スポーツ

欽ちゃん球団

メンバーの中のお笑い芸人が起こした不祥事によって、いったんは球団解散を宣言したものの、周囲からの励ましによって解散は取りやめることにしたようだ。

ふと思った。高校野球だったらこうはいかないし、今回の顛末が社会的に認められるならば、高校野球の場合の処罰は重すぎるんじゃないかなと。

別にどちらを擁護するわけでもないけど、じっくり議論した方がいいと思う。

ジダンの頭突き

日本人って判官贔屓だな、って思う。

W杯での日本チームの戦いぶりをふり返ることは忌避され、

こんなことでといっては失礼だが、毎日毎日あのシーンが流され、

「行為自体は決して許されるべきことではない」

という、これまたお決まりのコメント。

「MVPは返上する、だがイタリアの彼にも謝ってもらいたい」

とはいかんのかねえ。

映像から、読唇術でどんなやりとりがされたのかも判明しているらしいし、

(昨日観てきたミッション・インポッシブル3でも読唇術は使われていたな)

言った、言わないの水掛け論にはならないだろう。


ともあれ、最近のテレビの編集や論調にはうんざりすることが多い。

見なければいいと言われればその通りだと思う。

腰が曲がりながらも、照る日も降る日も畑で野菜を作っている、

アパートの地主の老夫婦は本当に偉い。

どうも最近、知らなくてはいけないことと、知らなくてもいいことを

取り違えているのかも知れない。

非紳士的な行為

サッカーの試合中、

ユニフォームが破れてしまい、アンダーウェアを着ていなかったために素肌をさらしてしまった選手に、イエローカードが出されたらしい。

理由はタイトルの通り。

スポーツ選手なので見事な腹筋だし、恥部をさらしてしまったわけでもないけど、そういうルールがあることは大事だと思う。

アンダーウェアを着ないでシャツを着るビジネスマンや、明らかに下着が透けることをねらっている女性も、セクシーなのではなく、同じ理由でイエローカードだと思う。

そのことを指摘したらスケベなのではなく、それを無視してくれることをいいことに、自由を冗長する風潮が、様々な場面でのモラルハザードを引き起こしている。

トリノ五輪 越和宏選手

昨年11月に、NHKの『にんげんドキュメント』で40歳にして限界に挑戦し続ける彼のことを知った。先日、子どもたちに見せてみたところ、翌日の「生活記録ノート」(生徒一人一人の日記帳)に感想を書いてきた生徒が多かった。

感想を書いてきなさいと指示したわけではないのに、よほど胸を打つものがあったのだろう。試合はいつなのだろうとか、応援したいという声が多かった。

その越選手だが、日本時間の17日深夜~18日早朝にかけて出場し、1回目に9位、2回目のタイムとの合計で11位に終わった。課題であったスタートダッシュのフォーム改造を克服したが、もともと得意なコーナーリングでミスが出てしまったという。

結果は残念なものだったが、じんわりとした感動とさわやかな勇気をもらった気がする。教室にも彼の写真が大きく載っている新聞記事を掲示してやろうと思う。

 先日の新聞で、彼が現役引退をしないことを表明したという記事があった。

 これから4年、41歳の彼の決意は悩みに悩んだ末のものだろう。

 心からエールを送りたい。

箱根駅伝

首位を走っていたチームの選手にトラブルが発生し、フラフラになって、2位、3位の選手に抜かされながらも、ほとんど気力だけで次の選手にたすきをつないでいた。

「もし個人種目ならばとっくにリタイヤしていたでしょう。」というアナウンサーのコメントを聞いて、「いのちのリレー」みたいだなと思った。

自分にいのちをくれた人、自分と繋がる人の存在を感じないで生きていたら、なぜ生きているのか、生きることに意味があるのか分からなくなってしまうかも知れない。

インターネット上で新たに“繋がった”人と一緒に自殺をしてしまう事件が後を絶たないが、この「つながり」はたすきとは似ても似つかぬものであることは確かだ。