「○○力」の氾濫

「教師力」とか「親力」とか、「○○力」という表現が鼻につくこのごろ、大学の講義の関係で中教審の答申を見てみたら、なんと!

「義務教育答申においては、学校の教育力(学校力)を強化し、教師の力量(教師力)を強化し、それを通じて、子どもの「人間力」の豊かな育成を図ることを改革の目標としている。」(一部抜粋、文字の強調は筆者)

・・・と書かれているではないですか。これじゃあ仕方ないね。

ちなみに、「学級崩壊」という言葉はマスコミが使い始め、文科省を筆頭として教育現場の公式文書では「“いわゆる”学級崩壊」と、“いわゆる”をつけて表現しています。

教師力とか、学校力とか、言わんとするところはわかるけれど、これまでそういう言葉が使われてこなかったと言うことは別な表現があったか、「力」がよほど弱まってしまったのか、どちらにしてもあまりいい感じがしないのは私だけではないはず。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/145

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント