教育実践

覚え書き:天文

この4月から現場に復帰するにあたって、ちょうど宵の明星や土星、木星が見えてくる時期なので、こんなことをしてみたい、と思いついたこと。

1.下校時の生徒に望遠鏡で見せるとき、望遠鏡にデジカメをつないで、デジカメにプロジェクターをつないで校舎に投影して、一度に多くの生徒に見せられるようにする。

2.金星の見え方の授業を行うとき、教卓の周りに生徒を集め、教卓の上に白熱球を置き、発泡スチロール球を生徒の目の前をぐるーっと半周させる。生徒は教卓を囲むように180度の半円を描くように並ばせておけば、左端の生徒の目の前に白球があるときは、右端の生徒からは遠くに満月上に見え、自分の目の前に近づくにつれて視直径は大きく、三日月上に見えてくるはずである。

配点の悩み 答えか式か

こちらの新聞記事より。

三角形の面積を求めるテスト。

図を見て、式をたて、計算するわけだけど、その配点は

 1.正しい式だが計算ミス … 3点、または4点

 2.答だけ正解 … 2点

 3.正しい式で、答えも正解 … 1,2の合計点 (5または6点)

となっている。

つまり、「正しい式をたてられる」ことよりも、

「正しい答えを導ける」ことに重きがおかれている。

問2では、三角形全体を2つに分けて計算しなければらなず、

それを一度の式で表そうとすると複雑になるため、

式のほうの配点がより高くなっているものと考えられるが、

もし、計算を2度に分けて、別々の式で行っていたらどうなるのだろうか。


あるいは、三角形を取り囲む長方形から、求めるべき部分以外の

面積を計算し、長方形から差し引くなど、別な方法で解答した場合は

どうするのか。


私としては、暗算であっても正しい答えが計算できていることと、

式をたてて答えを導けることに対する配点は、同じでよいと思う。

いわゆる加重配点は、その加重に対して客観性が求められ、

説明責任が発生する。


あるいは、答えよりも式を重視すると、悲しいかな、

答えは間違っていてもいいという甘えが生まれてしまう。

これは、結果よりも過程重視という少し前までの教育の流行でもあり、

その影響が社会全体に如実に表れてきているのを感じる。

九州で大雨続く

というニュースを見ていたとき。

相方 「九州から来る野菜が高くなるねえ」

自分 「ってどんなのがあるんだっけ…」

スーパーに行くと、野菜の入った段ボールが切り開かれて、うまい具合に「佐賀」とか「熊本」などのように段ボールに印刷されている産地が見える場合がある。

あの部分だけをもらってきて、教室の壁に大きな白地図と一緒にでも掲示すれば、給食を食べるときに「ああ、この野菜ってこの県から届いてるんだ…」って見上げるようになるかも知れない。

と、食育のアイディアでした。

スイカと笹の葉

 少し前にテレビで、スイカの模様がどうなっているか、黒い線を丸の中に描きこんで下さい、というコーナーがあった。クイズ番組ではなかったような気がするけれども、その回答に思わず「あっ」と声を上げてしまったのだけ覚えている。

suika.jpg

 10人くらい紹介されていただろうか。その中の半分以上の回答者が、右のように縦線を描いていたのである。

 これを見たとき、「笹の葉の葉脈を描きなさい」という問題を思い出した。ちゃんと観察させて、こうなってるよねと確認までするのに、しばらくしてテストになると右のように「平行に」葉脈を描く生徒がいる。

sasanoha.jpg

 これは「平行脈」という言葉にとらわれているものと思われるが、こういう誤解が他の場面(単元)でもあるのだろうな、と思う。

理科室掲示 気象カレンダー 「去年の今頃」

こんなのはどうだろうシリーズ。
理科室前の廊下に、気象カレンダーを掲示する。

模造紙を2枚用意し、それぞれ縦にして、横に並べて張る。

向かって左は去年の今月のもの、右に今年の今月のもの。
基本的には、毎日の新聞から天気図を切り抜いたものを張ってゆく。
その下に、出来事や、天気の特徴をメモしておく。

1年目は今年のものしかできないけれど、2年目以降は、去年の今頃はどんな気候だったのか、これからどう変わってゆくのかが分かるようになる。

指導と評価の一体化

2ea8e640.jpg学びの意味を育てる理科の教育評価―指導と評価を一体化した具体的方法とその実践

指導と評価の一体化を考える上で、大変参考になる本を見つけました。

子どもの既有知識(素朴概念)から出発し、学習の前と後で2度使うことができ、自分の学びの成果が見られるワークシートの開発・評価のしかたなどが、いくつも具体的な例を挙げて書かれています。

自分の研究テーマとまさに一致する内容なので、バイブルに出会えた気持ちです。

CmapTools

Photo スマップではありません。コンセプトマップをつくるソフト、CmapToolsの紹介。

考えたことを図に描き出すときに使われる、イメージマップとか概念地図とか、マインドマップなどと何通りもの方法で呼ばれている図式化の手法を、パソコン上で行うソフトの一つです。

そういうソフトがないかなと思って検索していたら、2005年7月の こんな記事 を発見。さっそく、本家のサイト からダウンロード。

VISIOでも作れますが、学校で生徒にやらせるとなるとソフトをそれだけ買わないといけません。こちらはフリーです。

この種のマップは、作りながら自分の思考を確認することができます。できあがったマップからは、その人がある概念についてどういう風に理解しているのかが読み取れます。

このソフトの優れているところは、単に図式化してレイアウトを見栄えよくしてくれるだけでなく、プレゼン用にツリーが伸びてゆく様子などをスライドで表示させることができる点です。

これで授業前や授業後に生徒に概念地図を作らせることができたら面白いだろうなあ。

t検定

前々から気になっていた、t検定について勉強中。

よく見かけるのが、ある指導を行う前後で2回の調査結果の平均値を比べて、効果があったのかどうかを判断するもの。

ちょっと本を読んでみたところ、下の2つでは計算の方法が違うらしい。

  • 同じテストを今年の3年生と去年の3年生にやらせた場合
  • あるテストを、学習前と後で同じ集団にやらせた場合

この際だからしっかり勉強しておこう、と思う。

ソーシャルスキル研修

1 ソーシャルスキルとは
・良好な対人関係を築き・維持するためのコツ
・いい意味での「形から入る」作法の訓練
・良好な対人関係が築けていない人でも、トレーニングによって可能になるという発想。
・心に問いかけて行動を変容させるのは、道徳やアサーショントレーニング的な発想であり、別物と考えるそうです。

2 トレーニングの流れ
(1) インストラクション (言葉で教える)
(2) モデリング     (見本を見せる)
(3) リハーサル     (自力でやらせる)
(4) フィードバック   (アドバイスする。できていればほめる)
(5) 定着化       (実際の生活で生かされる)

3 求められる12のスキル

  • あいさつ / 自己紹介 / 上手な聴き方 / 質問のしかた / 仲間の誘い方 / 仲間への入り方 / 温かい言葉がけ / 思いやりある行動をする / 優しい頼み方 / 上手な断り方 / 自分を大切にする / トラブルの解決策を考える / 

4 実際に参加者どうしで練習したこと
(1) 挨拶
・挨拶されたときに「1.無視」、「2.目を合わせない気のない返事」、「3.目を見た元気な返事」の3つパターンのうち、3.を練習。

(2) 温かい言葉がけ
・テストで久々にいい点を取った友人に対し、「1.冷たく突き放す」、「2.共感して喜び合う」のパターンのうち、2.を練習。これは是非生徒にやらせてみたい。

(3) 上手な断り方
・何か急ぎの用を頼んできた友人に【謝罪】【理由】【断り】【代案】の4要素を含んだ返答をする練習。
 例)
・「ごめんね」…【謝罪】
・「今手が離せなくて」…【理由】
・「手伝えないんだ」…【断り】
・「まだ教室に誰かいたと思うよ」…【代案】

5 研修に参加して
・アサーションとソーシャルスキルのアプローチの違いを納得。
・校種の異なる先生と子どもの情報交換ができるのがいい。
・これはやってみたい、こうしたらできるかなという気になった。

PS.生徒指導関係で、総合センターで研修をされている方々が、いつも受付や模範演技をして下さっています。

食育のアイディア

もう、思いついたことは何でも書いておこう状態。

毎日の給食をホームページにアップしている小学校があるけど、ウィキやブログ形式にしてこんなことをしてみたい。

  • 写真を撮って、更新するのは給食委員の児童生徒
  • 保護者や栄養士、調理員、生産者との交流も

家庭科の調理の授業も、できあがり写真だけでもいいので添付して、ブログかウィキにアップしたらどうだろう。もし、調理に使う食材を学校で栽培しているならば、そこからの様子をアップしてもいい。

学校の出来事をあまり話したらがない子どものいる家庭でも、この辺をネタにして親子の会話ができるかも。

学びがい 2

思わず、「ガッテン!」したくなるような授業ってどんなの?

って考えてみた。

  1. 全然知らなかったことが分かった(できた)。
  2. 自分じゃできないと思ってたことができた。
  3. 自分の予想とは全く違った結果になって、その理由を納得した。

こんなところかな。

3で大事なところは、自分の予想と違った理由に納得したかどうか、だ。

これが納得できないと、しばらく時間がたったらまた元に戻ってしまう。

それを、素朴概念、というそうだ。

代表的なのが、

「水が沸騰しているときにボコボコ出ている泡の正体」。

結構多くの人が、「空気」とか、「酸素」とか答えてしまう。

でもこれには理由があって、

「空気」と答えた人は、おそらく、

ふつうの水が入ったコップを放置しておいたときに、

コップの内側に気泡がついたのを見てるのだろう。

「酸素」と答えた人は、おそらく、

水を電気分解すると酸素と水素が発生するということを

実験したか、話を聞いたことがあるのだろう。

で、そうだと思いこんでしまう。

この例で行くならば、「ガッテン」するような授業では、

やはり泡が酸素でも空気でもないことを体験的に理解して、

なおかつ、自分が誤解している原因まで納得する必要がある。

できれば、自分がどう勘違いしていたか、

後から見て分かるような形に残しておけるといい。

イメージマップとか、概念地図などとよばれる手法が有用だと思う。

学びがい

を研究テーマにしている学校があって、研究授業を参観してきた。

「学びがい」ってなんだろう、と思ったら、

お金を払って講習会などに参加したときを思い浮かべるのがよい。

お金を払っただけの価値があったか、そうでなかったか。

でも、直接お金を払わない学校の授業だとどうなるんだ?

授業が終わって、納得したか、満足したか、ということだと思う。

「ためしてガッテン」でいえば、山瀬まみちゃんがどれだけ「ガッテン」したか、

「トリビアの泉」ならば、タモリがどれだけ「へぇ」ボタンを押したか、

それが「学びがい」だと思う。

万人に有用か無用かはともかく、

思わず人に教えてしまいたくなるような経験、

それが「学びがい」があった、ということじゃないだろうか。

ところが最近、特に理科に関しては、

「日常生活との関連」が強調されることが多くなっている。

今日の研究授業でも、実物、本物の観察によって「学びがい」が高まる、

そういう話だった。 たしかにそれはあると思う。 が、だ。

日常生活とどうしても結びつかないものもある。

たとえば岩石。見分け方や成因を学習しても、いまいち結びつかない。

大理石の便器にはサンポールをかけてはダメですよ、とか?

凝灰岩は、かかとすりにもつかわれるんだよ、とか?

それから宇宙。 明けの明星、宵の明星はともかく、金星の満ち欠け。

これって、日常生活と関連して役に立ちます?

私は、「日常生活で役立たないものは教える価値がない」とは言ってない。

全く逆で、

「おもしろいと思うものは、日常生活と関係なくても、生徒は知りたがる」

ものなのだ。 知的好奇心がくすぐられるのだ。

ところが、なんだか世の中が、実用的な知識を重視するあまり、

各教科がこぞって、こんな風に役立ちますよ、

こういうふうに世の中で利用されているんですよ、

って躍起になって関連づけているような気がする。

逆に、本物、実物を使ってしまうと、かえって混乱を招くこともある。

自然界、特に身近なものには例外が結構多い。

なんたって、水がいい例。

数ある物質の中で、固体になったときに体積が増えるのは水ぐらい。

まあ、水はいいとしても、

実物を用意した結果、なんだか訳が分からなくなりました、

というのは避けたい。

「学びがい」を高めるには、

日常生活との関連で、生徒に興味関心を持たせることが重要だ、

という話を聞いて、ふと思ったことを書いてみた。

動画で楽しむ理科

Yahooきっずにこんなコーナーができていました。

映像資料提供はNHKで、番組からすると「映像科学館」のもののようです。少し前、NHKは膨大なコンテンツをネットで公開していく、というニュースを目にしましたが、こんなに早くだとは思いませんでした。

これで、たくさんの番組をDVDに録画して、チャプターをつけて保存する、という作業をしなくても、教室にネットにつながるパソコンとプロジェクターでもあれば、いつでも映像資料が使えて便利そうです。

でも、その肝心な教室にはどのくらいインターネットに接続できる環境と、パソコンが入っているのでしょう。私が経験してきた学校では、コンピュータ室と職員室にはLANが入っていましたが、一般教室や理科室では見たことがありません。

その辺のインフラ整備を先に整備してもらわないと、せっかくいい情報が提供されていても活用できなくてもったいないですよね。

理科の教科書にみるジェンダーフリー

実践とはあまり関係ありませんが・・・。

新しい理科の教科書(東京書籍)、けっこうジェンダーにも気を遣っているなという感じです。前の版でもお父さんがアイロンをかけている写真が大きく載っていましたが、今回も随所で工夫が見られます。

  • 和太鼓の大太鼓をたたく女性の写真
  • イラストで、暖色系のシャツを着る男の子と、寒色系のシャツを着る女の子
  • ソフトボールを打つ女の子の写真

などなど。そういう目で見てみると結構あります。

でも子どもを取り巻く世界を見てみると、ラブアンドベリーにしても、売れれば何でもいいという大人は「女の子」を再生産していますよね。困ったものです。

ごぶさたしてます。知3です。
仕事で自治体の住民向けリーフレットを作ったりしますが、その中で人物イラストを入れるときはいつも苦労します。特に、子育てや介護などの福祉関係になると、どうしても女性のイラストばかりになってしまいがちですが、例えば子育てだったら父親も入れるように、とか、介護だったらおじいちゃんも入れろとか、よく差し替えを指示されます。去年作ったボランティア活動のやつも、1人女性を男性に変えろ、って言われた。

行政はこのあたりかなり気にしてますよ。

こんにちは、知3さん(^^)/

そうなんですか。行政は外部からの圧力がかかる前に対応しておきたいのでしょうね。

こういう事って、不自然さが感じられない程度にバランスをとるのって、なかなか難しいですよね。

そういう要求をしてくるということは、きっと行政では育児休暇や介護休暇を取っている男性も多いのでしょうから、という皮肉も込めて、実際の現場を個人が分からないような構図で写真にでも撮らせてもらえればいいですよね。

いい発想・2 寒気と暖気の混ざり合い

教科書や参考書には、寒気と暖気が混ざり合う実験のようすが写真で載っているが、冷水と温水を使う場合も、冷気と暖気を使う場合も、どちらも冷たい方に色を付けたり煙を混ぜたりしている。

冷水と温水の実験の様子を見たあと、ある生徒がこういった。

「それって、着色している水だから重くなったんじゃないですか?」

なかなかいい質問だ。インクを水に垂らすとまず下にゆく。インクの方が密度が大きいからで、そのインクが混ざった水は真水よりも重いだろうと考えてのことだ。

なにか身近なものを使って、暖かいものが上に行く様子をしらべられないかな、と返事をしておいたが、その後を確認できずにいる。

温水にインクを混ぜたか、暖気の方に煙を入れたか、そういう実験を探してみたい。(自分でやれば一番いいのだろうけど)

いい発想・1 質量保存則について

生徒の疑問の中には、全くとんちんかんなものもあれば、なかなかいいなというものもある。2つばかし思い出したので、忘れないようにメモしておこう。

中2で質量保存の法則を学習したときのこと。

質量保存則とは、化学変化の前後で、反応に関わったすべての物質の質量は増えたり減ったりしないということ。

たとえば、2つの薬品を混ぜ合わせたときに、沈殿ができたり、気体が発生したりしても、それらを逃がさないように密閉された容器の中で実験を行えば、化学反応の前後で全体の質量は同じになる。

実験を終え、これらの現象をまとめていたときのことだった。気体が発生するパターンについて、次のように質問した生徒がいた。

「もし、発生する気体が二酸化炭素ではなく、空気よりも軽い気体、たとえば水素であったならば、反応後の容器全体の質量は、反応前に比べて軽くなるのではないですか?」

なかなかである。周りの生徒も、そうかもしれないなあと感じてうなずいているものもいた。

結論から言えば、こうにはならない。しかし何でそうなるのかその場ですぐに説明せず、調べてみたり、考えてみてごらん、と言って終わりにしてしまった。

こういうふうに考えた生徒には次のような質問をしてみたい。

ここに空っぽのボンベがあります。この中に空気よりも軽い気体を詰めてゆくと、詰めれば詰めるほど軽くなる、そう思いますか?

もしそうだとすると、もとのボンベの重量が仮に500gだったとして、たくさん気体を詰めたら1g軽くなって499gになったとしましょう。

さてこのあと、このボンベの中にあった気体をしゅーっと抜いてしまったら、ボンベの重量はどうなるのでしょう。500gに戻るのでしょうか。499gよりも軽くなるのでしょうか。

もし500gに戻るとすると、重くなった分はボンベの中に何かが入らなければなりません。499gよりも軽くなるならば、この実験を何度も何度も繰り返してゆくと、ボンベの重量がどんどん軽くなっていきます。いったい何がなくなって軽くなっていくのでしょう。

・・・どちらもおかしいことに気づけば、元々の発想がおかしいということに行き着くだろう。

チーター で エンカウンター

ロンドンブーツの二人が司会をしているクイズ番組、チーター。

見ていてふと、これってクラス開きのときとか、友達作りなどでよくやるエンカウンターのひとつとして使えるかも、と思いました。

残念ながら、今年度私は現場を離れているのですぐには試せませんが、多少アレンジして、司会役と5人の回答者というグループでやらせてみたり、あるグループを前に出して、どんな意見をしあうのか周りで観察してみたり、あとでチーターに指名された人に感想を聞いてみたり、けっこう面白いんじゃないかと思います。

だれかきっと同じようなことを考えている先生がいると思うので、実践報告をしてもらえないかな。

ウニの瓶

うに、好きですか? 瓶詰めの買ったことありませんか?

そして、ふたを開け、キャップをはずしたとき…

「なんだよ、これっぽっちかよ!」

って思わず声に出して言ってしまった人、

私もそのひとりでした。

そのしくみを暴きます。下の写真をクリックしてご覧下さい。

Sany0015_1 

これは、コピー用紙を丸めて瓶に差し込んだ状態です。

見事、ウニが入っている部分が横に膨張して見えています。

なんでこんなふうに見えるのでしょう…。

こんばんは。ごぶさたしてます。
この間、takashiさんが福岡に遊びに来た際、URL教えてもらいました。
私もうに、大好きです。しかも塩うに。この間、対馬に出張したときも買いました。この写真のように中身は見た目よりも少ない。でも、うにって1粒が小さいから、瓶一杯に詰めるのって結構大変じゃない。だから、せめて見た目だけでも買ってくれた人に満足してもらえるよう、工夫しているんじゃないかいな。なんてね。
それでは、新学期がんばってください。

こんばんは、知3さん。お久しぶりです(^o^)/

コメントどうもありがとう。思わぬところで繋がってとても嬉しいです。

うにの瓶のしくみは光の屈折を利用したものだけど、これは今は中1の理科で学習します。できれば理科室で実験を行うときの班の数(9班)だけ瓶が用意できればいいのだけど、そうそう買うものではないから2つしかありません(^^;

でもこの瓶ってうににしか使われていないだろうから、けっこうコストもかかってるんじゃないかな、って思います。リサイクルしているのかな。

おお、なんだかつながっている。
うれしいのだぁ。新学期ですね。頑張ってください!
また、名古屋にも遊びに来てね(^^)

TOSSデー初参加

日曜日、県内のある中学校で行われた理科の実践事例発表会に参加。こういう民間のサークルに参加するのは初めて。

全国から、理科教育に情熱を注ぐ先生方が集まり、いろいろな実践を紹介してくれました。骨伝導のしくみを体験する授業など、いますぐ生徒に教えてあげたくなるようなものばかりで、大変勉強になりました。

会場となった理科室も、まるで体験学習ができる博物館のようにすばらしい経営がされており、なるほど日本一の理科室とはこういうものかと、圧倒されてしまいました。

この1年、私は現場を離れて研修になりますが、いろいろな方の授業などを見せていただいて、よいものをどんどん取り入れていきたいと思っています。

メモ

コンビニなどで売っている、透明な傘を使って説明すると分かりやすそうなもの

  • 地球の自転と天球の動きの関係
  • 星の動き
  • 内惑星の満ち欠け
  • 右ねじの法則

切り絵で雪の結晶

flake020501 最近ちょっとハマってるのがこれ。生徒の中にも知っているのがいるみたい。

雪の結晶のように、六角形の点対称な図形の切り絵がバーチャルで作れてしまうというサイト。世界中から寄せられる作品は1千万を超え、雪の結晶としては存在しないけれども、とてつもなく繊細な芸術作品が埋もれています。

いきなり紙を渡す前に、これで練習してから取り組ませてみるのも面白いかも。

あとから納得する言葉

研修時代、講師の大先生曰く、

  • 「本を読まない人は馬鹿になります!」
  • 「給料の1割を書籍代にしなさい!」

夢と希望を与える講演かと期待していたので、鼻から最近の若い者は…的な論調にカチンと来たのを覚えている。

でも今、確かにそうだなと思う。活字離れは子どもだけでなく大人にも言えることだが、私も忙しさにかまけてひと月に1冊も読まないという時期があった。しかし話題の豊富な方の机にはいつも単行本や文芸誌があった。

書籍だけで1割というのはなんなので、私は教材や研究費を含めて1割ぐらいは子どもたちに還元するための出費にしてもいいだろうと思っている。なにせ大先生の教えなのだから、たとえそれがおもちゃであっても堂々と買おうではないか(^o^)

こんなことしてみたい

学級掲示や廊下の掲示は小学校がとても参考になります。ごちゃごちゃしたのも困りますが、中学校へ来るとなんだか急に殺風景になってしまう気もします。

時間をかけて取り組んでみたいことを羅列してみると、

  1. 理科室前の廊下の天井に、太陽系のモデルを展示
  2. 理科室に、科学史の年表
  3. 理科室前の廊下に、廊下側に科学者の似顔絵、内側(理科室)にその人の実績
  4. 理科室へつづく階段に、1段ずつ原子の周期律表(スイ、ヘー、リー、べ)
  5. 理科室前の廊下から見える北の山々についての解説
  6. 西に面した窓に季節ごとの太陽の沈む位置の記録
  7. 廊下の窓に、複眼の見え方を体験するシートの貼りつけ

…などなど。今のところ、理科室前の廊下では選択理科の活動を紹介していますが、理科室の前を通ると自然と科学の世界に引き込まれてゆくような、そんな空間が理想です。3学期になったら選択理科の生徒たちを使って作らせるかな。

理科展

夏休みの自由研究で学校から選ばれたものが集まる市内の展覧会と、さらにそこで選ばれたものが集まる地区の展覧会が行われた。

私が気に入ったのは、

  • でんぷんを早く消化するスーパー大根おろしの開発
  • アサガオが毎朝開花するための条件
  • 手作りたたら製鉄

の3つ。いろいろと条件を変えて試しており、なるほどそうなんだと大人でも納得できる結果になっていた。

作品を大別すると、環境に関するもの、食品化学に関するもの、身近な物理現象をあつかったものなどがあるが、環境に関するもので面白いと思ったのがこれ。

  • 学校から配られる大量の配布物を再利用する紙作り

確かに学校からの配布物は多いよなあ、と思った。1学期だけで200枚近くあったらしい。

中には科学部でもないのに、夏休みだけでなく年間を通じてこつこつデータを集めている作品もあり、理科離れといわれて久しいけれど、好きな子はいるんだなと思った。