ファッション・アクセサリ

エロスなルージュ

って、化粧品のCMで使う言葉かなあ?

倖田來未の登場以来、「エロかわいい」なんていう言葉が跋扈しているけど、「エロ」という言葉は、あまりパブリックなところへは出さない方がいいと思う。

そもそも「エロスな」って、言い換えれば「淫靡な」「性的魅力のある」ということだろう。CMのテロップでそういう文字を流すだろうか。化粧そのものが本来そういうものとも言えるけど、わざわざそんな身も蓋もない言い方をあえて選んだとは思えない。

そこには、外来語をカタカナにするときに、勝手に意味やニュアンスまで変えてしまう日本語(を使う人)としての問題点と、なんでも軽々しく消費しようとするメディア業界の姿勢が見えてくる。はっきり言えば、皮肉な言い方だが、こういうメディアの地道な努力が尻軽な社会を生み出しているのではないだろうか。

さらに、「エロスな」という「外来語の名詞+な」で形容詞として扱うのも違和感がある。文法的にはおかしいが、「エロチックな」のほうが自然だし、名詞を使うのであれば「エロス的な」のほうがいいだろう。

休日の朝から変なCMを見てしまった。

言葉は面白いですよね。
私は「エロ」というととても直接的で下品な言葉というイメージがあるので使用すると品格に関わると思っていたのですが、日常の普通の言葉として使用している人が多いようですね。
同じような言葉でも「スケベ」の方がまだ軽いし、使用できるなぁ、と思っていたのですが、よく考えると同じなのかな?(^^ゞ
(でも「エロオヤジ」よりは「スケベオヤジ」の方がまだかわいいような気がする・・・気のせいかな?(^^ゞ)
言葉の持つ意味合いは人によって多少違うのは重々承知ですが、なかなかびっくりすることが多いですね。(^^ゞ
ただ、言葉は時代によって変化していくものではないかと思うので、それはそれでいいのかな?とも思います。

こんにちは、とりさん。

「エロ」ってやっぱり下品ですよね。伊東美咲さんもよくOKしたなあと思います。インリンあたりを使えばイメージにぴったりなのに。

とりさんの「エロ」と「スケベ」の比較で吹き出してしまいました。あのCMを「スケベなルージュ」とは、どう転んでも作らないでしょうね。

私はこのコピーライターは男性じゃないかな、と思っています。

「エロ」という言葉やイメージに対する世間の基準が甘くなってきているというか、社会が無節操になってきている感じが否めません。

以前、ポルノグラフティーがデビューしたときも「ああ、新聞のテレビ欄などでは『ポルノ』って字が躍るんだろうな」と眉をひそめた私ですが、今では子ども達とも「ポルノ」という言葉を何の躊躇いもなく口にしています。

けど、今回の「エロスな」は、どうかなあと思っているのですが、どうでしょうねえ。

マスカラ

のCMを見ていると、どこまで伸ばせば気が済むのか、と思う。

逆に、どこまでやると「やりすぎ」と思うんだろうか。きっと、メーテルみたいに、顔の枠からはみ出すような長さには違和感を覚えるんだろうな、と思う。

こう考えると、イケてるファッションと、やりすぎの境界線、ボーダーラインってどの辺なんだろう。

価値観の多様化とか言われているけど、価値観の数は変わらないで、それぞれの許容水位が下がっている(上がっている?)んじゃないかと思う。

眼鏡を替える

glasses  べつに度(目の悪さ)はほとんど進んでいないのだけど、ちょっとイメチェンを狙って眼鏡を替えてみた。

奥に写っているのがこれまでかけていたもの。最近はやりの縦方向が短いフレームを選んでみた。今までのものでも階段で足元が見づらいことがあったが、今度のは更に下方への視界が狭くなった。

パソコンするにもキーボードを弾くにも支障はないが、なんと食事するときに一番違和感を覚える。口元に食べ物を運んでくると最後で見えなくなるのだ。目だけ下を向こうとすると、視線がレンズの下から出てしまうし、顔ごと下を向こうとすれば口も下がってしまう。

最後の一瞬で口に運ぶものが分からなくなるというのは、思った以上に不具合を感じる。これは店頭で試着して辺りを見回したときには思いも寄らなかった弱点だ。

久しぶりにスカートをはいたら寒いとか、ブーツを履いたら足が痛いとか聞くにつけ、何にしてもファッションというのは実用性や機能性を犠牲にしていることが多いなあと思うのであった。

リボンだの、バンドだの、

類似品が多すぎる。

  • ピンクのリボンは乳ガン検診の促進
  • 青いリボンは拉致被害者救済支援
  • 赤いリボンはエイズ撲滅

ほかにも黄色なんかもあるらしいけど、今度は貧困撲滅政策推進だそうで白いバンドだ。

意思表示をするためにつけるものらしいけど、正直言って、町中で白いバンドを身につけている人を見たらちょっと引いてしまう。本当に分かってるの?と言いたくなる。収益の使い道だってなんだか眉唾だ。

こんなにいろんな意思表示アイテムがあったら、手広くやっている政治家の上着はまるで勲章でいっぱいの軍人のようになってしまうだろう。この分だと白以外にもいろんなバンドが登場するだろうから、手首にもジャラジャラとバンドだらけになってしまうかも知れない。

ぜひとも杉○議員あたりにやってみてもらいたいね。

学校現場だと赤い羽根緑の羽根がメジャーだけど、カラフルなリボンや、ましてリストバンドなんか子どもたちには受けるだろうな。