理科の教科書にみるジェンダーフリー

実践とはあまり関係ありませんが・・・。

新しい理科の教科書(東京書籍)、けっこうジェンダーにも気を遣っているなという感じです。前の版でもお父さんがアイロンをかけている写真が大きく載っていましたが、今回も随所で工夫が見られます。

  • 和太鼓の大太鼓をたたく女性の写真
  • イラストで、暖色系のシャツを着る男の子と、寒色系のシャツを着る女の子
  • ソフトボールを打つ女の子の写真

などなど。そういう目で見てみると結構あります。

でも子どもを取り巻く世界を見てみると、ラブアンドベリーにしても、売れれば何でもいいという大人は「女の子」を再生産していますよね。困ったものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/152

ごぶさたしてます。知3です。
仕事で自治体の住民向けリーフレットを作ったりしますが、その中で人物イラストを入れるときはいつも苦労します。特に、子育てや介護などの福祉関係になると、どうしても女性のイラストばかりになってしまいがちですが、例えば子育てだったら父親も入れるように、とか、介護だったらおじいちゃんも入れろとか、よく差し替えを指示されます。去年作ったボランティア活動のやつも、1人女性を男性に変えろ、って言われた。

行政はこのあたりかなり気にしてますよ。

こんにちは、知3さん(^^)/

そうなんですか。行政は外部からの圧力がかかる前に対応しておきたいのでしょうね。

こういう事って、不自然さが感じられない程度にバランスをとるのって、なかなか難しいですよね。

そういう要求をしてくるということは、きっと行政では育児休暇や介護休暇を取っている男性も多いのでしょうから、という皮肉も込めて、実際の現場を個人が分からないような構図で写真にでも撮らせてもらえればいいですよね。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)