小学校からの英語

今でも、総合的な学習の時間に英語活動を行っているところはありますが、正式な教科として、小学5年生から導入する方向で検討が進められているようですね。

でも、たかだか2年早く始めるぐらいで、どの程度の効果が望めるのでしょう。高校卒業までに英検2級がとれる生徒が少し増えるぐらいではないでしょうか。

小学4,5年生の頃と言ったら、私はBASICでプログラムを組んでいた頃で、PRINTはともかく、LOCATEは「ろかて」、CONSOLEは「こんそれ」とローマ字読みでした。ラジオで基礎英語を聞き始めたものの続かず、高校生になっても毎年挫折を繰り返していました。

そういえば、筑波万博に行ったとき、あれは中2だったかな、インドネシアかそのあたりのレストランに入って、店員さんに「この料理はあなたの国でも人気メニューなのですか」と聞いてみたくても英文が出てこず、代わりに父に言ってもらったこともありました。

そんな自分が始めて英語に正面から取り組もうと思ったのは、就職して海外出張から帰ってきたときでした。技術的な用語はカタカナ英語でも通じるものの、町に出たときにちょっとしたことが言えない自分が腹立たしく、ボーナスをはたいて英会話教室に通い始めたのです。

どんな教育もそうだと思いますが、こどもが「学びたい!」と思ったときに教えるのが一番教育効果があります。そのためには「学びたい!」と思わせることが大事ですが、そういう経験は海外旅行でもしなければなかなかできないんじゃないでしょうか。

よく、英語の嫌いな子が「日本にいれば使わないから関係ないよ」と言いますが、カタカナがこれだけ氾濫してしまっている社会にも問題があると思います。

横文字はすべてその国の言語で記述して、読み仮名など振らない、ちょっとお高いフランス料理店ぐらいの覚悟で社会を変えなければ、5年生から英語を始めたぐらいで日本人の英語のレベルが向上するとは思えないのです。

-------------------

ローマ字と言えば、私の名前には「つ」が入るのですが、中学3年生になっても子どもたちに書かせると「TSU」とかける子は半分もいません。「TU」とか「THU」とか「TYU」とかその程度のレベルなのです。

なので、パソコンで文字を入力するためにもローマ字をしっかりと教えて、フォニックスでもってしっかり英語の綴りと発音の関係をたたき込んで、文法はそれから始めてほしいものです。

-------------------

英語はあくまで道具であって、英語を使って語るべき中身がなければ意味がなく、そういう意味で日本人としての素養をしっかりと高めておくのが先決ではないか、という意見に私は賛成です。

パソコンを覚えてブログを作ってみたけど書くことがない、それと同じことだと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/146

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント