教科書「で」教える

この4月から、中学校で使っている理科の教科書が新しくなりました。改めて手に取ってみてカラー写真の多さに驚きます。もう、資料集だか図鑑みたい。

実際に実験や観察をしなくても本物の写真が載っているし、逆に下手な実験や観察をするよりも明瞭にわかるので、これは扱いに気をつけないと実験や観察で手を抜く子も出てくるんじゃないだろうか。

また、先生方の間でもよく言われるのが、タイトルにも書いた

  • 教科書で教える
  • 教科書を教える

という2つの言葉で、下の方、つまり「教科書(学習指導要領に沿った内容)を教える」のがいい教え方なのだけど、上の方、つまり「教科書で(実験や観察をしないで)教える」先生が増えてしまわないか、という懸念もあります。

分かりやすさを追求した結果なのだろうけれども、分かりやすいを通り越して探求意欲が減ってしまうような、パラパラッと見てじっくり読むことをしなくなるような、そんな心配もしてしまいます。

なお、理科の教科書は1冊500円前後で、教科書取り扱い書店と入り口なんかに張り紙してあるところで入手できます。(中学校の理科は1,2分野、上と下で全4冊あります)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/141

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント