愛・地球博

アジアご飯 in 愛・地球博

愛・地球博1日目、ラオス館にて。

ラープご飯 : 控えめな塩味。

laos01 

ライスヌードル炒め : 醤油ベースかな、フォーの焼きそば。ソース焼きそばではない。おいしい。

laos03

これはなんて言ったっけ… : ラープご飯に比べて味は濃いめ。自分のちょっと苦手な香草が入っているけど、でも癖になる味。なんだろう、月桂樹の葉なんだろうか。

laos02

ライスはタイ米ではなくジャポニカ米だったと思う。

それと、食べ終わった後の容器を捨てる場所が分からなくて、結局お店の人に引き取ってもらったけど、みんなどうしてたんだろう。

 一番下のは「バジルご飯」でした。

詳しくはこちら
http://www.expo2005.or.jp/jp/E0/E7/grm_053142.html

韓国料理 in 愛・地球博

purukogi reimen yakinikudon

愛・地球博2日目もエスニックで怪しげなものを食べようと狙っていた。どのパビリオンも待ち時間が長かったので、移動しながら食べられるようなものを、と考えていた。

しかしずっと立ちっぱなしで疲れたのと、しっかり腹ごしらえをしたくなったので、韓国料理の「韓一亭」に。

写真は左から、トッポギ(もちの唐辛子煮)、冷麺、プルコギ丼。

トッポギは甘みもあるのだけど、かなり辛い。とくに油揚げを食べると辛さがもろにくる。

冷麺は麺がずいぶん少なめに見えた。麺には角がなく、色も日頃食べるものに比べて白っぽかったが、こしはしっかり。

プルコギ丼はまあ普通。でもどれもお値段が高め。

名古屋めし

愛・地球博の帰り道、新幹線の中で食べようと名古屋駅の地下街(高島屋)でひつまぶしと、味噌カツ丼と、天むすを買う。あと手羽餃子とニラまんじゅうも。

hitumabushi

ひつまぶしには山椒と万能ネギと刻みのり、さらにお茶漬け用にだろうかわさびも付いていた。

misokatsu

味噌カツのソースは甘め。お肉は柔らかくておいしかった。

tenmusu

天むすは衣に薄塩味が付いているけど、天つゆにつけたらもっと美味しいだろうな。

新幹線って結構揺れるんだね。手ぶれ防止機能のついてないデジカメで撮影したから、ちょっとブレてます。

BIG SPACEWARP

BIG SPACEWARP  愛・地球博、長久手日本館に陳列されていたこれは、どういう意図でそこにあるのかは分からなかったけれども、私は一人、暗がりの中で歓喜していた。

そこにあったのは SPACEWARP の巨大版。玉の大きさはピンポン球と軟式テニスボールの中間くらいか、これが時に緩やかに、時にスピーディにレールの中を転がり落ちてゆく。

動画をダウンロードして見る

私もエネルギーの移り変わりについて授業するときに、SPACEWARP を紹介しているけれども、これもそういうことなのかな。

cuboro

cuboro  愛・地球博のスイス館に行かれた方はご覧になっただろうか。出口付近に展示されていたこの積み木のおもちゃを。cuboro(クボロ/キュボロ)というそうですが、まずはこちらの動画をご覧あれ。

どうですか、「なんじゃこりゃぁ!」と思った方も多いことでしょう。これはもう買うしかない、いくらするの?と値札を見てびっくり。に、2万円!? 積み木だよね、これ。

SPACEWARP に出会ってから、ボールが転がり落ちるおもちゃに何か取り憑かれてしまった私は、これは絶対に手に入れるぞと誓うのでありました。

愛・地球博で再会

以前勤めていた会社の同僚、Takashiくんの案内で、1泊2日で愛・地球博へ行ってきた。彼とは約10年ぶりの再会だったけど、前に名古屋を案内してもらったのがついこの間のことのよう。

愛地球博会場風景 1日目は一緒にマンモスやスーパーハイビジョンなどを見て回り、翌日は仕事なのにもかかわらず夜遅くまで案内してもらった。整理券のもらい方など次の日のアドバイスもしてもらったおかげで、2日目は人気の高いトヨタ館や日立館をはじめ、多くのパビリオンを見てまわることができた。

彼がいなかったら予定の半分も見られなかっただろう。本当に感謝しています。どうもありがとう。

で、この機会にブログを立ち上げ、初トラックバックをぜひTakashiくんのところにつけさせてもらおうと思う。うまくいくかな?

Blog立ち上げおめでとう!
そして、トラックバックありがとう。初トラックバックをいただいたので、僕も初トラックバックをつけさせてもらいました。
今後ともよろしく!

お!トラックバックされてる!(感激)
どうもありがとう。なるほど、これがブログのブログたる所以なのね。

昨夜もデジカメの写真を見ながら思い出話に花が咲きました。それにしても、よく見て回ったところを細かく覚えてるねぇ、と二人で感心しきりです。

ではでは、今後ともどうぞよろしく。