『くさいはうまい』 小泉武夫

発酵学でおなじみの先生が書いた

先日、TOKIOのメンバーが臭さをはかるセンサーをもって、世界中から集めたくさい食べ物に挑戦するコーナーがあったけど、そこに登場したくさややシュール・ストレンミング、臭豆腐や韓国のエイの漬け物などももちろん収録されています。

読み進むうち、これはちょこっとかじってみたい、というものもあれば、これは説明を聞いただけで勘弁、というものまで様々。でも、人間の飽くなき探求心というか、偶然の産物というか、文化というのは面白いものだなあとつくづく思います。

巻末の哲学者中村雄二郎さんとの対談もなかなか面白いです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/200

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント