覚え書き:天文

この4月から現場に復帰するにあたって、ちょうど宵の明星や土星、木星が見えてくる時期なので、こんなことをしてみたい、と思いついたこと。

1.下校時の生徒に望遠鏡で見せるとき、望遠鏡にデジカメをつないで、デジカメにプロジェクターをつないで校舎に投影して、一度に多くの生徒に見せられるようにする。

2.金星の見え方の授業を行うとき、教卓の周りに生徒を集め、教卓の上に白熱球を置き、発泡スチロール球を生徒の目の前をぐるーっと半周させる。生徒は教卓を囲むように180度の半円を描くように並ばせておけば、左端の生徒の目の前に白球があるときは、右端の生徒からは遠くに満月上に見え、自分の目の前に近づくにつれて視直径は大きく、三日月上に見えてくるはずである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/255

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント