秋田の児童殺害事件

下で触れたのでついでに。

この事件に関しては、過剰な取材や容疑者の過去の暴露など、容疑者とはいえ人権侵害ではないかという声や、今や犯罪すら劇画化されて大量消費される社会になってしまった、なんていう分析もあったりするけど、私も1つ感じたことがある。

彼女は娘の件についても供述が曖昧になってきているらしいけど、ワイドショーなどで紹介される一連の彼女の発言は、中学生がいじめを自作自演したときのものと非常によく似ている。

この事件に限らず、最近の事件はどうも子どもじみたものが多い。俺はヤクザだぞと脅したら本物に殺されてしまったり、兄弟と比べられてむかついたといって親を殺してしまったり、そういうことは子どもの頃にやりかけて失敗するとか、やっぱりやめておこうとか学習するものだけど、どうもそうではないようだ。

昨年は小学生による殺害事件が起きるなど、犯罪の低年齢化に少年法が追いつかないなんて話しもあったけど、最近は大人の犯罪レベルが幼稚化しているとも言える。見えてくるのは、それぞれの年齢における発達課題をクリアしてきていない人が増えている、ということだろう。

それはたとえば、異年齢集団の中で学ぶものなのにそういう経験がなかったり、ケータイがあることによって正しい方法を経ないで解決してしまった(つもりになっていた)りと、現代日本が抱える社会問題と密接に関連していると思う。

ともあれ、疑わしいものは疑わしい、という直感(経験則)も大事だと思う。

少し前に新聞で読んだ、クラスでトラブルが起こったとき、先生がある生徒のことを目があったときの直感で疑ったら、「私はそんなに疑わしいのか」という日記を書いてきて反省させられたというのも、やっぱりその生徒は怪しいんじゃないかと思う。

何年かして、あのときはごめんなさいというパターンはよくあることだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/196

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント