エロスなルージュ

って、化粧品のCMで使う言葉かなあ?

倖田來未の登場以来、「エロかわいい」なんていう言葉が跋扈しているけど、「エロ」という言葉は、あまりパブリックなところへは出さない方がいいと思う。

そもそも「エロスな」って、言い換えれば「淫靡な」「性的魅力のある」ということだろう。CMのテロップでそういう文字を流すだろうか。化粧そのものが本来そういうものとも言えるけど、わざわざそんな身も蓋もない言い方をあえて選んだとは思えない。

そこには、外来語をカタカナにするときに、勝手に意味やニュアンスまで変えてしまう日本語(を使う人)としての問題点と、なんでも軽々しく消費しようとするメディア業界の姿勢が見えてくる。はっきり言えば、皮肉な言い方だが、こういうメディアの地道な努力が尻軽な社会を生み出しているのではないだろうか。

さらに、「エロスな」という「外来語の名詞+な」で形容詞として扱うのも違和感がある。文法的にはおかしいが、「エロチックな」のほうが自然だし、名詞を使うのであれば「エロス的な」のほうがいいだろう。

休日の朝から変なCMを見てしまった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/207

言葉は面白いですよね。
私は「エロ」というととても直接的で下品な言葉というイメージがあるので使用すると品格に関わると思っていたのですが、日常の普通の言葉として使用している人が多いようですね。
同じような言葉でも「スケベ」の方がまだ軽いし、使用できるなぁ、と思っていたのですが、よく考えると同じなのかな?(^^ゞ
(でも「エロオヤジ」よりは「スケベオヤジ」の方がまだかわいいような気がする・・・気のせいかな?(^^ゞ)
言葉の持つ意味合いは人によって多少違うのは重々承知ですが、なかなかびっくりすることが多いですね。(^^ゞ
ただ、言葉は時代によって変化していくものではないかと思うので、それはそれでいいのかな?とも思います。

こんにちは、とりさん。

「エロ」ってやっぱり下品ですよね。伊東美咲さんもよくOKしたなあと思います。インリンあたりを使えばイメージにぴったりなのに。

とりさんの「エロ」と「スケベ」の比較で吹き出してしまいました。あのCMを「スケベなルージュ」とは、どう転んでも作らないでしょうね。

私はこのコピーライターは男性じゃないかな、と思っています。

「エロ」という言葉やイメージに対する世間の基準が甘くなってきているというか、社会が無節操になってきている感じが否めません。

以前、ポルノグラフティーがデビューしたときも「ああ、新聞のテレビ欄などでは『ポルノ』って字が躍るんだろうな」と眉をひそめた私ですが、今では子ども達とも「ポルノ」という言葉を何の躊躇いもなく口にしています。

けど、今回の「エロスな」は、どうかなあと思っているのですが、どうでしょうねえ。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)