認知症と『アルジャーノン…』

40代半ばで発症した妻と、彼女を支える夫。

だんだんと字が書けなくなっていく彼女の日記を見て、『アルジャーノンに花束を』を思い出した。

最初は大人らしい字を書いていたのが、やがて漢字が書けなくなり、ひらがなでも誤字脱字が目立ってくる。ついには、本当にひらがなを練習し始めた子どものような字になってゆくのである。

それはまさに、脳の発達を逆再生して見ているようで、いろいろと考えさせられた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/206

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント