2006年05月

ためになるブログ 英語編

田舎館での暮らし

アメリカから青森県田舎館村に国際交流員としてやってきた、

デビッドさんのブログ。

美しい四季の変化と、地域の人との温かい交流が、

英語と日本語の両方で書かれているので、

英語の勉強にもなります。

英語で日記やブログを書いてみようと、いう人にオススメ。

ホームページもブログも、

もっと学校教育現場で活用できたらいいのに、

生徒が作ったホームページとか、

なかなか外部に発信しているところって見かけないよね。

そこから始まる学校間交流とか、いろいろ可能性があると思うのだけど、

生徒指導上のトラブルになったら困るから、

面倒くさいことはやめておこう、ってことなのかな。

聞きたくなければラジオを消せばいい

いい曲だけどね、

確かに、「ユー・アー・ビューティフル」は聞き飽きた感がある。

でも、しばらくこの曲をかけるのをやめよう、って公言する放送局や、

聞きたくなければスイッチを消せ!というアーティスト。

イギリスっておもしろいな。

音楽といえば、

今日は、電車のホームで、小鳥がさえずるBGMが。

これだけ書くといい雰囲気だけど、

サンプリングなんだか、繰り返し繰り返し同じフレーズを聞かされると、

ぜんぜんリラックスできない。

さらには、トイレに入ろうと歩いていったら、

「向かって右側が男子用、左側が女子用です」 …繰り返し

はっきり言って、やりすぎだ。

巷には余計な音が氾濫している。

学びがい 2

思わず、「ガッテン!」したくなるような授業ってどんなの?

って考えてみた。

  1. 全然知らなかったことが分かった(できた)。
  2. 自分じゃできないと思ってたことができた。
  3. 自分の予想とは全く違った結果になって、その理由を納得した。

こんなところかな。

3で大事なところは、自分の予想と違った理由に納得したかどうか、だ。

これが納得できないと、しばらく時間がたったらまた元に戻ってしまう。

それを、素朴概念、というそうだ。

代表的なのが、

「水が沸騰しているときにボコボコ出ている泡の正体」。

結構多くの人が、「空気」とか、「酸素」とか答えてしまう。

でもこれには理由があって、

「空気」と答えた人は、おそらく、

ふつうの水が入ったコップを放置しておいたときに、

コップの内側に気泡がついたのを見てるのだろう。

「酸素」と答えた人は、おそらく、

水を電気分解すると酸素と水素が発生するということを

実験したか、話を聞いたことがあるのだろう。

で、そうだと思いこんでしまう。

この例で行くならば、「ガッテン」するような授業では、

やはり泡が酸素でも空気でもないことを体験的に理解して、

なおかつ、自分が誤解している原因まで納得する必要がある。

できれば、自分がどう勘違いしていたか、

後から見て分かるような形に残しておけるといい。

イメージマップとか、概念地図などとよばれる手法が有用だと思う。

学びがい

を研究テーマにしている学校があって、研究授業を参観してきた。

「学びがい」ってなんだろう、と思ったら、

お金を払って講習会などに参加したときを思い浮かべるのがよい。

お金を払っただけの価値があったか、そうでなかったか。

でも、直接お金を払わない学校の授業だとどうなるんだ?

授業が終わって、納得したか、満足したか、ということだと思う。

「ためしてガッテン」でいえば、山瀬まみちゃんがどれだけ「ガッテン」したか、

「トリビアの泉」ならば、タモリがどれだけ「へぇ」ボタンを押したか、

それが「学びがい」だと思う。

万人に有用か無用かはともかく、

思わず人に教えてしまいたくなるような経験、

それが「学びがい」があった、ということじゃないだろうか。

ところが最近、特に理科に関しては、

「日常生活との関連」が強調されることが多くなっている。

今日の研究授業でも、実物、本物の観察によって「学びがい」が高まる、

そういう話だった。 たしかにそれはあると思う。 が、だ。

日常生活とどうしても結びつかないものもある。

たとえば岩石。見分け方や成因を学習しても、いまいち結びつかない。

大理石の便器にはサンポールをかけてはダメですよ、とか?

凝灰岩は、かかとすりにもつかわれるんだよ、とか?

それから宇宙。 明けの明星、宵の明星はともかく、金星の満ち欠け。

これって、日常生活と関連して役に立ちます?

私は、「日常生活で役立たないものは教える価値がない」とは言ってない。

全く逆で、

「おもしろいと思うものは、日常生活と関係なくても、生徒は知りたがる」

ものなのだ。 知的好奇心がくすぐられるのだ。

ところが、なんだか世の中が、実用的な知識を重視するあまり、

各教科がこぞって、こんな風に役立ちますよ、

こういうふうに世の中で利用されているんですよ、

って躍起になって関連づけているような気がする。

逆に、本物、実物を使ってしまうと、かえって混乱を招くこともある。

自然界、特に身近なものには例外が結構多い。

なんたって、水がいい例。

数ある物質の中で、固体になったときに体積が増えるのは水ぐらい。

まあ、水はいいとしても、

実物を用意した結果、なんだか訳が分からなくなりました、

というのは避けたい。

「学びがい」を高めるには、

日常生活との関連で、生徒に興味関心を持たせることが重要だ、

という話を聞いて、ふと思ったことを書いてみた。

地球にやさしい

…って、なんだ? どういう意味だろう。

よく使われる言葉だけど、たとえば英訳するとどうなるんだ?

結局、エコロジー、生態系に配慮した、ということじゃないだろうか。

そもそもこの「やさしい」。これってすごく幼稚な言葉遣いだと思う。

テレビで「どうだった~?」ってインタビューされた子がたいてい、

「たのしかった~(^o^)」

っていうのと同じくらいだ。

「楽しい/おもしろい」という言葉は使わないで!って、

もし私がインタビューアーだったらお願いしてしまいそう。

そんなことはともかく、この「地球にやさしい」。

つまり、動植物や資源の消費しすぎに気をつけて、

リサイクルできるものはリサイクルし、ってことだろう。

でもこれは、「やさしい」の一言で表すには、訳しすぎていると思う。

「やさしい」で、それ以上言わなくても通じるだろうという

「やさしさ」至上主義の押しつけがましさがある。

地球にやさしい

…って、なんだ? どういう意味だろう。

よく使われる言葉だけど、たとえば英訳するとどうなるんだ?

結局、エコロジー、生態系に配慮した、ということじゃないだろうか。

そもそもこの「やさしい」。これってすごく幼稚な言葉遣いだと思う。

テレビで「どうだった~?」ってインタビューされた子がたいてい、

「たのしかった~(^o^)」

っていうのと同じくらいだ。

「楽しい/おもしろい」という言葉は使わないで!って、

もし私がインタビューアーだったらお願いしてしまいそう。

そんなことはともかく、この「地球にやさしい」。

つまり、動植物や資源の消費しすぎに気をつけて、

リサイクルできるものはリサイクルし、ってことだろう。

でもこれは、「やさしい」の一言で表すには、訳しすぎていると思う。

「やさしい」で、それ以上言わなくても通じるだろうという

「やさしさ」至上主義の押しつけがましさがある。

頑者 カップラーメン

 川越(本川越駅前)にある、つけ麺で有名な「頑者」。

先日、初めて行列して食べたのですが、今回はそのカップラーメンが登場したので紹介。

結論。スープは、まあがんばって再現していると思います。でも、麺はどうしてもカップ麺の限界があるようで、食感は沖縄そばに近いかな。

で、本当のお店の味はどうかというと、つけ麺は、確かに数あるつけ麺屋さんの中では、お手本となる味だと思いますが、ラーメンならば近喜屋さんのほうが好きです。

スノッブ

新聞の人生相談の欄で知った言葉。

スノッブである家族に辟易しているという息子さんの投書だったので、私はスノッブじゃないといいなと思いつつ意味を調べたが、どうやら自分もどっぷりスノッブのようだ。

『他人を見下す若者たち』では、知識や教養、財産などをもっていないのにやたらと他人を見下そうとする、仮想スノッブとでもいうのか、そういう人種が紹介されていたが、私は実際に知識や教養、財産があったら悦に入りたいなと、俗に思う。

トルストイの青年時代だったか、「コミルフォー」というフランス語にとらわれる主人公が登場するが、私も高校生の頃に読んでから、その言葉を座右の銘にしてきた。

はなにつく ロハス

大衆受けしそうで、でもなんだか鼻につくものが、金子みすゞに続いてまた一つ増えた。

ロハスは、その純粋な理念はともかく、すでにロハスが望んでいない世界である、大量消費・大量生産に取り込まれてしまっている。

ロハスと銘打ったデザイン・コンセプトの商品が続々誕生し、デパートがロハスを売り物にする。

本当にロハスの信念で暮らしている人を取り上げれば、おそらく多くの日本人は、これはちょっとと躊躇するだろう。ロハスとはそういうものだ。

本気でロハスをするのなら、ファーストフードとは決別し、毎日の食卓に、何か一品でも自分で栽培したもの、採取したものを入れてみることだ。

ロハスを扱った雑誌の特集を見てみると、水の結晶とある。水の結晶キター! 私はこれだけで、はいさようなら、である。 

黒髪回帰

昔のドラマを見たとき、一番違和感があるのは髪型だ。卒業アルバムを開いたような、そんな気持ちになる。

しかし今、5,6年前のドラマを見たときに感じるのは、髪型ではなく、髪の色。えっと思うくらい、すごく安っぽい茶髪なのだ。

ここ最近、シャンプーのCMに出てくる女性など、ほんのりと栗色か、黒い髪の女性がだいぶ増えた。黒髪回帰が起こっているという。

かつて「黒は重く、あか抜けていないように見える」という理由で茶髪にする人が多かったが、「黒は重い」と決めつけて煽動したのはやはり、バブル的なもうけをねらった美容業界だったのだ。

ただ振り子のふれが戻っただけと言えばそれまでだが、「黒は重い」が絶対であると信じようとした当時の少年少女は、「絶対」が存在しないことに気づいているのだろうか。

この勢いで、スカートの丈の長さも戻ってくれないだろうか。

薬物混入事件に関して

4月には栃木で、中3女子2名が男性担任の給食に抗うつ剤を入れるという事件があった。

そして今日、今月になって札幌市内の中学校3校で、生徒が理科の薬品や降水、砂利などを担任の給食に混ぜていたことが判明した。

理科の実験で薬品を使うときは、まず実験中に事故を起こさないために数量や容量をよく確認しなければならないが、こういった事件を起こさないためにも、必要な量だけを準備し、勝手に補充をさせたりせず、片づけ時にも異常がないかしっかりと管理しなくてはならない。

しかし、防犯ブザーを持たせても、集団下校させても誘拐事件が起こるように、どんなに管理をしても絶対犯罪が起こらないということはないし、そもそも「そんなことはしないだろう」という、倫理観やタブーが崩壊していることの方を、まずはどうにかしなければならないだろう。

こういうことをしたらどうなるだろうかという思考と、自分のからだに対する感覚(五感)を高める必要があるだろう。

小指が人差し指?

近くにいる者同士で、何か手に持っている資料の一部を指し示したりするようなとき、人差し指ではなく、小指を使う人がここにきて急に増えたように思う。

これはいったいどういう心理が働いているのだろうか。

人差し指で人を指さすのは失礼だ、というところから来ているのか、小指の方が「かわいい」という感覚から来ているのか。

なんだかこれは、「○○させていただきます」という、へりくだった態度に見せかけて、実は自分の行動を押し通すという心理と、同じようなものが働いているような気がする。

何はともあれ、変な感じだ。

『海猿』

俺ならエンドロールはこうする~(「鉄拳」風に)

  • 大塚寧々が赤ん坊をあやしている~(でも名前は大介じゃない~)
  • 吹越満が娘と再会する~
  • 佐藤がアメ車を乗り回している~
  • 伊藤と加藤の結婚式で同僚が潜水服で登場~

そのぐらいかな。おもしろかったですよ。飲み会の後に観たら、途中で脈拍が200を超えて、あやうく要救助者になるところでした。

大学図書館にて

今年は聴講生として大学に来ているわけで、

図書館で本を読んでいたら、目の前にこんな学生が。

髪型はインコかオウムか、結構手の込んだ茶髪、というより金髪。

大きなバッグをどさっと机においたかと思うと、小さな文庫本読み始めました。

タイトルは、

 『女が歓ぶ「口説き」の法則』

 ・・・

ほぇ~。

どんな内容なんだろう、と私も興味津々。

しかし、しばらくすると、すーすー寝息を立て始めました。

おもしろくないのかな。

バイトでホストでもやっているんでしょうか。

それとも家庭教師?

まあ、どちらにしろ、いろいろ挑戦できるのは今のうちだけだものね。

その本に書いてあるかどうか分からないけど、

女を口説くときもカウンセリングマインドが大事だぜ。

きっと。

--------

こんな文章を書いたら、へんなTBがたくさんつくかな。

動画で楽しむ理科

Yahooきっずにこんなコーナーができていました。

映像資料提供はNHKで、番組からすると「映像科学館」のもののようです。少し前、NHKは膨大なコンテンツをネットで公開していく、というニュースを目にしましたが、こんなに早くだとは思いませんでした。

これで、たくさんの番組をDVDに録画して、チャプターをつけて保存する、という作業をしなくても、教室にネットにつながるパソコンとプロジェクターでもあれば、いつでも映像資料が使えて便利そうです。

でも、その肝心な教室にはどのくらいインターネットに接続できる環境と、パソコンが入っているのでしょう。私が経験してきた学校では、コンピュータ室と職員室にはLANが入っていましたが、一般教室や理科室では見たことがありません。

その辺のインフラ整備を先に整備してもらわないと、せっかくいい情報が提供されていても活用できなくてもったいないですよね。

『他人を見下す若者たち』

このところ新書がブームなんだそうで。

昔から文庫本よりも新書を好んだ私からすると、確かにこのごろは読者受けする軽いノリのものが増えてきたなと思います。

で、話題のこの本を読んでみました。自分もそういう面が多々あるなと思いつつ、でもこのくらいの内容ならば今夜も居酒屋でみんな話してることだよな、とすでに見下しモード(^^;

本書の中で触れられていなかった点で、私がこのような風潮に影響しているなと思うのは、「ジョジョ」に代表される全能キャラクターがマンガに登場したことではないでしょうか。

ウルトラマンも仮面ライダーも確かに強かったけれど、他人を見下したセリフは言ってなかったと思います。それが、いつの頃からか「強くて生意気」な主人公が登場し、それがヒーロー像として定着してしまった感じがします。

また、「カリスマ」とか「セレブ」とか、本当はなかなか近づけない、至高の人であるはずの代名詞が軽々しく扱われ、なんだかだれでもカリスマやセレブになれるような錯覚を生み出している、言葉の濫用も影響していると思います。

よく「我以外皆師なり」と言いますが、私はまだこの言葉を座右の銘にするほどの人格者にはなれていません。世の中にはとるに足らないものもたくさんあって、本物を見極めながら師を見つけなければな、と思っています。

理科の教科書にみるジェンダーフリー

実践とはあまり関係ありませんが・・・。

新しい理科の教科書(東京書籍)、けっこうジェンダーにも気を遣っているなという感じです。前の版でもお父さんがアイロンをかけている写真が大きく載っていましたが、今回も随所で工夫が見られます。

  • 和太鼓の大太鼓をたたく女性の写真
  • イラストで、暖色系のシャツを着る男の子と、寒色系のシャツを着る女の子
  • ソフトボールを打つ女の子の写真

などなど。そういう目で見てみると結構あります。

でも子どもを取り巻く世界を見てみると、ラブアンドベリーにしても、売れれば何でもいいという大人は「女の子」を再生産していますよね。困ったものです。

ごぶさたしてます。知3です。
仕事で自治体の住民向けリーフレットを作ったりしますが、その中で人物イラストを入れるときはいつも苦労します。特に、子育てや介護などの福祉関係になると、どうしても女性のイラストばかりになってしまいがちですが、例えば子育てだったら父親も入れるように、とか、介護だったらおじいちゃんも入れろとか、よく差し替えを指示されます。去年作ったボランティア活動のやつも、1人女性を男性に変えろ、って言われた。

行政はこのあたりかなり気にしてますよ。

こんにちは、知3さん(^^)/

そうなんですか。行政は外部からの圧力がかかる前に対応しておきたいのでしょうね。

こういう事って、不自然さが感じられない程度にバランスをとるのって、なかなか難しいですよね。

そういう要求をしてくるということは、きっと行政では育児休暇や介護休暇を取っている男性も多いのでしょうから、という皮肉も込めて、実際の現場を個人が分からないような構図で写真にでも撮らせてもらえればいいですよね。

しろいんげん

TBSで紹介された、しろいんげんダイエット。まめをよく煎らなかったのか、嘔吐などの症状で苦情を訴える人が後を絶たないらしいですね。

実は私たちも炭水化物が大好きで、おまけに体を動かすのが苦手。早速試してみようと、川越にある「まめ屋」に行ってきました。

小雨の降る日だったのですが、しろいんげんは飛ぶように売れていて、店員さんもびっくりしていました。でもこのお店でおいしいのは、フライビーンズのわさび味や、ココアをまぶしたチョコ風味のものです。

さてさて、その足でミルサーまで購入し、帰ってきてさっそく粉にしてみました。番組で紹介されていたとおり、さっと水で洗い、よく拭いて、フライパンでちょっと焦げ目がつくくらいまで煎ります。

大きな豆だと10粒ぐらいでもミルサーには負担が大きいらしく、少しずつやらないと、結局、粉の中に大きな粒が残って歯に挟まってしまう羽目になります。

さて、ご飯にかけてみた感じは、あっさりしたきなこのようで、粉っぽくはなりますが、コーヒースプーン2杯ぐらいならパサパサにまではなりません。

牛乳にも入れてみたところ、まさに豆乳の風味。少しコーヒーを混ぜると飲みやすいです。ただ、大きな粒が残っているとカップの底にたまってしまいます。

炭水化物の吸収を抑えるというしろいんげん豆、果たして私たちに効果は現れるのでしょうか・・・。

 今夜は冷やし中華。ゴマだれだったのですが、これにしろいんげんの粉をかけたところ、風味が増してとても美味しくなりました。

 しかし、相方が食後に体調不良に。嘔吐まではいきませんが、気持ちが悪いと言って寝込んでしまいました。

 豆のせいか、疲れなのか、ちょっと心配。

白いんげん豆ダイエットの決定版です。
白いんげんの毒性を無効化したものなので安心してダイエットに取り組めますよ!!
詳しくは下記まで・・・
http://www.age.to/~chance/womanlife/

手打ち麺

鶏ガラの醤油スープと相まって、ワンタンを思い出させます。

夜にも別の店で佐野ラーメンを食べてみたところ、やはりこのお店は行列ができるだけあっておいしいと言うことが判明。

やっぱり行列

佐野のアウトレットへ。せっかくだから佐野ラーメンを、と足を伸ばして、雑誌に載ってる店に来てみたら、この行列。
50人ぐらいでしょうか。店構えはふつうの、どちらかと言えばひなびたラーメン屋さん。
きっと、地元の人からしたら異様な光景なんだろうなあ。

美味しいことを期待して、列ぶのを我慢しよう。

和食バイキング

大宮のステラタウンに行って、和食バイキングのお店で食事をしてきました。

自然派バイキング わらべ

中華のバイキングだと脂っこくて胃にもたれてしまう感じがするけど、和食のバイキングは京都のおばんざい屋さんみたいでなかなかいいですね。

平日だと1,280円、混雑時は70分の時間制限があります。70分というのは、料理を取りに行ってたりすることを考えると、ゆっくり話をしながら食べていると、一通り食べられないでしょう。(別に全種類食べる必要性はないのですが)

ランチは午後3時半でオーダーストップ、4時に一度お店が閉まり、5時半からディナーの部が開店しますが、15分ぐらい前から店の前に10人ほどの行列ができていました。でも、店内は十分広いのですぐ満席になる心配はありません。

地震が続くなあ

こちらは関東地方ですが、先日に続いて、夕方に地震が多い気がします。

先日は午後4時頃だったでしょうか、私はちょうど図書館にいました。地鳴りというか、耳鳴りのような感じがして、そのあとすぐに揺れが始まりました。図書館なので、みんな無言のまま顔を上げてキョロキョロ。まるでサバンナにいる小動物みたいでした。

今日の地震はつい先ほど、午後6時半頃。ちょうど帰宅ラッシュの時間帯です。前みたいにエレベーターに閉じこめられたり、電車が動かなくなったりという被害が一番大きく出る時間帯なのが気がかりです。

先日の地震は茨城県南部、今日のは伊豆半島の東側でしょうか。ちょっとした揺れや地鳴り(多くは近くを大型車が通ったときのもの)でも、ちょっと身構えてしまいます。

小学校からの英語

今でも、総合的な学習の時間に英語活動を行っているところはありますが、正式な教科として、小学5年生から導入する方向で検討が進められているようですね。

でも、たかだか2年早く始めるぐらいで、どの程度の効果が望めるのでしょう。高校卒業までに英検2級がとれる生徒が少し増えるぐらいではないでしょうか。

小学4,5年生の頃と言ったら、私はBASICでプログラムを組んでいた頃で、PRINTはともかく、LOCATEは「ろかて」、CONSOLEは「こんそれ」とローマ字読みでした。ラジオで基礎英語を聞き始めたものの続かず、高校生になっても毎年挫折を繰り返していました。

そういえば、筑波万博に行ったとき、あれは中2だったかな、インドネシアかそのあたりのレストランに入って、店員さんに「この料理はあなたの国でも人気メニューなのですか」と聞いてみたくても英文が出てこず、代わりに父に言ってもらったこともありました。

そんな自分が始めて英語に正面から取り組もうと思ったのは、就職して海外出張から帰ってきたときでした。技術的な用語はカタカナ英語でも通じるものの、町に出たときにちょっとしたことが言えない自分が腹立たしく、ボーナスをはたいて英会話教室に通い始めたのです。

どんな教育もそうだと思いますが、こどもが「学びたい!」と思ったときに教えるのが一番教育効果があります。そのためには「学びたい!」と思わせることが大事ですが、そういう経験は海外旅行でもしなければなかなかできないんじゃないでしょうか。

よく、英語の嫌いな子が「日本にいれば使わないから関係ないよ」と言いますが、カタカナがこれだけ氾濫してしまっている社会にも問題があると思います。

横文字はすべてその国の言語で記述して、読み仮名など振らない、ちょっとお高いフランス料理店ぐらいの覚悟で社会を変えなければ、5年生から英語を始めたぐらいで日本人の英語のレベルが向上するとは思えないのです。

-------------------

ローマ字と言えば、私の名前には「つ」が入るのですが、中学3年生になっても子どもたちに書かせると「TSU」とかける子は半分もいません。「TU」とか「THU」とか「TYU」とかその程度のレベルなのです。

なので、パソコンで文字を入力するためにもローマ字をしっかりと教えて、フォニックスでもってしっかり英語の綴りと発音の関係をたたき込んで、文法はそれから始めてほしいものです。

-------------------

英語はあくまで道具であって、英語を使って語るべき中身がなければ意味がなく、そういう意味で日本人としての素養をしっかりと高めておくのが先決ではないか、という意見に私は賛成です。

パソコンを覚えてブログを作ってみたけど書くことがない、それと同じことだと思います。

「○○力」の氾濫

「教師力」とか「親力」とか、「○○力」という表現が鼻につくこのごろ、大学の講義の関係で中教審の答申を見てみたら、なんと!

「義務教育答申においては、学校の教育力(学校力)を強化し、教師の力量(教師力)を強化し、それを通じて、子どもの「人間力」の豊かな育成を図ることを改革の目標としている。」(一部抜粋、文字の強調は筆者)

・・・と書かれているではないですか。これじゃあ仕方ないね。

ちなみに、「学級崩壊」という言葉はマスコミが使い始め、文科省を筆頭として教育現場の公式文書では「“いわゆる”学級崩壊」と、“いわゆる”をつけて表現しています。

教師力とか、学校力とか、言わんとするところはわかるけれど、これまでそういう言葉が使われてこなかったと言うことは別な表現があったか、「力」がよほど弱まってしまったのか、どちらにしてもあまりいい感じがしないのは私だけではないはず。

いい発想・2 寒気と暖気の混ざり合い

教科書や参考書には、寒気と暖気が混ざり合う実験のようすが写真で載っているが、冷水と温水を使う場合も、冷気と暖気を使う場合も、どちらも冷たい方に色を付けたり煙を混ぜたりしている。

冷水と温水の実験の様子を見たあと、ある生徒がこういった。

「それって、着色している水だから重くなったんじゃないですか?」

なかなかいい質問だ。インクを水に垂らすとまず下にゆく。インクの方が密度が大きいからで、そのインクが混ざった水は真水よりも重いだろうと考えてのことだ。

なにか身近なものを使って、暖かいものが上に行く様子をしらべられないかな、と返事をしておいたが、その後を確認できずにいる。

温水にインクを混ぜたか、暖気の方に煙を入れたか、そういう実験を探してみたい。(自分でやれば一番いいのだろうけど)

いい発想・1 質量保存則について

生徒の疑問の中には、全くとんちんかんなものもあれば、なかなかいいなというものもある。2つばかし思い出したので、忘れないようにメモしておこう。

中2で質量保存の法則を学習したときのこと。

質量保存則とは、化学変化の前後で、反応に関わったすべての物質の質量は増えたり減ったりしないということ。

たとえば、2つの薬品を混ぜ合わせたときに、沈殿ができたり、気体が発生したりしても、それらを逃がさないように密閉された容器の中で実験を行えば、化学反応の前後で全体の質量は同じになる。

実験を終え、これらの現象をまとめていたときのことだった。気体が発生するパターンについて、次のように質問した生徒がいた。

「もし、発生する気体が二酸化炭素ではなく、空気よりも軽い気体、たとえば水素であったならば、反応後の容器全体の質量は、反応前に比べて軽くなるのではないですか?」

なかなかである。周りの生徒も、そうかもしれないなあと感じてうなずいているものもいた。

結論から言えば、こうにはならない。しかし何でそうなるのかその場ですぐに説明せず、調べてみたり、考えてみてごらん、と言って終わりにしてしまった。

こういうふうに考えた生徒には次のような質問をしてみたい。

ここに空っぽのボンベがあります。この中に空気よりも軽い気体を詰めてゆくと、詰めれば詰めるほど軽くなる、そう思いますか?

もしそうだとすると、もとのボンベの重量が仮に500gだったとして、たくさん気体を詰めたら1g軽くなって499gになったとしましょう。

さてこのあと、このボンベの中にあった気体をしゅーっと抜いてしまったら、ボンベの重量はどうなるのでしょう。500gに戻るのでしょうか。499gよりも軽くなるのでしょうか。

もし500gに戻るとすると、重くなった分はボンベの中に何かが入らなければなりません。499gよりも軽くなるならば、この実験を何度も何度も繰り返してゆくと、ボンベの重量がどんどん軽くなっていきます。いったい何がなくなって軽くなっていくのでしょう。

・・・どちらもおかしいことに気づけば、元々の発想がおかしいということに行き着くだろう。

PCを捨て、カフェに行こう

変なタイトルですが、「書を捨てよ、町へ行こう」のパクリです。

PCというのはパソコンだけじゃなくて、テレビやケータイなどのマスメディアを含む情報ソースを指したいと思います。

1日中、テレビやインターネットからの情報に触れていると、すさんだ事件やニュースばかりで気持ちが滅入ってしまうことがあります。そもそも、1日中そんなことをしているのが間違っているのですが、そういうときはスタバとか、人通りの多いカフェに行ってみるのが一番いいような気がします。

といってカフェに行ってみると、そこでパソコンを開いている人もいますね。私もやったことがありますけど。イヤホンをして勉強している(ふり?の)人もいたりしますが、それはカフェの有意義な利用法じゃないんじゃないかな、と思います。

コーヒーの香りを楽しみながら町をゆく人々を眺める。いろんな人がいるなあとぼーっと眺めているだけで、いろいろと世の中に問題があるけれども、まず自分が何をしなければならないか、ふと我に返ることができます。いわゆるリセット。

なんて事を書いてみたものの、実は寺山修司がどんな人だったのか、一つも著作に触れたことがなかったし、今さら感化されてどうこうなることもないと思うので、何か読んでみようかな、と思っています。

教科書「で」教える

この4月から、中学校で使っている理科の教科書が新しくなりました。改めて手に取ってみてカラー写真の多さに驚きます。もう、資料集だか図鑑みたい。

実際に実験や観察をしなくても本物の写真が載っているし、逆に下手な実験や観察をするよりも明瞭にわかるので、これは扱いに気をつけないと実験や観察で手を抜く子も出てくるんじゃないだろうか。

また、先生方の間でもよく言われるのが、タイトルにも書いた

  • 教科書で教える
  • 教科書を教える

という2つの言葉で、下の方、つまり「教科書(学習指導要領に沿った内容)を教える」のがいい教え方なのだけど、上の方、つまり「教科書で(実験や観察をしないで)教える」先生が増えてしまわないか、という懸念もあります。

分かりやすさを追求した結果なのだろうけれども、分かりやすいを通り越して探求意欲が減ってしまうような、パラパラッと見てじっくり読むことをしなくなるような、そんな心配もしてしまいます。

なお、理科の教科書は1冊500円前後で、教科書取り扱い書店と入り口なんかに張り紙してあるところで入手できます。(中学校の理科は1,2分野、上と下で全4冊あります)

「す」 日本語の発音

日本語って、「か」だったら [ka]っていうふうに、文字と発音が1対1で対応しているから、発音は簡単だよね。 って思っているチャラチャラした奴ら!(そういえば最近、魔邪って見なくなったなあ)

「スイカは好き?」 って言ってみよう。

スイカの「す」と、「好き?」の「す」、前者は[su]だけど、後者は[s]というふうに母音の[u]を抜いて発音している人が多いんじゃないかな。

「す」の後にどんな字がきたときに[su]で、どんなときに[s]になるのか、分類してみると傾向が見えてくると思う。また、[su]で発音していた単語を[s]でいえるのか、その逆はどうか試してみてもおもしろいかも。

今朝はそんなことを考えながら車を運転してました。