『他人を見下す若者たち』

このところ新書がブームなんだそうで。

昔から文庫本よりも新書を好んだ私からすると、確かにこのごろは読者受けする軽いノリのものが増えてきたなと思います。

で、話題のこの本を読んでみました。自分もそういう面が多々あるなと思いつつ、でもこのくらいの内容ならば今夜も居酒屋でみんな話してることだよな、とすでに見下しモード(^^;

本書の中で触れられていなかった点で、私がこのような風潮に影響しているなと思うのは、「ジョジョ」に代表される全能キャラクターがマンガに登場したことではないでしょうか。

ウルトラマンも仮面ライダーも確かに強かったけれど、他人を見下したセリフは言ってなかったと思います。それが、いつの頃からか「強くて生意気」な主人公が登場し、それがヒーロー像として定着してしまった感じがします。

また、「カリスマ」とか「セレブ」とか、本当はなかなか近づけない、至高の人であるはずの代名詞が軽々しく扱われ、なんだかだれでもカリスマやセレブになれるような錯覚を生み出している、言葉の濫用も影響していると思います。

よく「我以外皆師なり」と言いますが、私はまだこの言葉を座右の銘にするほどの人格者にはなれていません。世の中にはとるに足らないものもたくさんあって、本物を見極めながら師を見つけなければな、と思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/153

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント