世界がもし100人の村だったら

パート4が放映されました。

厳冬のロシアでエイズと闘いながら物乞いをする少年

カカオがチョコになることも知らず、一日中農場で働かされる兄弟

親に捨てられ13で出産、15で第2子を産むも男に逃げられる少女

今、この瞬間にも彼らは生きている。

その現実が、なんとも切ない。

一方で、彼氏さえいれば世界はハッピー、美しくなれると

”布教”していた昨夜の番組がなんとも空しい。

ところで、世界の人口を100人に圧縮し、

どのような境遇の人が何人いるかというこの企画。

もし、日本人全員を100人に圧縮したらどうなるだろう。

実は均質そうに見えて、日本人の中でもいろいろな状況がある。

この企画は、いろいろな問題を生み出すかもしれず、

調査、集計をしたとしても、公表はされないかもしれない。

とすると、だ。

世界の人口を100人に圧縮して考えてみる、という発想には、

どこかに「私たちはよかった」的な、欺瞞があるまいか。

ともあれ、

教室の前に、「みんな違ってみんないい」なんて色紙よりも

彼らの写真を貼った方が、よっぽど教育的だろうと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/173

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント