薬物混入事件に関して

4月には栃木で、中3女子2名が男性担任の給食に抗うつ剤を入れるという事件があった。

そして今日、今月になって札幌市内の中学校3校で、生徒が理科の薬品や降水、砂利などを担任の給食に混ぜていたことが判明した。

理科の実験で薬品を使うときは、まず実験中に事故を起こさないために数量や容量をよく確認しなければならないが、こういった事件を起こさないためにも、必要な量だけを準備し、勝手に補充をさせたりせず、片づけ時にも異常がないかしっかりと管理しなくてはならない。

しかし、防犯ブザーを持たせても、集団下校させても誘拐事件が起こるように、どんなに管理をしても絶対犯罪が起こらないということはないし、そもそも「そんなことはしないだろう」という、倫理観やタブーが崩壊していることの方を、まずはどうにかしなければならないだろう。

こういうことをしたらどうなるだろうかという思考と、自分のからだに対する感覚(五感)を高める必要があるだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/158

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント