日記・コラム・つぶやき

プールの排水溝は位置を明示

した方がいいと思う。そういうところもあるのかな。

長かった梅雨もやっとあけたと思ったら、各地で水難事故が多発。

そんな中、悲しいかな毎年起こるのがプールの排水溝に子どもが吸い込まれてしまうと言う事故。

プールの水際のところには赤く▼印でも付けて、このしたには排水溝がありますよ、と明示し、休憩時間にはちゃんと監視員が金網に異常がないことを確認した方がいいと思う。

ミスコンに知性は必要か

たしかにこの方の言うように、ミスコンに知性云々というのは、ミスコン反対論者への方便でしかないと思う。

でも、ただ人形のように突っ立っているだけの人を見て、本当に美しいと思うのだろうか。

立ち居振る舞い、仕草、表情の変化、そのあたりに美しさを求めると、どこかで内面と切り離せないものがでてくるのではないだろうか。

一見美人、かわいいなと思う人でも、口をきいたとたんに幻滅してしまうことがとくに最近は少なくない。

傾国の美女も美貌だけでよいのか、改めて考えてしまった。

ジャニーズがCDを出すと

なんで、なんでもかんでもオリコン初登場1位になるんだ?

相方曰く 「ひとり2枚以上、聞く用と保存用と、あげる用とか買うんだよ」

なんだそりゃ。

歌はともかくジャニーズのメンバー達は嫌いじゃないし、むしろ同年代のSMAPやTOKIO、V6などは好感をもって見ている方だ。

でもこの、初登場1位だけはいつも腑に落ちないでいる。

自分でコメントするのもなんですが…

テレビを見ていたら、V6の最新アルバムには、

限定版AとB、そして通常版と、3種類あるんですね。

あはは、そういうことか。納得。

秋田の児童殺害事件

下で触れたのでついでに。

この事件に関しては、過剰な取材や容疑者の過去の暴露など、容疑者とはいえ人権侵害ではないかという声や、今や犯罪すら劇画化されて大量消費される社会になってしまった、なんていう分析もあったりするけど、私も1つ感じたことがある。

彼女は娘の件についても供述が曖昧になってきているらしいけど、ワイドショーなどで紹介される一連の彼女の発言は、中学生がいじめを自作自演したときのものと非常によく似ている。

この事件に限らず、最近の事件はどうも子どもじみたものが多い。俺はヤクザだぞと脅したら本物に殺されてしまったり、兄弟と比べられてむかついたといって親を殺してしまったり、そういうことは子どもの頃にやりかけて失敗するとか、やっぱりやめておこうとか学習するものだけど、どうもそうではないようだ。

昨年は小学生による殺害事件が起きるなど、犯罪の低年齢化に少年法が追いつかないなんて話しもあったけど、最近は大人の犯罪レベルが幼稚化しているとも言える。見えてくるのは、それぞれの年齢における発達課題をクリアしてきていない人が増えている、ということだろう。

それはたとえば、異年齢集団の中で学ぶものなのにそういう経験がなかったり、ケータイがあることによって正しい方法を経ないで解決してしまった(つもりになっていた)りと、現代日本が抱える社会問題と密接に関連していると思う。

ともあれ、疑わしいものは疑わしい、という直感(経験則)も大事だと思う。

少し前に新聞で読んだ、クラスでトラブルが起こったとき、先生がある生徒のことを目があったときの直感で疑ったら、「私はそんなに疑わしいのか」という日記を書いてきて反省させられたというのも、やっぱりその生徒は怪しいんじゃないかと思う。

何年かして、あのときはごめんなさいというパターンはよくあることだ。

イノシシさん?

とある居酒屋にて。
地鶏なのに「イノシシ酸」って、そんなのアリ!?
それを言うなら、イノシ「ン」酸ではないかと。

ンー! ンー!ンー! って、パッションの兄貴が出て来ちゃうよ~。
イノシン酸について

shu thang

最近よく見かけるイラスト。60,70年代風のアメリカ人の、ちょっと人を小馬鹿にしているように見える表情が、なんとも鼻についてしまう。

↓サンテ40 でした

てっきり住宅メーカーだと思っていたら、

参天製薬の目薬のCMでした。

で、てっきり舞台は望遠鏡会社の企画部か何かと思ったら、

なんと阿部寛は天文学者役。

こんな天文の研究室ないよ~(^^;

それにてもCM中に出てくる望遠鏡はビクセンだらけ。

ビクセンも番組に提供してるのかな(^o^;

よいちさん、こんばんは。

私も気になって探してみたのですが見つからず。
目薬でしたかぁ。盲点でした。
それにしても、阿部寛っていろんなCMに出てるんですね。それぞれキャラクターも違うし、二枚目、三枚目をうまく使い分けてますね。
あと、望遠鏡はビクセンでしたね。埼玉県に引っ越してきて、本社が所沢であることを知りました。なんだか身近な気がするのですが、ビクセン製品はまだ持っておりません。。。

こんにちは、茂麻呂さん。

あのCM、やっぱり星好きだと気になりますよね。

埼玉にはビクセン以外にも高級品のタカハシ(寄居)とか大型双眼鏡の宮内光学(皆野)とか、他にもけっこう光学メーカーがありますね。

久しぶりに天文雑誌を見てみたら、ビクセンからもまた新型の望遠鏡が登場していました。

思い出せないCM

最近、健忘症ではないかとちょっと不安になるときがあります。

今朝も、何だったかいいアイディアが見つかって、キーワードは「2つ」だな、よし覚えておこうと思ったら、後になってその「2つ」しか思い出せない。何が「2つ」だったんだ~。

で、もう一つはあるCMをネット上で探しているのだけど、特徴は以下の通り

  • 背景に望遠鏡がたくさん出てくる(ので知りたい)
  • 本木雅弘か、阿部寛か、はたまた第3の人物か
  • 住宅メーカーのCMだったと思う

上のキーワードで検索するも、全然ヒットせず。空振り状態。

蚊取り線香

  1. 原料は除虫菊
  2. この花に含まれているピレトリンという成分が虫除けに
  3. 水で戻して練り直すことができる by 所さん

この3はいつか試してみたい。

暮らしの手帖

という雑誌がある(買ったことはない)けれど、

むかし、中学生の頃だろうか、

その日にあったよいこと、何かをする上でコツのようなものを、みんなで寄せ書きできるコーナーがあったらいいな、

なんて思ったことがあったのを思い出した。

もし当時、ブログやウィキがあったらはまってしまっていたかも。

今、そういうことを考えている中学生っていないかな。

平和という言葉

は、戦争の経験がない国にはないらしい。

昨夜の「世界がもし100人の村だったら」を見ていて思い出した。

こういう番組を見て、ああ、日本に生まれてよかった、と思う気持ちは、障害や病魔と闘う人を見て、ああ、自分が五体満足でよかった、と思う気持ちと同じではないだろうか。

幸せにしろ平和にしろ、それを感じるときには、相対的に、幸せでない平和でない状況を意識しているわけで。

それ感じることは自然な気持ちで、いけないことではないけれど、そこで終わってしまってはいけないと思う。

聞きたくなければラジオを消せばいい

いい曲だけどね、

確かに、「ユー・アー・ビューティフル」は聞き飽きた感がある。

でも、しばらくこの曲をかけるのをやめよう、って公言する放送局や、

聞きたくなければスイッチを消せ!というアーティスト。

イギリスっておもしろいな。

音楽といえば、

今日は、電車のホームで、小鳥がさえずるBGMが。

これだけ書くといい雰囲気だけど、

サンプリングなんだか、繰り返し繰り返し同じフレーズを聞かされると、

ぜんぜんリラックスできない。

さらには、トイレに入ろうと歩いていったら、

「向かって右側が男子用、左側が女子用です」 …繰り返し

はっきり言って、やりすぎだ。

巷には余計な音が氾濫している。

地球にやさしい

…って、なんだ? どういう意味だろう。

よく使われる言葉だけど、たとえば英訳するとどうなるんだ?

結局、エコロジー、生態系に配慮した、ということじゃないだろうか。

そもそもこの「やさしい」。これってすごく幼稚な言葉遣いだと思う。

テレビで「どうだった~?」ってインタビューされた子がたいてい、

「たのしかった~(^o^)」

っていうのと同じくらいだ。

「楽しい/おもしろい」という言葉は使わないで!って、

もし私がインタビューアーだったらお願いしてしまいそう。

そんなことはともかく、この「地球にやさしい」。

つまり、動植物や資源の消費しすぎに気をつけて、

リサイクルできるものはリサイクルし、ってことだろう。

でもこれは、「やさしい」の一言で表すには、訳しすぎていると思う。

「やさしい」で、それ以上言わなくても通じるだろうという

「やさしさ」至上主義の押しつけがましさがある。

地球にやさしい

…って、なんだ? どういう意味だろう。

よく使われる言葉だけど、たとえば英訳するとどうなるんだ?

結局、エコロジー、生態系に配慮した、ということじゃないだろうか。

そもそもこの「やさしい」。これってすごく幼稚な言葉遣いだと思う。

テレビで「どうだった~?」ってインタビューされた子がたいてい、

「たのしかった~(^o^)」

っていうのと同じくらいだ。

「楽しい/おもしろい」という言葉は使わないで!って、

もし私がインタビューアーだったらお願いしてしまいそう。

そんなことはともかく、この「地球にやさしい」。

つまり、動植物や資源の消費しすぎに気をつけて、

リサイクルできるものはリサイクルし、ってことだろう。

でもこれは、「やさしい」の一言で表すには、訳しすぎていると思う。

「やさしい」で、それ以上言わなくても通じるだろうという

「やさしさ」至上主義の押しつけがましさがある。

スノッブ

新聞の人生相談の欄で知った言葉。

スノッブである家族に辟易しているという息子さんの投書だったので、私はスノッブじゃないといいなと思いつつ意味を調べたが、どうやら自分もどっぷりスノッブのようだ。

『他人を見下す若者たち』では、知識や教養、財産などをもっていないのにやたらと他人を見下そうとする、仮想スノッブとでもいうのか、そういう人種が紹介されていたが、私は実際に知識や教養、財産があったら悦に入りたいなと、俗に思う。

トルストイの青年時代だったか、「コミルフォー」というフランス語にとらわれる主人公が登場するが、私も高校生の頃に読んでから、その言葉を座右の銘にしてきた。

はなにつく ロハス

大衆受けしそうで、でもなんだか鼻につくものが、金子みすゞに続いてまた一つ増えた。

ロハスは、その純粋な理念はともかく、すでにロハスが望んでいない世界である、大量消費・大量生産に取り込まれてしまっている。

ロハスと銘打ったデザイン・コンセプトの商品が続々誕生し、デパートがロハスを売り物にする。

本当にロハスの信念で暮らしている人を取り上げれば、おそらく多くの日本人は、これはちょっとと躊躇するだろう。ロハスとはそういうものだ。

本気でロハスをするのなら、ファーストフードとは決別し、毎日の食卓に、何か一品でも自分で栽培したもの、採取したものを入れてみることだ。

ロハスを扱った雑誌の特集を見てみると、水の結晶とある。水の結晶キター! 私はこれだけで、はいさようなら、である。 

黒髪回帰

昔のドラマを見たとき、一番違和感があるのは髪型だ。卒業アルバムを開いたような、そんな気持ちになる。

しかし今、5,6年前のドラマを見たときに感じるのは、髪型ではなく、髪の色。えっと思うくらい、すごく安っぽい茶髪なのだ。

ここ最近、シャンプーのCMに出てくる女性など、ほんのりと栗色か、黒い髪の女性がだいぶ増えた。黒髪回帰が起こっているという。

かつて「黒は重く、あか抜けていないように見える」という理由で茶髪にする人が多かったが、「黒は重い」と決めつけて煽動したのはやはり、バブル的なもうけをねらった美容業界だったのだ。

ただ振り子のふれが戻っただけと言えばそれまでだが、「黒は重い」が絶対であると信じようとした当時の少年少女は、「絶対」が存在しないことに気づいているのだろうか。

この勢いで、スカートの丈の長さも戻ってくれないだろうか。

薬物混入事件に関して

4月には栃木で、中3女子2名が男性担任の給食に抗うつ剤を入れるという事件があった。

そして今日、今月になって札幌市内の中学校3校で、生徒が理科の薬品や降水、砂利などを担任の給食に混ぜていたことが判明した。

理科の実験で薬品を使うときは、まず実験中に事故を起こさないために数量や容量をよく確認しなければならないが、こういった事件を起こさないためにも、必要な量だけを準備し、勝手に補充をさせたりせず、片づけ時にも異常がないかしっかりと管理しなくてはならない。

しかし、防犯ブザーを持たせても、集団下校させても誘拐事件が起こるように、どんなに管理をしても絶対犯罪が起こらないということはないし、そもそも「そんなことはしないだろう」という、倫理観やタブーが崩壊していることの方を、まずはどうにかしなければならないだろう。

こういうことをしたらどうなるだろうかという思考と、自分のからだに対する感覚(五感)を高める必要があるだろう。

小指が人差し指?

近くにいる者同士で、何か手に持っている資料の一部を指し示したりするようなとき、人差し指ではなく、小指を使う人がここにきて急に増えたように思う。

これはいったいどういう心理が働いているのだろうか。

人差し指で人を指さすのは失礼だ、というところから来ているのか、小指の方が「かわいい」という感覚から来ているのか。

なんだかこれは、「○○させていただきます」という、へりくだった態度に見せかけて、実は自分の行動を押し通すという心理と、同じようなものが働いているような気がする。

何はともあれ、変な感じだ。

地震が続くなあ

こちらは関東地方ですが、先日に続いて、夕方に地震が多い気がします。

先日は午後4時頃だったでしょうか、私はちょうど図書館にいました。地鳴りというか、耳鳴りのような感じがして、そのあとすぐに揺れが始まりました。図書館なので、みんな無言のまま顔を上げてキョロキョロ。まるでサバンナにいる小動物みたいでした。

今日の地震はつい先ほど、午後6時半頃。ちょうど帰宅ラッシュの時間帯です。前みたいにエレベーターに閉じこめられたり、電車が動かなくなったりという被害が一番大きく出る時間帯なのが気がかりです。

先日の地震は茨城県南部、今日のは伊豆半島の東側でしょうか。ちょっとした揺れや地鳴り(多くは近くを大型車が通ったときのもの)でも、ちょっと身構えてしまいます。

小学校からの英語

今でも、総合的な学習の時間に英語活動を行っているところはありますが、正式な教科として、小学5年生から導入する方向で検討が進められているようですね。

でも、たかだか2年早く始めるぐらいで、どの程度の効果が望めるのでしょう。高校卒業までに英検2級がとれる生徒が少し増えるぐらいではないでしょうか。

小学4,5年生の頃と言ったら、私はBASICでプログラムを組んでいた頃で、PRINTはともかく、LOCATEは「ろかて」、CONSOLEは「こんそれ」とローマ字読みでした。ラジオで基礎英語を聞き始めたものの続かず、高校生になっても毎年挫折を繰り返していました。

そういえば、筑波万博に行ったとき、あれは中2だったかな、インドネシアかそのあたりのレストランに入って、店員さんに「この料理はあなたの国でも人気メニューなのですか」と聞いてみたくても英文が出てこず、代わりに父に言ってもらったこともありました。

そんな自分が始めて英語に正面から取り組もうと思ったのは、就職して海外出張から帰ってきたときでした。技術的な用語はカタカナ英語でも通じるものの、町に出たときにちょっとしたことが言えない自分が腹立たしく、ボーナスをはたいて英会話教室に通い始めたのです。

どんな教育もそうだと思いますが、こどもが「学びたい!」と思ったときに教えるのが一番教育効果があります。そのためには「学びたい!」と思わせることが大事ですが、そういう経験は海外旅行でもしなければなかなかできないんじゃないでしょうか。

よく、英語の嫌いな子が「日本にいれば使わないから関係ないよ」と言いますが、カタカナがこれだけ氾濫してしまっている社会にも問題があると思います。

横文字はすべてその国の言語で記述して、読み仮名など振らない、ちょっとお高いフランス料理店ぐらいの覚悟で社会を変えなければ、5年生から英語を始めたぐらいで日本人の英語のレベルが向上するとは思えないのです。

-------------------

ローマ字と言えば、私の名前には「つ」が入るのですが、中学3年生になっても子どもたちに書かせると「TSU」とかける子は半分もいません。「TU」とか「THU」とか「TYU」とかその程度のレベルなのです。

なので、パソコンで文字を入力するためにもローマ字をしっかりと教えて、フォニックスでもってしっかり英語の綴りと発音の関係をたたき込んで、文法はそれから始めてほしいものです。

-------------------

英語はあくまで道具であって、英語を使って語るべき中身がなければ意味がなく、そういう意味で日本人としての素養をしっかりと高めておくのが先決ではないか、という意見に私は賛成です。

パソコンを覚えてブログを作ってみたけど書くことがない、それと同じことだと思います。

「○○力」の氾濫

「教師力」とか「親力」とか、「○○力」という表現が鼻につくこのごろ、大学の講義の関係で中教審の答申を見てみたら、なんと!

「義務教育答申においては、学校の教育力(学校力)を強化し、教師の力量(教師力)を強化し、それを通じて、子どもの「人間力」の豊かな育成を図ることを改革の目標としている。」(一部抜粋、文字の強調は筆者)

・・・と書かれているではないですか。これじゃあ仕方ないね。

ちなみに、「学級崩壊」という言葉はマスコミが使い始め、文科省を筆頭として教育現場の公式文書では「“いわゆる”学級崩壊」と、“いわゆる”をつけて表現しています。

教師力とか、学校力とか、言わんとするところはわかるけれど、これまでそういう言葉が使われてこなかったと言うことは別な表現があったか、「力」がよほど弱まってしまったのか、どちらにしてもあまりいい感じがしないのは私だけではないはず。

教科書「で」教える

この4月から、中学校で使っている理科の教科書が新しくなりました。改めて手に取ってみてカラー写真の多さに驚きます。もう、資料集だか図鑑みたい。

実際に実験や観察をしなくても本物の写真が載っているし、逆に下手な実験や観察をするよりも明瞭にわかるので、これは扱いに気をつけないと実験や観察で手を抜く子も出てくるんじゃないだろうか。

また、先生方の間でもよく言われるのが、タイトルにも書いた

  • 教科書で教える
  • 教科書を教える

という2つの言葉で、下の方、つまり「教科書(学習指導要領に沿った内容)を教える」のがいい教え方なのだけど、上の方、つまり「教科書で(実験や観察をしないで)教える」先生が増えてしまわないか、という懸念もあります。

分かりやすさを追求した結果なのだろうけれども、分かりやすいを通り越して探求意欲が減ってしまうような、パラパラッと見てじっくり読むことをしなくなるような、そんな心配もしてしまいます。

なお、理科の教科書は1冊500円前後で、教科書取り扱い書店と入り口なんかに張り紙してあるところで入手できます。(中学校の理科は1,2分野、上と下で全4冊あります)

「す」 日本語の発音

日本語って、「か」だったら [ka]っていうふうに、文字と発音が1対1で対応しているから、発音は簡単だよね。 って思っているチャラチャラした奴ら!(そういえば最近、魔邪って見なくなったなあ)

「スイカは好き?」 って言ってみよう。

スイカの「す」と、「好き?」の「す」、前者は[su]だけど、後者は[s]というふうに母音の[u]を抜いて発音している人が多いんじゃないかな。

「す」の後にどんな字がきたときに[su]で、どんなときに[s]になるのか、分類してみると傾向が見えてくると思う。また、[su]で発音していた単語を[s]でいえるのか、その逆はどうか試してみてもおもしろいかも。

今朝はそんなことを考えながら車を運転してました。

ミジンコだって恋をする 進化論2

下の「シマウマはなぜ縞々か」に関連して。

様々な動物のおもしろい生態がわかってきて、最近はあまり聞かなくなったけど、脳の小さい生き物をさして「下等生物」と言うことがある。ほ乳類、その中でも霊長類が進化の最先端を行っている、というような考え方だ。

この「下等生物」という言葉には、脳が小さな生き物には、自分の意志とか、喜びや悲しみなどはなく、本能のままに生きている、というようなニュアンスが含まれている。

そして、考える脳をもった我々は、不便なことがあれば「考えて」改善し、願いがあれば「考えて」願いを叶えてきたわけで、考える脳を持たない「下等生物」は、たまたまラッキーな出来事がなければ進化はしないだろう、ということになる。

でもそうだろうか。私たちは多細胞生物だけれども、細胞の数が少ない生物もなかなかすごいことをしてくれる。タイトルのミジンコも、普段は細胞分裂(いわゆるクローン)で増えていくけれど、無限に分裂できるのではなく、その回数には限界がある。

そしてその限界が近づくと(その回数をどこで記憶しているのかが興味深い)、出身地の違うミジンコを求めてさまよい、出会えたらば2つある核のうちの一つを交換しあって、全く新しい人格(ゾウリムシ格?)として生まれ変わるのだ。

ここに、有性生殖の原点があるという。

ゾウリムシに私たちと同じような「意志」があるのかといえば、おそらくないであろう。しかし、ゾウリムシは単細胞生物でありながら、まるで多細胞生物の口や胃や肺など臓器のような仕組みが備わっている。

私たちはこのような単細胞がたくさん集まってできた、多細胞生物なのだ。私たちは、願い事をするときは、心の中で、意識的に行うものだと思っているけれど、もしかしたら体のどこかにある細胞が「願って」いるのかもしれない。

ストレスによってまぶたなどがけいれんを起こした時など、これは意識して起こしているわけではないけれど、ストレスの原因は何だろうと、意識して認識することはできる。

願い事を「意識」しなければ願いは叶わないのか、それとも「無意識」のうちに願っているのか、もしも後者もあり得るのならば、動物の進化は細胞レベルの「願い」から起こると考えてもいいだろう。

シマウマはなぜ縞々か 進化論

先週ぐらいだったかな、ラジオ(795)を聞いていたら、パーソナリティーが進化論について話していた。

シマウマが何で縞々になったか(肉食動物の目をごまかすため)、という話の後で、「でも、シマウマがまだシマウマになる前、自分で『俺のからだが縞々だったらいいのにな~』って願っていたとは思えないよね」と言っていた。

確かにそれはそうだ。キリンの首がなぜ伸びたかについても、

  • 木の実を食べているうちに、首の短い物よりも長いものの方が有利で、集団の中でそういう遺伝子をもっているものが生き延びていった
  • 木の実を食べているうちに、だんだんと集団全体の首の長さが伸びていった

という2通りの説がよく紹介されているけど、これは「もっと首が長かったらいいのにな」と願ったはずである。

シマウマが何で縞々になったのか。シマウマは縞々を願ったのか。

シマウマが暮らしている世界には、植物などで、縦縞で奥行きがわかりづらかったり、錯覚を起こしてしまうような物があるかもしれない。私たちも、道路脇の柵とか手すりとか、一瞬、奥行きがわからなくなることがある。

ましてウマは顔の両側に目がついているので、物を立体的にみている視野がとても狭い。もしかしたらシマウマは、無意識のうちに縦縞のものは見づらいということを脳の中にため込んでいて、それが体に表れた・・・。うーん、わからん。

時間の価値

毎日ものすごい量の不要なメールが届く中、初めて秀逸なものに出会ったので紹介します。

タイトル 「時間の価値」

1年の価値を知るには
卒業試験に落ちた学生に 聞いてみなさい

1ヶ月の価値を知るには
未熟児を産んだお母さんに 聞いてみなさい

1週間の価値を知るには
週刊誌の編集者に 聞いてみなさい

1時間の価値を知るには
会うのが待ちきれない恋人達に 聞いてみなさい

1分の価値を知るには
電車やバス、飛行機に乗り遅れた人に 聞いてみなさい

1秒の価値を知るには
事故で生き残った人に 聞いてみなさい

千分の1秒の価値を知るには
オリンピックで銀メダルを獲った人に 聞いてみなさい

時間は待ってくれません
あなたの持っている全ての時間を大切にしなさい

-------------------

と、ここまでですが、そのあとでたぶん出会い系のサイトと思われるリンク先が記されておりました。

なかなかでしょう、この詩。誰が考えたのか、もしかしたらもともと何かそれ系の勧誘のチラシにでも載っていたのかも知れませんね。

成分解析

こちらのサイトに、「成分を分析した結果がここに出ます 例)バファリン」と書かれていたので、試しに「カコナール」と入力してみた。

「カコナールの55%は波動で出来ています」

出たーーーーー! 波動!

いっぺんでこの「おもちゃ」の怪しさが分かったので、試しに「よいち」と入力してみた。

よいちの66%は純金で出来ています
よいちの24%は知恵で出来ています
よいちの9%はマイナスイオンで出来ています
よいちの1%は濃硫酸で出来ています

おおー! 純金! 知恵! マイナスイオン!
いいものばかりじゃん。すごいぞ、俺。

そこで、本名をひらがなで入れてみた。すると・・・

○○○○○○の76%はやらしさで出来ています
○○○○○○の13%はマイナスイオンで出来ています
○○○○○○の6%はお菓子で出来ています
○○○○○○の5%はミスリルで出来ています

あはははははは! 面白すぎる!!
せこいぞ、俺! (けっこうあたってるかも)

たまげる

日常生活であまり経験することはありませんが、テレビを見ていると毎週たまげることができます。

それは、TBS日曜日の「噂の東京マガジン」の料理コーナー(書道のコーナーもあったね)。ああ、なんだ、と思った方も多いでしょうね。

かつては、「これは実はちょっと手の込んだ料理を出題して、『若者はこんなに馬鹿なんだぞ』ということを晒して満足している意地悪な大人が作っているんだ」、と思った頃もありましたが、やっぱりめちゃくちゃやる若者も多いんだね。

良くないなあと思うのは、知らないのに知ったかぶりしてめちゃくちゃをやる子。そして、ひどい言葉遣い。女の子なのに、とは言えない時代になったけど、「うまそう」とか「こんなのくえねえ」とか。テレビに映っているという意識はあるのだろうから、普段から使っているんだろうなあ。

番組は違うけど、「愛のエプロン」でインリンが、それはやらせだろう、というようなめちゃくちゃな料理(とは言わないな、あれは)を作るけど、それに勝るとも劣らないことをやっていると思う。

気持ちが滅入る番組のひとつだね、これも。

しゅうかつ(就活)

自分の頃、十数年前にはなかった呼称、略称じゃないかな、と思います。最初聞いたときは一瞬なんだろう、と思いましたが、そういう目で見てみると、デパートのスーツ売り場なんかでも「就活フェア」なんて書いてあったりします。

就職活動・・・略するほどの単語かなあ。

学生の会話を聞いていると、「その日は就活で来れないんですけど」という感じ。そもそも「来れないんですけど」と言っている時点で私はうっとなってしまうのだけど、まあこれはおいといて、こういう略称が使われる昨今、就職活動そのものもなんだか色々と略されて、軽くなってしまっているような、そんな気もします。

尼崎列車事故から1年

昨夜、NHKで放映された、この事故で母親を失った父子のこの1年を追ったドキュメンタリーを見ました。

この1年間、こういう思いをして過ごしてきた方、ご家族が他にも大勢いるのだと思うと、胸が締め付けられる思いがしました。

ただ、昨年末に交代したJR西日本の新社長がこの家族を訪れたときの会話は、耳を疑ってしまうようなものでした。

「事故がなければ安全は向上しないとも言いますが」とか、「他のご遺族にも・・・といわれた」とか、デリカシーもカウンセリングマインドも微塵も感じれない対応にいたたまれなくなってしまいました。その後のご家族も憮然としていたのは当然だと思います。

こういう番組には作り手の意図が多少なりとも入っているものですが、それにしても残念で仕方がないという気持ちです。

約1ヶ月ぶり

の更新になってしまいました。外はすっかり春らしくなって日も延びたなあと思ったら、もうすぐ春分。そうそう、春分の頃に日が延びたって感じるのは、きっとこのころの日照時間の変化率が一番大きいからじゃないかな。

あと2週間だね、なんて言っていた3年生があっという間に卒業していった。スキー教室や3年生を送る会(“あれ”は本当にしんどかった)とかあったけど、なんだか最後はあっけなかったな。みんながいなくなってがらんとした教室…教室って掲示物がなくなると音の反響も変わる気がする。

どうやって入れるの?

060323poo  「海ほたる」へ。UFOキャッチャーで取れたら風船に入れてくれるというので挑戦したところ、1発でゲット!(しまった、自分で増やしてしまった

UFOキャッチャーといえば、つい先日のトリビアで、クレーンを操る名人がUFOキャッチャーで50個の商品を全部とりきるのに使う費用は○円、っていうのをやってたけど、さすが、上手でしたね。

ところで、このプーさん、どうやって風船に入れるか、その装置を見たことがない人に考えさせたら面白いだろうなと思った。理科の題材としても使えそう。ちなみに、ふつうにいくら風船に空気を入れてふくらましても、口からぬいぐるみを入れようとした瞬間に空気は出て行ってしまいます。

海ほたるでは強風で吹き飛ばされそうでした。でも遠くまで見渡すことができ、三浦半島から富士山、ぐるっと回って筑波山や房総半島も一望できました。

写真の後ろをよく見ると、テレビ台の上にアンパンマン列車がのっています。1回300円のガチャガチャで6種類全部をそろえるのに、7回でできた(相方)というのはかなりラッキーだと思います。

花の冠

saboten  職場のサボテンが花を咲かせました。

こんなふうに咲くなんて知らなかったけど、あまりにもかわいかったのでカメラでパチリ。

フレミング in ガスパッチョ

織田信長、ガリレオときて、次は誰かなあと思っていた東京ガスのCM「ガスパッチョ」。

うーむ、フレミングと来たか。こうなると制作者は中学生の親かな。でも「左手の法則」は今の学習指導要領では含まれていないんだなあ。「右ねじの法則」さえしっかり押さえておけばコイルの動きも誘導電流もバッチリなんだけどね…。

CMの内容ももう一ひねり欲しかったな。やっぱり織田信長がインパクトあり過ぎだったね。

TBありがとうございます。
ガスパッチョのCM、私も大好きです。
新作はフレミングでしたね。
右手の法則と左手の法則・・・、なつかしいです。(笑)
ぜひともこのCMはシリーズ化して、
歴史上の人物にどんどん登場して欲しい感じがします。
こちらも、さっそくTBさせていただきました。*^^*

ちょこわさん、コメントとTBありがとうございました。

さてさて、次は誰がタンスから出てくるでしょうね。外国人が続いたので、日本人でもいいですね。

妻夫木君としては、しずちゃんが出てきたら困っちゃうでしょうね。

では、今後ともどうぞよろしくお願いします(^o^)/

ブラウン管の人

死語について。

卒業文集でも作ろうか、という話しになって(学年としては時間がないから作らないようだ)、おきまりの「将来○○してそうな人」というページを考えていたときのこと。

私が「『10年後、ブラウン管の中の人になっていそうな人』ってどうだ?」と言ったら、すかさず「せんせ~、そのころにはブラウン管はないんじゃん?液晶でしょー」。

そうだよな、ブラウン管ってまだ死語じゃないけど、もう“絶滅危惧”語だな。

すでに、チャンネルは「まわす」ものではなくなっているし、死語って調べてみると面白いかも。

箱根駅伝

首位を走っていたチームの選手にトラブルが発生し、フラフラになって、2位、3位の選手に抜かされながらも、ほとんど気力だけで次の選手にたすきをつないでいた。

「もし個人種目ならばとっくにリタイヤしていたでしょう。」というアナウンサーのコメントを聞いて、「いのちのリレー」みたいだなと思った。

自分にいのちをくれた人、自分と繋がる人の存在を感じないで生きていたら、なぜ生きているのか、生きることに意味があるのか分からなくなってしまうかも知れない。

インターネット上で新たに“繋がった”人と一緒に自殺をしてしまう事件が後を絶たないが、この「つながり」はたすきとは似ても似つかぬものであることは確かだ。

ゆく年 くる年

紅白を見て、NHKもずいぶんと遊び心を盛り込んだというか、規制を緩くしたなという感じがした。

他局の内容が盛りだくさんで、レコード大賞おめでとう!と叫ぶみのもんた、フジサンケイグループのマークの人文字、K-1の出演者のそっくりさんを従えた気志団、などなど。

出演者の名前を間違えてしまったり、マイクがいきなり倒れて消えたりとハプニングもあったけど、森山親子が歌う「さとうきび畑」や、懐かしい曲の数々が聴けて楽しめた。

好き歌の1位がマッキーの「世界に1つだけの花」だったのと、男性のトリの歌がSMAPの「Triangle」だったこと、それから途中で、吉永小百合さんによる原爆の詩の朗読など、このところのアジア周辺諸国との不穏な空気に配慮してか、反戦ムードを感じた紅白でした。

どうか新年も世界が平和の大切さを忘れることのない年でありますように。

100%オレンジ

というデザイナーさん。

彼ら(男女のコンビだそうな)は今年売れまくりですね。私が知ったのはたぶん、「いのちの食べ方」という本のイラストが最初だと思うのだけど、その後も至るところで目にします。

なんとも素朴で愛らしい、日本人の子どもを表現するのにぴったりなイラストで、嫌みがなくていいのです。

先日も何かの雑誌の表紙になっていたのを見かけたけれど、絵本などを扱った雑誌には「MOE」がありますね。見あたらなかったので、近くにいた店員さんに尋ねようと思ったのだけど、思わず飲み込んでしまいました。だって、

「 “もえ”という雑誌はありますか? 」

って、店員さんは分かっても、今どきなんだか周囲の人に何か誤解されそうだよね。

きっと雑誌「MOE」としては、最近やたらと検索に引っかかったりして知名度を上げているかも知れないけれど、きっと迷惑していると思う。そう、オーム出版のように…。

号泣

ということばを新聞やテレビでよく目にするけど、一度も本当に号泣しているところをみたことがない。みんな涙ぐんでいるか、すすり泣いているか、どちらかではないだろうか。

今年は正しい日本語をテーマにした記事や番組が目立った年だったけど、まずはマスコミが正しい言葉づかいを心がけてほしいものだ。

曇らないカーブミラー

…が あったらいいな。

朝、T字路などでカーブミラーが曇っていると怖い。ミラーの内側に電熱線をつけて、太陽電池で発電して…って電力的に無理かな。 カーブミラーって設置者が自治体なのか警察なのかよく分からないけど、くもり止めスプレーを塗って拭いてくれるだけでもいいのにな、と思う。

あと、これからまたあちこち地面が掘り返される時期が来るけど、どうせなら町中の電線を地下に埋設してくれないかなあ。

ラッキーな1日

  • ラッキーその1 : 近くのスーパーで福引きをやったら1等が出て、野菜ジュース箱入りが当たった。これでしばらく買わなくてもすむ。
  • ラッキーその2 : ユニクロに行ったら、1店舗目では売り切れだった商品が、2店舗目では残っていて、おまけに半額近くに値下げされていたので2枚買えた。これでしばらく買わなくてもすむ。

 先週までは結構アンラッキーなことが続いたので、これで帳消しかな。

HDDからDVDへコピー

 毎週録りためているもの

  • 高校講座 物理、科学、生物、地学、理科総合A・B
  • 映像科学館
  • 10min.ボックス 理科
  • ミクロワールド
  • あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑 … 進路学習、総合的な学習用に
  • にんげんドキュメント … 道徳用に

 以上、すべてNHK。ちゃんと受信料払っているのだから、活用させてもらわないとね。

 理科総合A・Bは、中学校でも十分活用できます。出演者のノリもいいし。その点では「高校生物」も生徒役の2人がいいね。

 さて、定期的にダビングしないと「これ以上録画できません」となってしまう。実際にはまだ空き容量があるのだけど、本体内に396タイトルまでしか入らないらしい。

 で、今日はそのDVDにコピーする作業を延々とやってます。相方さんはカゼでダウン。京都で買ってきた葛湯飲んで早くよくなってね~。

関東で地震

日曜日の夕方、私はなぜかそのとき職員室に。

ダンプでも通ったのかと思うような地鳴りがして、「あ、地震だね」と同僚たちを顔を見合わせたのもつかの間、けっこう激しい揺れが訪れた。「しまった、とうとう来たか」と一瞬思ったけど、揺れていた時間は10秒もなかったようで、被害も皆無。

ただ、この揺れだと我が家の食器棚と、リビングの黄色い(一部は白い)熊さんたちが心配、と思って自宅に電話するもなかなか繋がらず。どうしたのだろう、落ちた皿でも拾っているのだろうか…。

しばらくして相方から「全然気づかなかったよ~」と電話が。あれだけ揺れたのに、ほんの数キロでこうも違うものなのかな。拍子抜けしてしまった。でも一安心。余震がこなければいいな。

関東で地震

日曜日の夕方、私はなぜかそのとき職員室に。

ダンプでも通ったのかと思うような地鳴りがして、「あ、地震だね」と同僚たちを顔を見合わせたのもつかの間、けっこう激しい揺れが訪れた。「しまった、とうとう来たか」と一瞬思ったけど、揺れていた時間は10秒もなかったようで、被害も皆無。

ただ、この揺れだと我が家の食器棚と、リビングの黄色い(一部は白い)熊さんたちが心配、と思って自宅に電話するもなかなか繋がらず。どうしたのだろう、落ちた皿でも拾っているのだろうか…。

しばらくして相方から「全然気づかなかったよ~」と電話が。あれだけ揺れたのに、ほんの数キロでこうも違うものなのかな。拍子抜けしてしまった。でも一安心。余震がこなければいいな。

タイヤを替えたら

とても快適になった。ブリヂストンのplayz。「運転が楽になる」というキャッチフレーズは伊達ではなく、期待以上のものがある。

インチアップして扁平率が小さいものを履いていたが、実のところわだちに足を取られやすく、格好つけるのも楽じゃないなと思っていた。今回、扁平率を元に戻したこともあってその煩わしさからも解放。ハンドルも取り回しやすくなったし、まるで納車されたときのようにわくわくした気持ちになってくる。

しっかし18インチは高い。見栄をはってつきあいだしたはいいけれど、お金のかかる彼女みたいだ。

押さえ込み!

今日は新人戦。どの競技もそうだけど、新人戦では珍プレーが続出するもの。

夏休み明けに転部してきたA君。まだ基本技もそこそこながら、必死にがんばりました。ところが…

何とか相手をねじ伏せて、押さえ込み状態になった瞬間、主審の大きな「押さえ込み!」という声が。すると彼はその声にびっくりしたのか、はたまた「押さえ込み」という技が決まったと思ったのか、手をゆるめてこちらを振り向いてしまった。

そこを相手に逆に押さえ込まれて一本負け。

応援していた味方も「???」

たくさん立ち合いの練習はしたけど、審判がついてってのは無かったからね。何事も経験、がんばろう。

休力?

最近、教師力とか親力とか、「~力」という言葉が流行っているようだけど、先日相方がこんな手紙を生徒からもらってきた。

「休力を高めるにはどういう食事をしたらいいのか分かった。」

ん?休力? 体力か。 あわてて間違えたな。

…ところが、この手紙の中にあと5回も「休力」が出てくる。

書き手は中3。日頃彼らと接している私からすると、この手の間違いは今や驚くべきことでも、珍しいことでもないけれど、「こんな間違い、小学生レベルだよ…」と相方には相当ショックだったらしい。

でも「休力」というものが、周りのことを考えずに有休が取れたりできる力だったりしたら、私もちょっと欲しいかも。

ホント、学校の取材をしていると
唖然とさせられることばかりで……。
ついつい、自分たちの頃と比べてしまって
「こんなんでいいの?」と。

競争がないのも善し悪しなんですかね~(T-T)

こんにちは、maniさん。

私たちの頃にも全く無かったというわけではないですけど、最近、とくに男の子の書く字が読みづらいですね。

もう、ノートの罫線なんかお構いなしだったり、漢字なのに「筆記体」状態だったり…。テストに書く自分の名前すら怪しい子もいます。

だから硬筆展なんかすると「味のある」作品ばかりで、金賞を選ぶのが難しいですね。

今週を振り返って

結局ブログの更新は週末しかできなかった。日頃仕事があると更新ってなかなか難しいなぁ。日記を書こうにも、おもしろかったテレビのことぐらいしかないのが悲しい。あ、キンモクセイが咲き始めたね。とてもいい香り。

面白かったテレビといえば、「笑ってこらえて」の吹奏楽の旅。良質な番組に贈られるというギャラクシー賞を受賞したらしいけど、若者の醜いところをあげつらう番組が多い中、こういうのが増えるといいね。

今週は理科展の準備でドタバタしてしまった。目録作りはエクセルのマクロでオートメーション化されているらしいが、使い方がわからず結局各学校から送られてきたデータをカットアンドペースト、そしてソートしまくり。

さて来週は部活の新人戦。仮病と遅刻魔の集まりの我が柔道部はどうなることやら。休日の練習に出てこず、家に電話をかけるなんて信じられます?勝とうっていう気があるのかなあ…。

PS. 今週末も黄色い熊を一匹捕獲。

しょっぱ!

CA250020e  前から気になっていた、近場にできたラーメン屋さんに寄ってみた。

結論から言うと、「グルメ・クッキング」のカテゴリーには入れられない。あえて店名は控えておこう。ご覧の通りのレンゲの大きさからわかってしまうかな。天下無敵、究極のげんこつラーメンという宣伝文句だが、何ともしょっぱい。

写真はげんこつラーメン680円。麺は縮れ麺で好みなんだけど、麺にスープがよく絡むぶん、まるで麺にしょっぱさがしみこんでいるかのように感じる。シナチクも色からしてしょっぱいし、たまごは固ゆでだった。うーん、惜しい。

良かったところと言えば、テーブルには冷水のタンクがおいてあって、癖のない美味しい水がたくさん飲めたこと。相方曰く、これは390円ラーメンと同等以下だと。

深夜だったが続々と来客があるのは、となりに24時間インターネットカフェがあるからだろう。

2匹捕獲

SN260003e  居酒屋を2軒はしごした後、ゲームセンターで2匹捕獲。どうしたら取れるかとガラスにへばりついていた私たちを不憫に思ったのか、店員さんがとりやすい位置に置き直してくれた。それでも1発では取れず、2匹で千円を投資。

その後、お茶タイムということでスタバへ。私は夏場はキャラメルフラペチーノ(ホイップ付き)と決めてるけど、昨日は初めてランバフラペチーノを注文。うむ、これもなかなかうまい。しかしサイズはショート。こんな甘いもの、トールでは飲みきれないし、どう見てもカロリーオーバーだ。(それ以前にはしごしている時点でオーバーしているという話もあるが)

で、捕獲した2匹をテーブルにおいて1枚。日中の混雑時ではなかなかできないが、夜だと外から丸見えでもあることに、家路を急ぐ通行人の視線を感じて気づく。

こうして我が家のリビングは熊だらけになってゆくのであった…。

カラオケの帰りに

PICT1106e  久しぶりにカラオケに行った。いろいろ歌った中で面白かったのが、「もののけ姫」。1番が終わって2番を歌おうとしたら…。

「あああああーあああー」

「うううううーううーううー」

なんじゃこりゃ、こんな歌だったのか!

さてその帰り。空には放射状の雲が。こういうのってよく「地震雲」として扱われたりするんだよなあ。よし、もし数日のうちに近場で地震が起こったなら、地震雲の存在を認めよう。

日の丸ステッカー

…をフロントガラス内側にくっつけて走っている車が目立ってきている。どうやら当地のFMラジオの企画らしい。

そして、このステッカーをつけた車どうしがすれ違うときには、なんらかの合図を送ろうということらしいが、先日はじめてその現場を見た。

私の車の後ろにステッカーをつけた車が走っていたので、前方からステッカーをつけた車がくるのを待っていたら、ちょうどやってきて、後ろの運転手が「グッジョブ!」の合図を送ったのだ。

へぇ~、ほんとにやるんだ。と思った。

でも、そこまでしてコミュニケーションしたいのか、そもそも日の丸を車につけるなんて品がない…と思うのは、楽しむ気持ちが足りないだろうか。

三菱グランディス

CMの撮影地はどこだろう。

バックに写っている山が武甲山に見えるんだけど、秩父で撮影したのかな。

…それだけ。思い出したので書いておこう。

9月は潮位が高い

台風14号がゆっくりと九州を縦断し、甚大な被害をもたした。

一方、ニュースでは「この時期は年間を通じて潮位が高く…」と何度も繰り返しているが、何でそうなるのか分からなかったのでちょっと調べてみた。すると、

  • 水温が一番高くなる = 水が膨張している
  • 日本付近の気圧が年間で一番低い = 海面が盛り上がる

ということのようだ。

へぇ~×15 (一人あたり) ぐらいかな。

しばらくたってから

おかけなおしください、というメッセージ。

先日、コンサートのチケットを予約するので何十回と電話をかけ直した。そのときに何度も何度もこのメッセージを聞いているうちに頭の中で、

「しばらく立ってから、お掛け直し下さい」

と漢字に変換されてしまった。

こんなベンチがあったら面白い。いったん座ってみたらポンとはじき返されたりして。

新OSで名前が表示できません

下で「神のものは神に」なんて、旅行前にちょっと物騒な記事を書いたので、口直しに。

なんでも、次期Windowsでは漢字の表示が拡張されるようで。

森鴎外の鴎の字が、正しく表示できるようになるそうで。

でも…

私の名前は表示されなくなってしまいますから~、残念~!

たとえVISTAで見晴らしが良くなっても、私のことまでは見えてませんから、斬りぃ!


PS. テレビで波田陽区といとうまいこの1万円共同生活を見てたけど、波田の食べ方はテーブルに肘ついてて行儀悪いなぁ。チャーハンやルーのかかったご飯の食べ方を指摘されたムッとしてたけど、一人暮らしが長いから好き勝手にさせてくれって、言ってくれるだけありがたいと思わなくちゃな。

でも、カレーとかルーのかかったご飯をよく混ぜるのは、本場じゃ当たり前ってことは素直に彼女に言えばいいんだ。私は小さい頃、インド人経営のカレー屋に行ったとき、食べ始めようかと思ったらいきなり店員さんがやってきて、目の前でぐちゃぐちゃに混ぜられて悲しかった思い出がある。

 波田陽区(単語登録しておかないとなかなか面倒な名前だ)と伊藤麻衣子(これは一発で出たぞ)の1万円生活、一週分とばしてみたけれどハッピーエンドでよかった。

 波田には本当にいい経験になったと思う。

 それにしてもこの番組に出てくる人たちの料理のテクニックには驚かされる。そんなことどこで覚えたの?の連続。好きこそものの上手なれ、なんだろうなあ。

神のものは神に

…という言葉が聖書にあるそうで。

なぜいきなりこんなことを書くかというと、コンビニで買ったお弁当のゴミをどうするか考えたからだ。職場で処分しようとすると、油汚れをきれいに洗ったり包装と容器とを分別したりと結構手間がかかる。ならばそのままコンビニのゴミ箱に捨てて帰ればいいという話しになった。

コンビニは確かに「便利」だが、大量生産、大量消費の時代、店先のゴミ箱までが「便利」なゴミ箱になってしまっている。

もともと商店の店先にゴミ箱はなかった。商品は家庭に持ち帰ってから開封されたり飲食されたりして、ゴミはすべて自宅から近くの集積所に出されていた。それが自動販売機が登場してその脇にゴミ箱が隣に置かれるようになった。その場で飲み干してしまうからである。

コンビニのゴミ箱についてもこの延長にあると考えられる。コンビニでは買ってすぐに食べたり飲んだり、袋を開封したりとゴミが出る。買った側からするとそれを家庭に持ち帰るのは邪魔だし、売った方とすればその辺に捨てられては困る。

しかしゴミ箱を設置してしまうと、他店で買ったゴミも入るし、自宅のゴミを捨てに来る輩も出てくる。それはいかんと思うが、そもそもゴミに帰属があるのだろうか。

集積所に出すゴミについては、曜日を守っていれば「これはどこそこで買ったものだからそこに返して下さい」と言われることはない(車や家電についてはリサイクル法が始まったが)。ゴミ箱を設置するということはそういうことではないだろうか。

コンビニ店頭のゴミ箱は今後どうなるだろう。コンビニから出るゴミは、コンビニ業界全体の問題である。家庭から出すゴミ並みに分別が厳しくなるだろうか、それとも根拠は違うが地下鉄のようにゴミ箱自体が撤去されてしまうだろうか、はたまた料金を入れないと口が開かないゴミ箱が登場するのだろうか。

神のものは神にとのたもうたイエスならばなんと言うのだろう。

不在中の不安

  • 近頃何かとトラブルの多い飛行機が不安 (あの日からちょうど20年!)
  • 大きな地震があったので不安
  • 先日、近所で火事があったので不安
  • 植物がひからびてしまわないか不安
  • 仕事場で何かトラブルが起きないか不安

でも一番不安なのは、帰ってきたときにどれだけ体重が増えているか、ですから。残念~!

一応PCは持って行ってみるけど果たして繋がるかどうか…。

美味しいものをたくさん食べて、素敵な写真をたくさん撮ってきてくださいね。(笑)
植物の世話は・・・。
お盆休み中は雨が多いみたいです。
気温も上がらないかも。(^^ゞ

道中気をつけて。

 こんにちは、とりさん。コメントありがとうございました。

 心配した茶箪笥も無事でしたが、やはり植物がしおれかけていたのでたっぷり給水してやりました。

 ちなみに体重計には乗ってません(^^;

衆院解散の余波

ラジオでこんなことを言っていた。今回の衆院解散に伴い、参院を含めて審議されていた法案がすべて廃案になるそうだ。

  1. 障害者の自立に関する法案
  2. 放送局が外国企業に乗っ取られないようにする法案
  3. 14歳未満でも少年院を可能にする少年法の改正案
  4. テロの取り締まりを強化する法案

これらがすべて白紙?どれも大事そうなものばかりじゃないか。大丈夫なのかなあ。

他にもこんなにある! 第162回国会議案一覧

地震予知

7日早朝、千葉県を震源とする地震があった。先月、都内で大きな地震が起こり、週刊誌には巨大地震が5日に関東地方を襲うなどと書かれていたので、揺れを感じたときにはちょっと緊張したが震度3程度で済んだ。

地震予知については、地道な地殻変動の観測から前兆を見出そうとする科学者と、超常現象的な用語でなんとなく煙に巻く研究家の間の距離がかけ離れてしまっている。われわれ一般人はただただ不安になるしかない。ついには全国紙にも美しい虹の写真でも載るように「地震雲」という写真が紹介されるようになってしまった。

地震雲はたとえ見えたとしても後からあれがそうだったのかも知れないという域を超えていないが、地震の前には大気の電離状態に異常が生じるという観測はこれに比べると確かなものだ。地震雲も実験室で作り出せるかどうか、検証を待ちたい。

スマトラ島沖地震の際にも野生動物の被害が少なかったことなどから、何かしらの地震の前兆を動物が感じているのだろうと考えられるが、そういった動物実験をしているという話はあまり聞かない。あくまで地震は地中で起こるものだから、地殻の変動を察知し、瞬時に被害を計算して対策を呼びかけるシステムの開発が進められている。東北地方の小学校には、教室の前にあと何秒で震度いくつの地震が到達するという電光掲示板があるらしい。

しかし、もし予知してしまったらかえってパニックになりはしないだろうか。津波は沖に見えてから到着するまでにしばらく時間があるが、地震はそうはいかないだろう。あと30秒で震度6の地震が起こりますといわれて、平常心でいられるとは思えない。

とりあえず

自分の周りにもブロガーが増えてきたのと、トラックバックなるものを体験してみたくて、とりあえず立ち上げてみることに。

こういう場合、タイトルも背景もとりあえず何か決めなくてはならない。

タイトルは、「セブンティーンアイス」と「サーティーワンアイスクリーム」をもじって、「71 アイ スクリーム」。71年生まれの自分の叫び声というイメージだけど、世の中に向かって叫びたいというほどのネタもなくて、せいぜいつぶやきぐらいかな。

背景はテンプレートから。こういうのはたいてい気に入ったのが見つからないのだけど、この新作は下に行くほど暗くなっていくのが格好いい。

日記・コラム・つぶやき