おもちゃ

cuboro ゲット!

cuborobox  愛・地球博のスイス館で目にしてからほしいほしいと思っていたcuboro (クボロ/キュボロ)を、旅行先で入手!

スイスはインターラーケンで、夕食後に商店街を歩いていたら意外と早く発見。でもそのお店にはstandardが置いてなく、basicやplusしかなかった…。

cuboroshop  翌日、今度は木彫りのおもちゃのお店として、ガイドブックにも載っていたALBERT SCHILDにて発見。価格は135ユーロで、日本で買うよりも安い!って当たり前か。でも箱を手に取ってみると、さすがに5センチ四方の積み木が54個も入っているだけあって重い!

cuboro01  スーツケースの重量制限ぎりぎりでお持ち帰り。まさかこの年になって一人で積み木遊びをするとは思わなかったけどおもしろい。これは大人も子どもも年齢を超えて楽しめるというのが頷ける。

おかえりなさい!楽しかったみたいだね。
重さのことなど考えず、気軽に「向こうで買えば
安いのでは?」と言ってしまったので、大丈夫
だったか心配していました。ギリギリだったとの
こと、ホッとしました。でも、重い思いさせて
しまったね。

山の天気が良かったみたいで(^^)。
僕もまた行きたいなぁ。

ども、無事帰ってきました。
台風が近づいてるけど大丈夫ですか。

スイスではほんとにいい天気で、最高の山々を見て来られました。写真もドイツ編が終わり次第アップするのでお楽しみに。

cuboroはびっくりするくらい重たかったけど、日本の7割ぐらいで買えたので満足満足(^_^)

モルタロウで遊ぶ

mo02  この3つのオブジェは何でしょう。

イヌとか、動物みたいにも見えますね。

実はこれらは分子模型で、左から 酢酸 CH3COOH、 エタノール C25OH、 メタノール CH3OH なのです。赤い球が酸素(O)、青が炭素(C)、小さな緑のが水素(H)の原子を表しています。

mo01  これは都内の大型書店で見つけたモル・タロウ(モルタロウ)という分子模型セットなのですが、単純な分子からDNAまで作成できるという精巧さだけでなく、見た目にも美しいので、楽しみながら化学の勉強ができそうです。ただちょっと価格の高いのが難点。いろいろなセットがありますが、この基本セットは4,200円(税込み)。

4人グループに1つあれば足りるかな。中学生には難しすぎるかな…。

SPACEWARP

スペースワープ5000。

MPEG4ファイルの貼り付け練習をかねて。ちゃんと動いて見えてますか?

撮影にはSANYOのデジタルムービーカメラ、C1を使用。製品情報

SPACEWARPは1983年に発売されたそうで、この再販を喜んでいる人が結構いるけど、自分には当時の記憶がない。どうしてだろう、こんなものが売られていると知ったなら飛びついただろうに。当時は電気屋さんの店頭でBASICに没頭してた頃かな。

トラックバックありがとうございます。

親子で苦労しながら製作出来ました。でも未だに
きちんとボールは転がりませんが・・・(笑)
製作するのがなかなか難しいですね。

 ロータスヨーロッパさん、コメントありがとうございます。私は一気に作ってしまったので(4時間ぐらいかかりましたが)、制作過程が分かりやすくまとめられていたのでトラックバックさせていただきました。

 私のも、何周か順調に回ったかと思うと突然コースアウトしたりします。でもこの調整するのも楽しいですね。お子さんと一緒に楽しまれているのがうらやましいです。

cuboro

cuboro  愛・地球博のスイス館に行かれた方はご覧になっただろうか。出口付近に展示されていたこの積み木のおもちゃを。cuboro(クボロ/キュボロ)というそうですが、まずはこちらの動画をご覧あれ。

どうですか、「なんじゃこりゃぁ!」と思った方も多いことでしょう。これはもう買うしかない、いくらするの?と値札を見てびっくり。に、2万円!? 積み木だよね、これ。

SPACEWARP に出会ってから、ボールが転がり落ちるおもちゃに何か取り憑かれてしまった私は、これは絶対に手に入れるぞと誓うのでありました。