指導と評価の一体化

2ea8e640.jpg学びの意味を育てる理科の教育評価―指導と評価を一体化した具体的方法とその実践

指導と評価の一体化を考える上で、大変参考になる本を見つけました。

子どもの既有知識(素朴概念)から出発し、学習の前と後で2度使うことができ、自分の学びの成果が見られるワークシートの開発・評価のしかたなどが、いくつも具体的な例を挙げて書かれています。

自分の研究テーマとまさに一致する内容なので、バイブルに出会えた気持ちです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/187

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント