スノッブ

新聞の人生相談の欄で知った言葉。

スノッブである家族に辟易しているという息子さんの投書だったので、私はスノッブじゃないといいなと思いつつ意味を調べたが、どうやら自分もどっぷりスノッブのようだ。

『他人を見下す若者たち』では、知識や教養、財産などをもっていないのにやたらと他人を見下そうとする、仮想スノッブとでもいうのか、そういう人種が紹介されていたが、私は実際に知識や教養、財産があったら悦に入りたいなと、俗に思う。

トルストイの青年時代だったか、「コミルフォー」というフランス語にとらわれる主人公が登場するが、私も高校生の頃に読んでから、その言葉を座右の銘にしてきた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/161

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント