2006年07月

プールの排水溝は位置を明示

した方がいいと思う。そういうところもあるのかな。

長かった梅雨もやっとあけたと思ったら、各地で水難事故が多発。

そんな中、悲しいかな毎年起こるのがプールの排水溝に子どもが吸い込まれてしまうと言う事故。

プールの水際のところには赤く▼印でも付けて、このしたには排水溝がありますよ、と明示し、休憩時間にはちゃんと監視員が金網に異常がないことを確認した方がいいと思う。

配点の悩み 答えか式か

こちらの新聞記事より。

三角形の面積を求めるテスト。

図を見て、式をたて、計算するわけだけど、その配点は

 1.正しい式だが計算ミス … 3点、または4点

 2.答だけ正解 … 2点

 3.正しい式で、答えも正解 … 1,2の合計点 (5または6点)

となっている。

つまり、「正しい式をたてられる」ことよりも、

「正しい答えを導ける」ことに重きがおかれている。

問2では、三角形全体を2つに分けて計算しなければらなず、

それを一度の式で表そうとすると複雑になるため、

式のほうの配点がより高くなっているものと考えられるが、

もし、計算を2度に分けて、別々の式で行っていたらどうなるのだろうか。


あるいは、三角形を取り囲む長方形から、求めるべき部分以外の

面積を計算し、長方形から差し引くなど、別な方法で解答した場合は

どうするのか。


私としては、暗算であっても正しい答えが計算できていることと、

式をたてて答えを導けることに対する配点は、同じでよいと思う。

いわゆる加重配点は、その加重に対して客観性が求められ、

説明責任が発生する。


あるいは、答えよりも式を重視すると、悲しいかな、

答えは間違っていてもいいという甘えが生まれてしまう。

これは、結果よりも過程重視という少し前までの教育の流行でもあり、

その影響が社会全体に如実に表れてきているのを感じる。

ミスコンに知性は必要か

たしかにこの方の言うように、ミスコンに知性云々というのは、ミスコン反対論者への方便でしかないと思う。

でも、ただ人形のように突っ立っているだけの人を見て、本当に美しいと思うのだろうか。

立ち居振る舞い、仕草、表情の変化、そのあたりに美しさを求めると、どこかで内面と切り離せないものがでてくるのではないだろうか。

一見美人、かわいいなと思う人でも、口をきいたとたんに幻滅してしまうことがとくに最近は少なくない。

傾国の美女も美貌だけでよいのか、改めて考えてしまった。

便利な検索方法

昨夜のテレビ(WBS/テレビ東京)で紹介されていたもの。

1つめ
ヤフーで、「東京特許許可局」って検索しようとすると、

「東京」「特許」「許可」なんてブロックに分けた単語でも検索してくれるけど、

「東京特許許可局」という一続きのものだけを検索したいときは、

"東京特許許可局" というように、ダブルクォーテーションで囲むとよいとのこと。

2つめ
複数のキーワードを入力すればAND検索になるのは常識だけど、

「ラーメン」で調べたいけど、「とんこつ」は除外したい、というときには、

ラーメン -とんこつ

というように、除外したいキーワードの前に半角でマイナスをつければいいらしい。


以上、
知らなかったよ~ 空がこんなにあ…

PS.今日は10日ぶりの晴天。だのに光化学スモッグ注意報…


包帯クラブ/天童荒太

この夏の課題図書にオススメ。

発表から半年近く経ってしまい、買ったまま本棚にしまっておいたのが悔やまれるくらい面白かった。

健康診断の待ち時間に読み始めたけど、ラストを知りたい衝動に駆られ、その日のうちに読んでしまった。こんな気持ちで小説を読んだのは久しぶり。どんでん返しを期待しながら映画を見ているような感じだった。

映画といえば、最近は同じストーリーを映画とドラマの2本立てでやるのがはやってきているようだけど、そんな無駄なことをしている暇があったら、こういう良質のものをドラマ化してほしい。

ただしキャスティングには気をつけて。でないと『東京タワー』みたいになっちゃうからね。

ジャニーズがCDを出すと

なんで、なんでもかんでもオリコン初登場1位になるんだ?

相方曰く 「ひとり2枚以上、聞く用と保存用と、あげる用とか買うんだよ」

なんだそりゃ。

歌はともかくジャニーズのメンバー達は嫌いじゃないし、むしろ同年代のSMAPやTOKIO、V6などは好感をもって見ている方だ。

でもこの、初登場1位だけはいつも腑に落ちないでいる。

自分でコメントするのもなんですが…

テレビを見ていたら、V6の最新アルバムには、

限定版AとB、そして通常版と、3種類あるんですね。

あはは、そういうことか。納得。

学校へ行こうMAX

好きな番組の一つ。

バレリーナを目指す中学生を、海外の第一線で活躍する日本人に会わせに現地まで連れて行ったり、英語を勉強する児童生徒にハリウッドスターのインタビューをさせたりと、すばらしい経験をさせてやっている。

ニュースでは少年犯罪が取り上げられるだけだし、バラエティーは品がないものがひしめき合ってるだけに、こういうものでメディアを中和していってほしい。

すごいな、ストリングラフィ

たくさんの糸電話で音楽を奏でる、ストリングラフィ

完全な楽器だし、演奏の様子はまさにパフォーマンス。

音の授業の時に紹介したい。

九州で大雨続く

というニュースを見ていたとき。

相方 「九州から来る野菜が高くなるねえ」

自分 「ってどんなのがあるんだっけ…」

スーパーに行くと、野菜の入った段ボールが切り開かれて、うまい具合に「佐賀」とか「熊本」などのように段ボールに印刷されている産地が見える場合がある。

あの部分だけをもらってきて、教室の壁に大きな白地図と一緒にでも掲示すれば、給食を食べるときに「ああ、この野菜ってこの県から届いてるんだ…」って見上げるようになるかも知れない。

と、食育のアイディアでした。

エロスなルージュ

って、化粧品のCMで使う言葉かなあ?

倖田來未の登場以来、「エロかわいい」なんていう言葉が跋扈しているけど、「エロ」という言葉は、あまりパブリックなところへは出さない方がいいと思う。

そもそも「エロスな」って、言い換えれば「淫靡な」「性的魅力のある」ということだろう。CMのテロップでそういう文字を流すだろうか。化粧そのものが本来そういうものとも言えるけど、わざわざそんな身も蓋もない言い方をあえて選んだとは思えない。

そこには、外来語をカタカナにするときに、勝手に意味やニュアンスまで変えてしまう日本語(を使う人)としての問題点と、なんでも軽々しく消費しようとするメディア業界の姿勢が見えてくる。はっきり言えば、皮肉な言い方だが、こういうメディアの地道な努力が尻軽な社会を生み出しているのではないだろうか。

さらに、「エロスな」という「外来語の名詞+な」で形容詞として扱うのも違和感がある。文法的にはおかしいが、「エロチックな」のほうが自然だし、名詞を使うのであれば「エロス的な」のほうがいいだろう。

休日の朝から変なCMを見てしまった。

言葉は面白いですよね。
私は「エロ」というととても直接的で下品な言葉というイメージがあるので使用すると品格に関わると思っていたのですが、日常の普通の言葉として使用している人が多いようですね。
同じような言葉でも「スケベ」の方がまだ軽いし、使用できるなぁ、と思っていたのですが、よく考えると同じなのかな?(^^ゞ
(でも「エロオヤジ」よりは「スケベオヤジ」の方がまだかわいいような気がする・・・気のせいかな?(^^ゞ)
言葉の持つ意味合いは人によって多少違うのは重々承知ですが、なかなかびっくりすることが多いですね。(^^ゞ
ただ、言葉は時代によって変化していくものではないかと思うので、それはそれでいいのかな?とも思います。

こんにちは、とりさん。

「エロ」ってやっぱり下品ですよね。伊東美咲さんもよくOKしたなあと思います。インリンあたりを使えばイメージにぴったりなのに。

とりさんの「エロ」と「スケベ」の比較で吹き出してしまいました。あのCMを「スケベなルージュ」とは、どう転んでも作らないでしょうね。

私はこのコピーライターは男性じゃないかな、と思っています。

「エロ」という言葉やイメージに対する世間の基準が甘くなってきているというか、社会が無節操になってきている感じが否めません。

以前、ポルノグラフティーがデビューしたときも「ああ、新聞のテレビ欄などでは『ポルノ』って字が躍るんだろうな」と眉をひそめた私ですが、今では子ども達とも「ポルノ」という言葉を何の躊躇いもなく口にしています。

けど、今回の「エロスな」は、どうかなあと思っているのですが、どうでしょうねえ。

欽ちゃん球団

メンバーの中のお笑い芸人が起こした不祥事によって、いったんは球団解散を宣言したものの、周囲からの励ましによって解散は取りやめることにしたようだ。

ふと思った。高校野球だったらこうはいかないし、今回の顛末が社会的に認められるならば、高校野球の場合の処罰は重すぎるんじゃないかなと。

別にどちらを擁護するわけでもないけど、じっくり議論した方がいいと思う。

『くさいはうまい』 小泉武夫

発酵学でおなじみの先生が書いた

先日、TOKIOのメンバーが臭さをはかるセンサーをもって、世界中から集めたくさい食べ物に挑戦するコーナーがあったけど、そこに登場したくさややシュール・ストレンミング、臭豆腐や韓国のエイの漬け物などももちろん収録されています。

読み進むうち、これはちょこっとかじってみたい、というものもあれば、これは説明を聞いただけで勘弁、というものまで様々。でも、人間の飽くなき探求心というか、偶然の産物というか、文化というのは面白いものだなあとつくづく思います。

巻末の哲学者中村雄二郎さんとの対談もなかなか面白いです。


認知症と『アルジャーノン…』

40代半ばで発症した妻と、彼女を支える夫。

だんだんと字が書けなくなっていく彼女の日記を見て、『アルジャーノンに花束を』を思い出した。

最初は大人らしい字を書いていたのが、やがて漢字が書けなくなり、ひらがなでも誤字脱字が目立ってくる。ついには、本当にひらがなを練習し始めた子どものような字になってゆくのである。

それはまさに、脳の発達を逆再生して見ているようで、いろいろと考えさせられた。

『パイレーツ・オブ・カリビアン2』

うーん、来春公開予定のパート3の前編的な話しだった。

会場が笑いに包まれるシーンも、涙を誘うシーンもあったけど、

いかんせん長すぎる。

そして、「あらあら続くのね」的な終わり方。

彼らに再会できたことはうれしかったけど、

正直なところ、1作目で完結していてもよかったかな。

ブログの引っ越し

というわけで、ココログからラクーカンに引っ越してきました。

何でこんなことする気になったのかというと、

中身よりデザイン(外見)重視な性格が出たとも言えるし、

かゆいところに手が届くという、MOVABLETYPEを使ってみたかったというのもあるし、

WikiやXOOPSも、とりあえずどんなものか、いじくってみたかった、というのもある。


これからはHTMLにとらわれずにサイト作成を、なんて思っていたのに、

久しぶりにCSSファイルをこねくり回し、やっとこさここまでたどり着いたというのに、

最後の最後で大失敗。

ココログを解除する前に、画像データを引っ越しするのを忘れた。

画像が何も表示されなくなってしまった。

あわててバックアップDVDから画像を探してみたけど、

中にはどこを探しても見あたらないものも。 あーあ。

というわけで、所々に虫食いがあります。

ジダンの頭突き

日本人って判官贔屓だな、って思う。

W杯での日本チームの戦いぶりをふり返ることは忌避され、

こんなことでといっては失礼だが、毎日毎日あのシーンが流され、

「行為自体は決して許されるべきことではない」

という、これまたお決まりのコメント。

「MVPは返上する、だがイタリアの彼にも謝ってもらいたい」

とはいかんのかねえ。

映像から、読唇術でどんなやりとりがされたのかも判明しているらしいし、

(昨日観てきたミッション・インポッシブル3でも読唇術は使われていたな)

言った、言わないの水掛け論にはならないだろう。


ともあれ、最近のテレビの編集や論調にはうんざりすることが多い。

見なければいいと言われればその通りだと思う。

腰が曲がりながらも、照る日も降る日も畑で野菜を作っている、

アパートの地主の老夫婦は本当に偉い。

どうも最近、知らなくてはいけないことと、知らなくてもいいことを

取り違えているのかも知れない。

秋田の児童殺害事件

下で触れたのでついでに。

この事件に関しては、過剰な取材や容疑者の過去の暴露など、容疑者とはいえ人権侵害ではないかという声や、今や犯罪すら劇画化されて大量消費される社会になってしまった、なんていう分析もあったりするけど、私も1つ感じたことがある。

彼女は娘の件についても供述が曖昧になってきているらしいけど、ワイドショーなどで紹介される一連の彼女の発言は、中学生がいじめを自作自演したときのものと非常によく似ている。

この事件に限らず、最近の事件はどうも子どもじみたものが多い。俺はヤクザだぞと脅したら本物に殺されてしまったり、兄弟と比べられてむかついたといって親を殺してしまったり、そういうことは子どもの頃にやりかけて失敗するとか、やっぱりやめておこうとか学習するものだけど、どうもそうではないようだ。

昨年は小学生による殺害事件が起きるなど、犯罪の低年齢化に少年法が追いつかないなんて話しもあったけど、最近は大人の犯罪レベルが幼稚化しているとも言える。見えてくるのは、それぞれの年齢における発達課題をクリアしてきていない人が増えている、ということだろう。

それはたとえば、異年齢集団の中で学ぶものなのにそういう経験がなかったり、ケータイがあることによって正しい方法を経ないで解決してしまった(つもりになっていた)りと、現代日本が抱える社会問題と密接に関連していると思う。

ともあれ、疑わしいものは疑わしい、という直感(経験則)も大事だと思う。

少し前に新聞で読んだ、クラスでトラブルが起こったとき、先生がある生徒のことを目があったときの直感で疑ったら、「私はそんなに疑わしいのか」という日記を書いてきて反省させられたというのも、やっぱりその生徒は怪しいんじゃないかと思う。

何年かして、あのときはごめんなさいというパターンはよくあることだ。

『M:i:III』

面白かった。シリーズ中で最高、というのは頷ける。

ネタばらしはしないけど、

一度こいつは怪しい、と思うと、

どんどんその人の怪しさを立証するかのように、

人というのは様々な状況を理解しようとしてしまう、

そんな怖さがあるなあと思い知らされた。


で、状況証拠だけで軽々しく犯人扱いするものではないなと思いつつも、

秋田の児童殺害事件などは、どうみたっておまえが怪しいだろう、と

思ってしまう。

この辺の判断が難しい。

スイカと笹の葉

 少し前にテレビで、スイカの模様がどうなっているか、黒い線を丸の中に描きこんで下さい、というコーナーがあった。クイズ番組ではなかったような気がするけれども、その回答に思わず「あっ」と声を上げてしまったのだけ覚えている。

suika.jpg

 10人くらい紹介されていただろうか。その中の半分以上の回答者が、右のように縦線を描いていたのである。

 これを見たとき、「笹の葉の葉脈を描きなさい」という問題を思い出した。ちゃんと観察させて、こうなってるよねと確認までするのに、しばらくしてテストになると右のように「平行に」葉脈を描く生徒がいる。

sasanoha.jpg

 これは「平行脈」という言葉にとらわれているものと思われるが、こういう誤解が他の場面(単元)でもあるのだろうな、と思う。

理科室掲示 気象カレンダー 「去年の今頃」

こんなのはどうだろうシリーズ。
理科室前の廊下に、気象カレンダーを掲示する。

模造紙を2枚用意し、それぞれ縦にして、横に並べて張る。

向かって左は去年の今月のもの、右に今年の今月のもの。
基本的には、毎日の新聞から天気図を切り抜いたものを張ってゆく。
その下に、出来事や、天気の特徴をメモしておく。

1年目は今年のものしかできないけれど、2年目以降は、去年の今頃はどんな気候だったのか、これからどう変わってゆくのかが分かるようになる。

寝起きをパチリ



モブログのテストを兼ねて。なにしてんねん!って言われてるみたい。

イノシシさん?

とある居酒屋にて。
地鶏なのに「イノシシ酸」って、そんなのアリ!?
それを言うなら、イノシ「ン」酸ではないかと。

ンー! ンー!ンー! って、パッションの兄貴が出て来ちゃうよ~。
イノシン酸について