はなにつく ロハス

大衆受けしそうで、でもなんだか鼻につくものが、金子みすゞに続いてまた一つ増えた。

ロハスは、その純粋な理念はともかく、すでにロハスが望んでいない世界である、大量消費・大量生産に取り込まれてしまっている。

ロハスと銘打ったデザイン・コンセプトの商品が続々誕生し、デパートがロハスを売り物にする。

本当にロハスの信念で暮らしている人を取り上げれば、おそらく多くの日本人は、これはちょっとと躊躇するだろう。ロハスとはそういうものだ。

本気でロハスをするのなら、ファーストフードとは決別し、毎日の食卓に、何か一品でも自分で栽培したもの、採取したものを入れてみることだ。

ロハスを扱った雑誌の特集を見てみると、水の結晶とある。水の結晶キター! 私はこれだけで、はいさようなら、である。 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/160

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント