配点の悩み 答えか式か

こちらの新聞記事より。

三角形の面積を求めるテスト。

図を見て、式をたて、計算するわけだけど、その配点は

 1.正しい式だが計算ミス … 3点、または4点

 2.答だけ正解 … 2点

 3.正しい式で、答えも正解 … 1,2の合計点 (5または6点)

となっている。

つまり、「正しい式をたてられる」ことよりも、

「正しい答えを導ける」ことに重きがおかれている。

問2では、三角形全体を2つに分けて計算しなければらなず、

それを一度の式で表そうとすると複雑になるため、

式のほうの配点がより高くなっているものと考えられるが、

もし、計算を2度に分けて、別々の式で行っていたらどうなるのだろうか。


あるいは、三角形を取り囲む長方形から、求めるべき部分以外の

面積を計算し、長方形から差し引くなど、別な方法で解答した場合は

どうするのか。


私としては、暗算であっても正しい答えが計算できていることと、

式をたてて答えを導けることに対する配点は、同じでよいと思う。

いわゆる加重配点は、その加重に対して客観性が求められ、

説明責任が発生する。


あるいは、答えよりも式を重視すると、悲しいかな、

答えは間違っていてもいいという甘えが生まれてしまう。

これは、結果よりも過程重視という少し前までの教育の流行でもあり、

その影響が社会全体に如実に表れてきているのを感じる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/220

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント