF0959 DSCF0962

あと、写真には撮っていませんが、ルタオの「ショコランジュ」を買いました。

最後に、スイーツではありませんが、夕飯用に、海鮮丼。

DSCF0966

すみれ

PA0_0117

今回はレストラン街の食堂へ。
カップ麺でしか食べたことがなかったけど、ちょっと油っぽくてもう少しコクが欲しいな、っていう感じ。
麺がスープよりも熱く感じたのにちょっとビックリ。

コロッケで一杯

幸せ~(相方)
ああ、素晴らしいゴールデンウィーク(^o^)

北海道展へ

もう常連さんと化してるな(^_^;)

豚カルビうどん

ひとりで東急ハンズをブラブラしたあと、何を食べようかなあと池袋サンシャイン地下へ。そして立ち寄ったのがこちら

3時からの男性3千円で焼肉食べ放題、ビール飲み放題もあってぐっと来ましたが、ひとりでは挑戦できないし、虚し過ぎます。

というわけで、食べたのはこちら。ラーメンもあります。

上質な豚カルビがゴロゴロ入っていてお得。写真で見るよりも辛くなく、スープにはうまみがたっぷり、飲み干したくなるのをがまんがまん。

というわけで、サンシャインに行かれた時にはお勧めです。

ホワイト餃子

本川越店へ。 しかしこちらの店舗一覧に載っていないのは何でだろう。

ラーメンは・・・普通でした。可もなく不可もなく、という感じ。そして看板のホワイト餃子は、

これが1人前の8個。ラーメン1杯ずつとこれを半分ずつ食べましたが、にら饅頭ぐらいの大きさがあり、これとライスでお腹いっぱいになるだろうと思います。

ところが隣に来たカップルは、ラーメン1杯を半分ずつにしていた後、なんとそれぞれが12個ずつ食べていたのです。12個!すごいなー。

横浜市内にも一軒あるよ。
いつも20個とビールで
おいしいんだ

chaofanさん、コメントどうもありがとうございます。

ビールで食べたらおいしいでしょうね!20個、いけそう・・・かな。お皿にてんこ盛りで、月見団子みたいでしょうね。

スープカレー

近場にスープカレーのお店ができたというので行ってまいりました。

サッポロスープカリー Buzz curry&cafe

辛さは4段階で中辛までは無料、ライスの量も大盛りまでは無料(つまりもっと大盛りがあるのです)と、サービス満点。

中辛を食べてみましたが、ジャワカレーの中辛ぐらいでしょうか、のどの奥にヒリッときますがほどよい辛さでした。

豚肉もやわらかく、ブロックがたくさん入っており、野菜にもしっかりカレーの味がしみこみ、なにより卵の半熟具合が絶妙。おいしいです。

ライスをスプーンですくい、スープにちょっと浸して食べましたが、口の中でご飯がすぐにほぐれて、あまりかまずに飲み込んでしまえるのが玉に瑕? どんどん食べられてしまいます。

大戸屋にもスープカレーができましたが、先日訪れたときに店内がいっぱいだったので入らずにあきらめて良かったかも。

おいすぃーつ!

PICT2135e

北海道展ならぬ、「京の老舗めぐり」へ。

写真は、京洋菓子のジュヴァンセルのもの。

  1. 手前のが「京のかけ橋(だったと思う)」…きな粉のババロアを求肥(ぎゅうひ)で包んだもの。
  2. 右のが「さがの路」…よもぎ餅を挟んだレアチーズを抹茶の求肥で包んだもの。
  3. 奥のは「栗みのる」…口に入れる前から栗の香りが漂う濃厚なモンブラン。

「ケーキ屋さんってなんて罪作りな職業なんだ!」 と、うれし泣きの相方。

このほかに買ってきたものは、

  • 生麩 (『麩太』:よもぎ味)
  • ゆずもち (『鶴屋吉信』)
  • 漬け物 (『大安』)
  • ふみか (『松榮堂』)

京都といえば、「一澤帆布」が経営権を巡る兄弟間のトラブルからしばらく生産停止だとか。いいものだけに残念。もちろん今回の物産展に出品はされていなかったけど、もしされていたら人気コーナーになること間違いないだろうなあ。

飽くなき探求

今回の物産展ではラーメンを食すことが第1目的で、スイーツはまだ前回のが食べきっていないし買うことはないだろうと思っていたところ…

letao01 letao02 letao03

小樽はルタオの、ドゥーブルフロマージュのカボチャ味(ドゥーブルポティロン)発見!これは池袋東武のときには見かけなかったもの。一度通り過ぎかけたけれども気がつけば手提げ荷物の中に!

でも、おいしいです。ケーキ職人って罪作りだなあ。

ところで、パッケージのシールにこんなものを発見。

letao04

そう、これは小樽本店! 写真はこちら

間違いない!(長井風)

行ってきました、山頭火 in 北海道物産展。

santouka01 santouka02 

左が塩ラーメン、右があわせ味ラーメン。

開店前から並んで食べたのですが…

うらで一体誰がつくっているのか、もしかして一般の店員さんが家でラーメンを作る感覚で、持ち帰り用の麺を鍋でゆでて、たれを入れたどんぶりにお湯を注いでつくっているんじゃないか、そんなつくりでした。つゆも少々ぬるめだったし。

池袋東武での物産展では、ちゃんとラーメン屋さんがつくったような麺の盛りつけなのに対し、ちょっとお粗末な感じがするとは相方の弁。

味そのものは、あわせ味の方がコクがあっておいしかったです。

らーめん山頭火

えが、まるひろ川越店「第1回 冬の北海道物産と観光展」にやってくる!

まるひろの開店は10時、催事場内のラーメン屋さんは10時半開店。

塩味が中心だけど、「辛みそらーめん」と「あわせ味らーめん」は各日限定30食だってさ!どうする?>相方

それにしても、なぜ今回が「第1回」なんだろう。もう何度もやっているのに。今年初、ということか?としたら年内に3回も4回もやるのだろうか。

相方曰く、どうやらスイーツで目新しいものはないらしい。一安心。

三角山 五右衛門ラーメン

DSCF0812e DSCF0813e

物産展にて、下で買ったケーキの山を両手に抱えてフロア内のラーメン屋さんへ。写真は、左がみそ味、右がしょうゆ味です。どちらもトッピングに岩のりのせてもらってます。

麺はどちらも同じで歯ごたえがありほんのりと甘みのある麺。具材は共通のネギ、チャーシュー、メンマに、みそ味には茎わかめなどの海草類、しょうゆ味の方には春菊がプラスされています。

どちらも甘みのあるあっさり目ですが、とくに味噌は海産物の出汁との相性が意外に良くてペロリと平らげてしまいました。

----------------------

今回の物産展は「食の」という冠がついており、これまであった民芸品店などは出ていませんでした。やはり何度も開催する中で、食品以外は難しいのかも知れませんね。

ケーキ屋さん開店!?

DSCF0835e DSCF0838e

最初に、富良野市「フラノデリス」の『焼きショコラチーズタルト』。これは、毎回大人気であっという間に完売してしまう“牛乳プリン”を作っているお店の冬季限定発売品!基盤となるチーズのしっかりとした味とヨーグルトなどの酸味、ショコラの甘さが絶妙なバランスで何とも言えないおいしさ!

☆ ★ ☆

DSCF0829e DSCF0830e

これは、小樽市「小樽スイートハウス」の『レアチーズケーキ』。本当は次のチョコレートケーキがお目当てだったんです。しかし…試食を進められておいしかったので思わず買っちゃいました!またこの真っ白なドーム型の形がかわい~。

チーズの濃厚さの中に、あっさり感もあり、ふわふわでとろける食感が今まで食べてきたレアチーズとは違っておいし~ぃ。

☆ ★ ☆

DSCF0843e DSCF0848e

これがこのお店でのお目当て品『チョコレートケーキ』。直径が10㎝くらいで小さめ。この値段でこの大きさなのか…。と思いつつも新商品とか限定という文字に弱い!!というわけで購入。しかし、食べて納得。うまい!チョコがた~っぷりで濃く、しっとりとした食感。上にのってるプルーンも大粒でした。

☆ ★ ☆

DSCF0868e DSCF0869e DSCF0871e

お次はおなじみ小樽市「ルタオ」の『ドゥーブルフロマージュ』のショコラ味(ストロベリー味もありますよ)。中はやはり2層仕立て。クリームチーズとマスカルポーネにショコラが加わったのかな?おいしいに決まってる!安心して即購入。もしも、ルタオが初めての方は純粋なドゥーブルフロマージュを食してからお試しあれ。

☆ ★ ☆

DSCF0851e DSCF0856e DSCF0858e

「あ~っ!!」ショーケースを見て思わす叫ぶ!やっと出会えた『ショコランジュ』。ルタオのHPを見て、食べたいな~食べたいな~と思いを寄せていたショコランジュ。相方の北海道旅行にリクエストしたのに売り切れだったショコランジュ~。ここで出会えたショコランジュ!  でも前から物産展に出品してたのかもね…(-_-;)       シナモンがきいていて生チョコを思わせるほどチョコをふんだんに使ったケーキでした。

☆ ★ ☆

DSCF0861e DSCF0864e DSCF0865e 

今回、初出店の札幌市「スイート・オーケストラ」の『さつま芋のレアケーキ』(かぼちゃもあります)。3層になっていて上からホイップクリーム、プリン、スイートポテト。3層一緒に食べてもしつこくなく、調和がとれていておいしい。

これは「わらく堂」という和菓子屋さんが出しているもの。TVでも紹介されて結構有名なケーキ。という情報は帰ってきてからネット上で知ったことであって、単純に新・限に加え“初”にも弱いだけであった…(。_。;) 北海道でさつま芋?という疑問を感じつつも購入してしまう言葉の力…。

☆ ★ ☆

DSCF0874e DSCF0875e DSCF0881e

最後は“白い恋人”の札幌市「石屋製菓」。今回1日限定50個の『マーブルチーズケーキ』をget。なんと!池袋東武物産展用に石屋オリジナルのチーズケーキをチョコマーブルにアレンジしたもの。これは手に入れなければと10Fまでぜぃぜぃ言いながら駆け上がったかいあり!?もちろん期待通りおいしかったですよ(^0^)

今回も何人家族なの?ケーキ屋でも開くの?というのりで買いあさり、相方の協力のもと(強制?)大満足で帰宅した私でありました…。

----------------------

以上、ブログ初挑戦の相方による渾身のレポートです。10時開店を目指して行きましたが、すでに直通エレベーターの前には50人ぐらいの行列ができていました。

後ろに並ぶのが早いか、エスカレーターで10階まで駆け上がるのが早いか、私たちは後者を選びましたが、駆け上がるどころか普通に歩いて上がるのですら、途中で息切れがしてしまいました。デパートの中は暖かい上に、たくさん着込んでいったものだから、動きにくいは暑くなるはで大変。次回はちょっと考えようね、って5度目も行くのか?(よいち)

力作おつかれさまです!
おいしそうだね~。少し分けて欲しいぞぉ(^^)
でもすごい量。これらはいったいどこに?
まさか、すべてお二人の胃袋???
考えただけで、今夜寝れそうもないです(笑)

 どもども、いつも見てくれてありがとう。これらのケーキは、職場でお裾分けしたりしてますが、それでも我が家の冷凍庫(どれも冷凍保存できるのです)を占領し、やがては私たちの胃袋を占拠する予定です(^_^;

 相方はtakashiくんのブログをよくチェックしていて、日本中飛び回っているtakashiくんに感心してます。

北海道展 四度目参上!?

そういえば今年は北海道展やらないのかねぇ…と相方と話していた矢先、重大なお知らせです!とチラシを片手に、しかしすでにもうどんなお菓子が初出品なのかチェック済みの相方。

こりゃ今週末は4度目の北海道展へ出陣することになるのは間違いなさそう。幻の鮭児をのせたどんぶりはなんと1人前4千円。ぐるナイの「ゴチになります」で高価な料理は見慣れているのに、自分の財布だとたかが4千円にも躊躇してしまう小市民(^^;

池袋東武 食の大北海道展

天下一品ラーメン

…が、割合と近場にできたので行ってみた。というより、先日、京都の新京極の裏通りで二人で食べたあのこってりスープは「正解」だったのか、つまり本当にどこのお店でも同じ濃さなのか、ちょっと不安があったからだ。

 私は一抹の不安を隠しきれずに「あっさり味(の餃子定食)」を、相方が「こってり」に挑戦。出てきたのを食べた相方は、一瞬の沈黙の後、「あれで正解なんだ~」と複雑な顔。スープを一口もらってみたが、確かに京都と同じ味がした。

当たり前といえば当たり前なのだが、京都では店に入った時間も遅くて、「ひょっとしてこれはスープが煮詰まったものか、あるいは鍋の底のほうをすくったものなのではないか」と、二人して無言で食べながらも目で会話をしていたのである。

じっくり煮込んであると書いてあるけれど、何か粉っぽさすら感じるこのスープ。はたして関東では受けるのだろうか。そこは頻繁に店が入れ替わる場所だけに、今回の出店がいつまで続くのか、興味深いものがある。

天下一品、懐かしい。最近行ってないなぁ。
大学生の頃、大阪出身の友人に連れられ、今は無いみたいだけど千葉の店舗に行って、その時はまりました。

会社に入ってから、千葉には行けないので、電話帳で店舗を探して、江古田だったかな?に行ったこともあるな。その後、歌舞伎町に店が出来たので何回か行ったけど、店舗が増えて気軽に食べれるようになってから、いつでも食べられる!とあんまり行かなくなった。

その頃の噂では、フランチャイズだけに店舗によって味が微妙に違う、やっぱり京都の本店が美味しいらしい…とのこと。僕は京都の本店って行ったことないんだけどね。

懐かしいな。名古屋にもあるから一度行ってみようかな。

 ども、takashiくん。去年は本当にお世話になりました。先日、テレビで万博に毎日通ったという女性が、未だに会場のその後を見届けに時々通っている、という話しを見ました。会場で使われたバイオマス食器は全国の県庁などで使われているとか、会場のさまざまな資材も各地で再利用されているようで、さすが環境万博だなと思って見てました。

 さてさて天下一品ですが、私はあっさり味なら今後も食べていいかなと思ってます。こってりはちょっと粉っぽさが気になってきてしまいました。でも、厨房ではビニールパックからあのスープを鍋にとぽとぽとと注いでいたのが見えたので、基本的に味は同じなのだろうなあ。

 テーブルには「辛子ニンニク」と「辛子味噌」が備え付けてあって、前者を入れてみたのだけど
なかなかパンチが効いておいしかったよ。

おせちは大変

osechi06   謹賀新年。 お豆を煮たり、サツマイモを裏ごししたり、おせちを作るのはなかなか大変です。私も味見だけでなく、今年はちょっとだけ手伝いました。でもそうすると、同じ伊達巻きでもおいしさ倍増。

今年は豆をたくさん食べて、少しはマメになったと言われたい私でした。今年もよろしくお願いします。

懲りない“麺々”

051227_a1 051227_a2 

池袋はメトロポリタンプラザTINUNにて。左はトムヤムヌードルセット、右はベトナムヌードルセット。 トムヤムヌードルは辛いというよりも酸っぱい。とっても酸っぱくて、こんな味だったっけと思うほど。レモンバームが効いているけどレモンの酸っぱさではないと思う。

ベトナムヌードルはあっさりしていて美味しい。でもその分私の苦手なパクチーの香りが引き立ちます。デザートの、サツマイモのココナツミルク和えが何とも言えない味。

051227_k1 051227_k2 

忘年会(2日目)後のおしのぎは、わざわざ東口にまわって、おなじみの桂花へ。太肉麺(左)と桂花ラーメン(右)。前回、麺が柔らかめだったので、今日は固めにゆでてもらったつもりが、それでもまだ数年前の方がもっと固かった気がする。変わってきたのかな。

というわけで、ラーメン大好き小池さん的生活の続くわが家でした。

真骨頂 (花月)

 インターネットで「こんなラーメンが食べたい」というアンケートから生まれたラーメン。 忘年会帰りの相方を迎えに行った帰り道に立ち寄ってみました。 さて、お味は…。

うーん、これならまだ普通の花月ラーメンのほうがおいしいかも。

カマナ

最高気温が4度という予報の中、川越の新宿(あらじゅく)にあるカレー屋さん『カマナ』へ。“カマナ”とはネパール語で“幸せ”という意味だそうだ。

ランチタイムはカレーオンリーだけど、ディナータイムはフォー(HGではない)とか生春巻き、トムヤンクン、ナシゴレンなど他のアジア料理も出てくるみたい。

冷たい北風に首を縮めながら店内に入るも、ネパールは高地だからか、暖房は余り(というよりほとんど)効いてない。その代わり、踊るマハラジャ風なDVDが上映されていて、料理人も時々一緒になって歌っていた。

注文したのは、1皿で2つのカレーが楽しめる「タバジィセット」。2人で野菜と、豆と、チキンと、エビを食べる。エビはココナッツ風味。どれも中辛で注文したけど、豆カレーが一番からかったかな。 

ナンも4種類あって、ランチタイムはプレーンだけだけど、これがほんのり甘くて美味しい。大きさも十二分。 他にはほうれん草を練り込んだものや、チーズが挟まった物などがあるらしい。

ともあれ、今度はディナータイムに行ってみようと思います。

おばんざいでバンザイ

DSCF0745e DSCF0759e 

 左は、嵐山のおばんざいバイキング「ぎゃあてい」。制限時間50分ということもあって、ぱくぱく食べてしまいました。相席になった親子が「味、うすいねえ」としきりに言ってたけど、それほどでもないかな。いいにおいがしたのでカレーまで手を伸ばしてしまったのは失敗。おなかがはち切れそうでした。

 右は錦通り「京野菜 かね松」 の2階にある食事処、「やお屋の二かい」にて。白和えに煮浸しに、こちらも素材の味が生かされており、とても美味しかったです。

 錦市場通りは見るだけでも楽しい。整然と並べられた漬け物、お総菜、海産物はとても色鮮やか。

和の味を求めて

 本当はある国宝展に行ったのですが、うちらだと結局こうなります。

nishinsoba naracake1 naracake2 naragokoku 

 左はにしんそば。なるほど、確かにこれは想像できない味ではないけれど、そばの出汁に身欠きにしんが合うのを実感。誰が考えたんだろう。

 次はくずを素材にした和菓子屋さんのクリームロールケーキ。スポンジの部分にくずが使われているそうでしっとりしており、たまごの風味と相まって懐かしい味がします。

 3つ目はそのまんまくず餅。できたてほやほやにきな粉がのっていて香りも豊か。

 一番右は五穀米でウニやシジミの漬け物などを包んだおにぎり。五穀米はヘルシーだけれど、ここまで1時間以内という食べ方はヘルシーではありませんな。

sushimasa  夕飯はこちらで。 京野菜、おでん、そして寿司、どれも絶品でした。美味しいってこういうことなんだ、と納得。リーズナブルというと日本語では質がよくて安いもの、と言う意味で使われることが多いけど、これは本来の意味でリーズナブル。

イル・キャンティ

ホタテのガーリックパスタと、4つのチーズのピザ。正しい名前を覚えてないけど、どちらもとても美味しかったです。

お店のホームページ

今日は昼に近くのデパートで行われている北海道物産展へ。もうルタオもスナッフルズもすっかりおなじみに。

道外初出店という「天金」ラーメンは、あいにくカメラを車の中に置き忘れてしまったので画像がないけれど、屋台のラーメンという雰囲気。

おみやげ開封騒動

rutaocakecase rutaocake

  • 上左:ルタオ パウンドケーキ(バター) ケース
  • 上右:中身 たまごの香りがぷーんとします。

rutaogrovecase rutaogrove

  • 上左:陽気な花 ケース
  • 上右:中身 パイなのだけど、手の大きさと比べてみて下さい。

beerjery pastrysnaffles 

  • 上左:ビールチョコ、下に書いたとおり、余りビールの味はせず。
  • 上右:ペイストリースナッフルスのチーズオムレット&チョコ。フランスで食べたフォンダンショコラを思い出させる、濃厚なチョコ味は好評。

というわけで、食べ物ばかりでした(^o^;

悲しきお知らせ

日持ちしないおみやげを求め、空港でやっと取り扱い店にたどり着いたと思ったら、なんと売り切れ(T^T)
人気商品だったんだね。

小樽か札幌あたりかな?そろそろ良い時期だねぇ。僕は冬の札幌が大好きです。宿泊は安いし、食い物は美味しいもんねぇ。

 大正解、さすがtakashiくん。1泊2日の職員旅行です。

 ちょうど紅葉が見頃で、でも北海道は黄色く色づく樹木が多いそうで、なんだかなだらかな丘の感じがヨーロッパを思い出させました。

茶房's

CA250015e  こちらは先週行ったらなぜか休みだった茶房's (ちゃぼうず)。再び立ち寄ってみることに。

本格的な中国茶が味わえるお店らしいけど、私たちがオーダーしたのは「ディタマンゴー」と「カシスオレンジ」。食事は「ベトナム風生春巻き」と「サーモンクリームのフェットチーネ」。

春巻きは大きなホタテの貝柱も入っていてボリュームたっぷり。サーモンクリームもサーモンがとてもいい香りだった。店構えはおしゃれでちょっと気取ったお店ですが、値段はそれほど気取ってない…と思ったのは酔っぱらっていたせいか。

CA250017e CA2500162e

パチャンガ

CA250013e  前に一度探してみてたどり着けなかった「一軒家カフェ パチャンガ」。古い民家を改装してオープンカフェにしており、土足で板の間に入っていくとまるでガサ入れに来た刑事みたいな気分になれる。

相方がオーダーしたのは「牧場の夢」という牛乳焼酎。へぇー、きっと白くてアンバサみたいなんだろうなー、と思っていたら、出てきたのはこちら。CA250008e

「ちなみにどちらのお酒なんですか?」と店員さんに尋ねたら、「北海道です」とのこと。焼酎というと南方というイメージがあったけど、べつに糖分が含まれていればいいんだもんね。

さて、お味は…。においは乳酸菌飲料のようないい香り。口に含んでみると…うわー、アルコールじゃん!って当たり前か。ロックだし。私はこんなものは飲めません。火を噴いて倒れてしまいますから。

ところが相方は私が黒ビールを飲むより早く空けてしまったとさ。

一緒に頼んだ料理は下の2つ。ラオス風チャーハンと、チリビーンズ。ラオス風チャーハンは、愛・地球博で食べたものより和風で、パクチーの臭みもなく、キュウリとパプリカでカラフルにしてある感じ。オイルがちょっとそれっぽかったかな。やはりアジアご飯は日本人向けに妥協していない方が美味しいね。

CA250003e CA250005e

北海道展 スイーツ

DSCF0670ke 下のラーメンだけでは終わりません。というか終われません。今回の目的はこれらのスイーツたち。まるでケーキ屋でも開かんばかりに買い込みます。我が家にはまだ2人しかいないというのに一体誰が食べるのでしょうか…

さて、まずはこちら。「北の国から」じゃなかった、「白い恋人たち」でおなじみ石屋製菓の「ハイミルクショコラロール」。

DSCF0675ke  切り口はこちら。たかがロールケーキと侮るなかれ、柔らかくて口溶けがよく、チョコの味もしつこくなくてさっぱり目。軽いのでどんどん口に運んでしまいます。

DSCF0676ke

こちらは「白いロールケーキ」…まんまですね。手分けして列に並んで買い物してきたら、当初ショコラロールだけにしようと言っていたはずなのに、両方買ってきてしまったようです。まあこうなる展開は読めていましたが(^ ^;

DSCF0680ke  お味の方はミルクミルク(→とてもミルクの味がするの意)。千歳飴のような不二家のミルキーのような懐かしい香り。このエッセンスは何なんだろう。

ショコラ同様とてもふんわりと軽くて、南海キャンディーズのしずちゃんならずとも1本ぺろっと食べられてしまい…うーん、ちょっと無理かな、それは。

DSCF0687ke お次は小樽の洋菓子屋さん『ルタオ』(って小樽の逆さ読みかい!)の「ドゥーブルフロマージュ」。 フワフワのレアチーズケーキ。クリームチーズとマスカルポーネを2層にしたのだそうだけど、何がなんだか私にはわかりません。とにかく口の中で溶けて飛んでいってしまいそうなくらいフワフワです。体は重くなりそうですが。

DSCF0694ke 今回初出店らしい『きのとや』のチーズタルト。10時開店でちょっと10階の催事場まで遠回りしてしまったらすでに行列ができていました。さすが、「限定」とか「初」に弱い日本人。と思っていたら「はい、ここに並んどいてね」と言われて私が買いました。

味は、同じチーズケーキでもこちらはしっかりチーズの香りが前面に出た、いわゆるベークドチーズケーキの味に近いかな。でも中はムース状。ブルーベリージャムの酸味がチーズにとてもよく合います。うーん、どれも美味しいぞ。

DSCF0696ke  最後は『ペイストリー スナッフルズ』のチーズオムレット。これは相方が職場に持って行ってしまうので味見していません。と思ったら、買ったときに一口試食させてもらったけど、これだけ立て続けにケーキを食べたのでかき消されてしまいました。

なんでもこのお菓子は国内線のスチュワーデスフライトアテンダントさんが流行らせた…とのぼりに書いてあったそうな。相方もかつておみやげに1つもらって、とりこになってしまったそうです。

というわけで、今回3回目の北海道展。というか、最近のデパートは北海道展をすればお客が集まると味を占めたようで、1年の間に2,3回やっているような気がします。そしてその戦略にまんまとはまっている私たちは…さーて、次回のラーメン屋さんはどこが来るのかなー!

北海道展 らーめん

万博最終日、朝からゲート前は長蛇の列…ってこちらはデパートの催事場で行列に並んでおります。お目当てはこのラーメン。江別市から出店の「銀波露」。

豚骨ベースの醤油味で、長ネギとタマネギが入っていていい香り。チャーシューが箸でつかむと崩れるほど柔らかい。ごまと揚げニンニクチップが振りかけられていて空きっ腹にはたまらない。

そして今日も小池さん的生活…。やめられませんな(^_^;

かれんと

 ラーメン大好き小池さん的生活から抜け出すことはとても難しく、気がつくといつの間にか麺をすすっているという私(たち)。

というわけで、雑誌で見つけた「焙煎らーめん かれんと」へ。鰹節か煮干しか、最近流行のさっぱりしただしに、揚げネギ、煎りゴマで焙煎さをプラス。味噌ラーメンと醤油ラーメン、そして鮭マヨ丼を注文。写真は醤油ラーメンと鮭マヨ丼。調味料皿(あれってなんて言うんだ?)には揚げニンニクチップが。

麺は太く縮れていて美味しかった。味噌も味噌らしい香りがしていいけれど、醤油の方がだしを楽しめる感じ。焼き豚が厚めで大きく、これまた懐かしいチャーシューの味。

川越では、西口の「まるしょう」やまるひろ近くの「近喜屋」などがお気に入り。そこに加えてもいいかな、と思った。

次は…R254沿いの「勇成」かな。

がっかり寿司

回転寿司に行ったときのこと。

「鯖の棒ずし」を頼んだら、さんざん待たされたあげくに厨房から出てきたのは、しっぽの部分を含む2切れだった。

どうやら私が注文してから丸々一本作ったらしく、その直後に回転レーンの上に置かれた皿を見ると、どれもちゃんとした真ん中の部分が2切れ使われた寿司がのっていた。

しばらくしてから近くにいた人が頼んでいたのを見たら、これまた端の部分が使われたものが厨房から届けられていた。

確かに、レーンの上に端の部分が使われている寿司を載せたら見栄えが悪いけれど、だからといってわざわざ注文した人に端の部分を出すのは失礼だろう。

いつもひいきにしていた寿司屋だっただけに、とても残念だった。

結婚式に

出席するので久しぶりに秩父まで出かけてきた。若い新郎新婦はスポットライトが無くともキラキラ輝いていた。どうか末永くお幸せに。

CA250004e  その帰り、長瀞にちょっと寄って久々に岩畳の上を歩いてきた。先日、テレ東の「アド街ック天国」で秩父や長瀞が紹介されていたので夏休み中なら混んだだろうけど、今日は夕方ということもあって散歩するにはちょうどよかった。

CA250007e その後、これまた久しぶりに焼き肉屋の山田ホルモンへ。秩父にいた頃は何かにつけてみんなで行ってたけれど、こちらに来てもう1年以上行ってない。

牛肉のレパートリーが減ってしまったのが残念だけど、牛カルビや豚レバー、知床鳥などがおいしかった。二人で飲んで食べても3千円。なかなかこちらではこの値段でこれだけの質のものは食べられない。

Shinha Deepa スリランカ料理

srilanka02esrilanka01e エスニックな味を求めてスリランカ料理店へ。

左がチャーハン(チキンカレー、生野菜サラダ、ミルクティー付き)、右がエビカレー・スリランカセット(ココナッツロティ、季節の野菜カレー、生野菜サラダ、デビルポーク、サンポーラ、ミルクティー付き) どちらも890円。

ココナッツロティとはインドでいうナンのこと。ココナッツが入っているためか、ナンよりも甘く、もちっとした感じ。

デビルポークは、辛さの中にケチャップの甘みと酸味がほどよく感じられる、スリランカの炒め物。

サンポーラは、レンコンやゴーヤなどを素揚げにしてチリパウダー、レモンなどを混ぜたもので、日本でいう福神漬けな役割。カレーに混ぜて食べるそうだけど、直に食べてしまった。ちょっと生臭みがあった。

どれも日本人向けにアレンジしていない、本場の味が楽しめる。カレーは、マイルド、ホット、ベリーホットの3段階から選べるけど、ホットでも十分汗がかける。

ランチはカレーセットが500円(ワンコインランチというらしい)からあって、とてもお得。チャーハンは細長いお米が使われていてパラパラ感があり、カレーと混ぜて食べてもグー。けっこう量もあってお腹いっぱいに。

いかんいかん、旅行から帰ってきたら絶食とかいっていたのは誰だっけ(^_^;

(絶食とは、絶対に食べるの略ではないのか…)

アジアご飯 in 愛・地球博

愛・地球博1日目、ラオス館にて。

ラープご飯 : 控えめな塩味。

laos01 

ライスヌードル炒め : 醤油ベースかな、フォーの焼きそば。ソース焼きそばではない。おいしい。

laos03

これはなんて言ったっけ… : ラープご飯に比べて味は濃いめ。自分のちょっと苦手な香草が入っているけど、でも癖になる味。なんだろう、月桂樹の葉なんだろうか。

laos02

ライスはタイ米ではなくジャポニカ米だったと思う。

それと、食べ終わった後の容器を捨てる場所が分からなくて、結局お店の人に引き取ってもらったけど、みんなどうしてたんだろう。

 一番下のは「バジルご飯」でした。

詳しくはこちら
http://www.expo2005.or.jp/jp/E0/E7/grm_053142.html

韓国料理 in 愛・地球博

purukogi reimen yakinikudon

愛・地球博2日目もエスニックで怪しげなものを食べようと狙っていた。どのパビリオンも待ち時間が長かったので、移動しながら食べられるようなものを、と考えていた。

しかしずっと立ちっぱなしで疲れたのと、しっかり腹ごしらえをしたくなったので、韓国料理の「韓一亭」に。

写真は左から、トッポギ(もちの唐辛子煮)、冷麺、プルコギ丼。

トッポギは甘みもあるのだけど、かなり辛い。とくに油揚げを食べると辛さがもろにくる。

冷麺は麺がずいぶん少なめに見えた。麺には角がなく、色も日頃食べるものに比べて白っぽかったが、こしはしっかり。

プルコギ丼はまあ普通。でもどれもお値段が高め。

名古屋めし

愛・地球博の帰り道、新幹線の中で食べようと名古屋駅の地下街(高島屋)でひつまぶしと、味噌カツ丼と、天むすを買う。あと手羽餃子とニラまんじゅうも。

hitumabushi

ひつまぶしには山椒と万能ネギと刻みのり、さらにお茶漬け用にだろうかわさびも付いていた。

misokatsu

味噌カツのソースは甘め。お肉は柔らかくておいしかった。

tenmusu

天むすは衣に薄塩味が付いているけど、天つゆにつけたらもっと美味しいだろうな。

新幹線って結構揺れるんだね。手ぶれ防止機能のついてないデジカメで撮影したから、ちょっとブレてます。

トマトつけ麺 at 凪ラーメン

お気に入りの「凪ラーメン」。時々食べに行くけど、この時期限定でトマトつけ麺やってます。トマトを使うのが流行なんだろうか。ラーメン花月でもGTR(ガーリックトマトラーメン)なんてのをやってるし。

で、お味の方はこれが結構いける。もともとつけ麺で知られているこのお店。デュラムセモリナを含んだ縮れた麺が、トマトとバジルとニンニクの効いた全体としてはほんのり甘みのあるつけ麺独特のスープによく合う。

麺の量も一般のつけ麺が多めなのに比べると八分目でちょうどいい感じ。もちろん大盛りも可。

場所はこちら。お近くをお通りの際はぜひご賞味あれ。