学びがい 2

思わず、「ガッテン!」したくなるような授業ってどんなの?

って考えてみた。

  1. 全然知らなかったことが分かった(できた)。
  2. 自分じゃできないと思ってたことができた。
  3. 自分の予想とは全く違った結果になって、その理由を納得した。

こんなところかな。

3で大事なところは、自分の予想と違った理由に納得したかどうか、だ。

これが納得できないと、しばらく時間がたったらまた元に戻ってしまう。

それを、素朴概念、というそうだ。

代表的なのが、

「水が沸騰しているときにボコボコ出ている泡の正体」。

結構多くの人が、「空気」とか、「酸素」とか答えてしまう。

でもこれには理由があって、

「空気」と答えた人は、おそらく、

ふつうの水が入ったコップを放置しておいたときに、

コップの内側に気泡がついたのを見てるのだろう。

「酸素」と答えた人は、おそらく、

水を電気分解すると酸素と水素が発生するということを

実験したか、話を聞いたことがあるのだろう。

で、そうだと思いこんでしまう。

この例で行くならば、「ガッテン」するような授業では、

やはり泡が酸素でも空気でもないことを体験的に理解して、

なおかつ、自分が誤解している原因まで納得する必要がある。

できれば、自分がどう勘違いしていたか、

後から見て分かるような形に残しておけるといい。

イメージマップとか、概念地図などとよばれる手法が有用だと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/166

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント