いい発想・2 寒気と暖気の混ざり合い

教科書や参考書には、寒気と暖気が混ざり合う実験のようすが写真で載っているが、冷水と温水を使う場合も、冷気と暖気を使う場合も、どちらも冷たい方に色を付けたり煙を混ぜたりしている。

冷水と温水の実験の様子を見たあと、ある生徒がこういった。

「それって、着色している水だから重くなったんじゃないですか?」

なかなかいい質問だ。インクを水に垂らすとまず下にゆく。インクの方が密度が大きいからで、そのインクが混ざった水は真水よりも重いだろうと考えてのことだ。

なにか身近なものを使って、暖かいものが上に行く様子をしらべられないかな、と返事をしておいたが、その後を確認できずにいる。

温水にインクを混ぜたか、暖気の方に煙を入れたか、そういう実験を探してみたい。(自分でやれば一番いいのだろうけど)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/144

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント