ソーシャルスキル研修

1 ソーシャルスキルとは
・良好な対人関係を築き・維持するためのコツ
・いい意味での「形から入る」作法の訓練
・良好な対人関係が築けていない人でも、トレーニングによって可能になるという発想。
・心に問いかけて行動を変容させるのは、道徳やアサーショントレーニング的な発想であり、別物と考えるそうです。

2 トレーニングの流れ
(1) インストラクション (言葉で教える)
(2) モデリング     (見本を見せる)
(3) リハーサル     (自力でやらせる)
(4) フィードバック   (アドバイスする。できていればほめる)
(5) 定着化       (実際の生活で生かされる)

3 求められる12のスキル

  • あいさつ / 自己紹介 / 上手な聴き方 / 質問のしかた / 仲間の誘い方 / 仲間への入り方 / 温かい言葉がけ / 思いやりある行動をする / 優しい頼み方 / 上手な断り方 / 自分を大切にする / トラブルの解決策を考える / 

4 実際に参加者どうしで練習したこと
(1) 挨拶
・挨拶されたときに「1.無視」、「2.目を合わせない気のない返事」、「3.目を見た元気な返事」の3つパターンのうち、3.を練習。

(2) 温かい言葉がけ
・テストで久々にいい点を取った友人に対し、「1.冷たく突き放す」、「2.共感して喜び合う」のパターンのうち、2.を練習。これは是非生徒にやらせてみたい。

(3) 上手な断り方
・何か急ぎの用を頼んできた友人に【謝罪】【理由】【断り】【代案】の4要素を含んだ返答をする練習。
 例)
・「ごめんね」…【謝罪】
・「今手が離せなくて」…【理由】
・「手伝えないんだ」…【断り】
・「まだ教室に誰かいたと思うよ」…【代案】

5 研修に参加して
・アサーションとソーシャルスキルのアプローチの違いを納得。
・校種の異なる先生と子どもの情報交換ができるのがいい。
・これはやってみたい、こうしたらできるかなという気になった。

PS.生徒指導関係で、総合センターで研修をされている方々が、いつも受付や模範演技をして下さっています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/186

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント