学びがい

を研究テーマにしている学校があって、研究授業を参観してきた。

「学びがい」ってなんだろう、と思ったら、

お金を払って講習会などに参加したときを思い浮かべるのがよい。

お金を払っただけの価値があったか、そうでなかったか。

でも、直接お金を払わない学校の授業だとどうなるんだ?

授業が終わって、納得したか、満足したか、ということだと思う。

「ためしてガッテン」でいえば、山瀬まみちゃんがどれだけ「ガッテン」したか、

「トリビアの泉」ならば、タモリがどれだけ「へぇ」ボタンを押したか、

それが「学びがい」だと思う。

万人に有用か無用かはともかく、

思わず人に教えてしまいたくなるような経験、

それが「学びがい」があった、ということじゃないだろうか。

ところが最近、特に理科に関しては、

「日常生活との関連」が強調されることが多くなっている。

今日の研究授業でも、実物、本物の観察によって「学びがい」が高まる、

そういう話だった。 たしかにそれはあると思う。 が、だ。

日常生活とどうしても結びつかないものもある。

たとえば岩石。見分け方や成因を学習しても、いまいち結びつかない。

大理石の便器にはサンポールをかけてはダメですよ、とか?

凝灰岩は、かかとすりにもつかわれるんだよ、とか?

それから宇宙。 明けの明星、宵の明星はともかく、金星の満ち欠け。

これって、日常生活と関連して役に立ちます?

私は、「日常生活で役立たないものは教える価値がない」とは言ってない。

全く逆で、

「おもしろいと思うものは、日常生活と関係なくても、生徒は知りたがる」

ものなのだ。 知的好奇心がくすぐられるのだ。

ところが、なんだか世の中が、実用的な知識を重視するあまり、

各教科がこぞって、こんな風に役立ちますよ、

こういうふうに世の中で利用されているんですよ、

って躍起になって関連づけているような気がする。

逆に、本物、実物を使ってしまうと、かえって混乱を招くこともある。

自然界、特に身近なものには例外が結構多い。

なんたって、水がいい例。

数ある物質の中で、固体になったときに体積が増えるのは水ぐらい。

まあ、水はいいとしても、

実物を用意した結果、なんだか訳が分からなくなりました、

というのは避けたい。

「学びがい」を高めるには、

日常生活との関連で、生徒に興味関心を持たせることが重要だ、

という話を聞いて、ふと思ったことを書いてみた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/165

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント