ウニの瓶

うに、好きですか? 瓶詰めの買ったことありませんか?

そして、ふたを開け、キャップをはずしたとき…

「なんだよ、これっぽっちかよ!」

って思わず声に出して言ってしまった人、

私もそのひとりでした。

そのしくみを暴きます。下の写真をクリックしてご覧下さい。

Sany0015_1 

これは、コピー用紙を丸めて瓶に差し込んだ状態です。

見事、ウニが入っている部分が横に膨張して見えています。

なんでこんなふうに見えるのでしょう…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://saikyo.la.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/119

こんばんは。ごぶさたしてます。
この間、takashiさんが福岡に遊びに来た際、URL教えてもらいました。
私もうに、大好きです。しかも塩うに。この間、対馬に出張したときも買いました。この写真のように中身は見た目よりも少ない。でも、うにって1粒が小さいから、瓶一杯に詰めるのって結構大変じゃない。だから、せめて見た目だけでも買ってくれた人に満足してもらえるよう、工夫しているんじゃないかいな。なんてね。
それでは、新学期がんばってください。

こんばんは、知3さん。お久しぶりです(^o^)/

コメントどうもありがとう。思わぬところで繋がってとても嬉しいです。

うにの瓶のしくみは光の屈折を利用したものだけど、これは今は中1の理科で学習します。できれば理科室で実験を行うときの班の数(9班)だけ瓶が用意できればいいのだけど、そうそう買うものではないから2つしかありません(^^;

でもこの瓶ってうににしか使われていないだろうから、けっこうコストもかかってるんじゃないかな、って思います。リサイクルしているのかな。

おお、なんだかつながっている。
うれしいのだぁ。新学期ですね。頑張ってください!
また、名古屋にも遊びに来てね(^^)

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません)