PCを捨て、カフェに行こう

変なタイトルですが、「書を捨てよ、町へ行こう」のパクリです。

PCというのはパソコンだけじゃなくて、テレビやケータイなどのマスメディアを含む情報ソースを指したいと思います。

1日中、テレビやインターネットからの情報に触れていると、すさんだ事件やニュースばかりで気持ちが滅入ってしまうことがあります。そもそも、1日中そんなことをしているのが間違っているのですが、そういうときはスタバとか、人通りの多いカフェに行ってみるのが一番いいような気がします。

といってカフェに行ってみると、そこでパソコンを開いている人もいますね。私もやったことがありますけど。イヤホンをして勉強している(ふり?の)人もいたりしますが、それはカフェの有意義な利用法じゃないんじゃないかな、と思います。

コーヒーの香りを楽しみながら町をゆく人々を眺める。いろんな人がいるなあとぼーっと眺めているだけで、いろいろと世の中に問題があるけれども、まず自分が何をしなければならないか、ふと我に返ることができます。いわゆるリセット。

なんて事を書いてみたものの、実は寺山修司がどんな人だったのか、一つも著作に触れたことがなかったし、今さら感化されてどうこうなることもないと思うので、何か読んでみようかな、と思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/142

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)

最近のコメント